スポンサーリンク

韓国ドラマ 一度行って来ました 第67,68話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「一度行って来ました」67,68話あらすじ

ヨンダルがお店に財布を落としたのが分かり、代わりに店に取りに行くチス。

急に店を辞めると言い出したチョヨンに納得できないジュリとガヨン。
借金取りやヨンホンのせいだけじゃなく、市場にこれ以上迷惑かけたくなくもなく、疲れたチョヨン。
これからもチョヨンと3人で一緒に居たかったガヨンとジュリ。

珍しくヨンダルが酔っぱらって帰って来て驚くオクブン達。
幼い妹ヨンスクに”兄さんを信じて待っていろ”と言ったのに、迎えに行くのが遅すぎたと自責の念で飲み過ぎたヨンダル。

ヨンダルが持っていた家族写真を見て、チョヨンの兄だと気づいたヨンホン。
チョヨンにその事を言おうと思うが、市場の”商人会会長”のヨンダルがお金持ちだと思っているヨンホンは悪い企みを思いつく。

家主であるユンジョンに店を辞めて退去すると話しをしに行くチョヨン。
ユンジョンから店の保証金を返却してもらい、その一部のお金を借金取りに渡してもう市場に近寄らないように話を付けるチョヨン。

今日は大学の同窓食事会に行かなければならないが、2次会に行かずに二人で抜け出してデートすることにするギュジンとナヒ。

急にチョヨン達が店を辞めて市場を出て行くと聞き、驚く市場の人たち。
明日出て行くことになったと、オクブン達に挨拶に来るチョヨン。残念がるオクブン達。

同窓食事会を1次会で抜け出したギュジンとナヒ。
ジェソクもダヒとデートするためにその食事会を抜け出していた。
行こうとしていたパスタの店が店休日で、家でまた手作りパスタをダヒに御馳走することにするジェソク。

人目を気にするギュジンとナヒは、二人で暮らしていたマンションでデートすることにする。
だが、途中でジェソク(とダヒ)が帰って来て、慌ててナヒを隠すギュジン。
部屋にギュジンが居ると分かり、慌ててダヒを隠すジェソク。

”リサイクルゴミを一緒に出しに行こう!”とギュジンを誘い、部屋を出ることにするジェソク。
2人が出て行ったその隙に、急いで帰るダヒ。ナヒも急いで部屋を出る。

仕事場に向かおうとしていた時、飛び出して来た車と接触事故を起こし、お腹を強く打ち付けるヒョンギョン。
だが、急いでいたヒョンギョンは病院に行かずにそのまま仕事に向かう。

妹ヨンスクを探すために、警察に行ってDNA登録するつもりだとオクブンに話をするヨンダル。
明日チョヨンが市場を出て行くことをヨンダルに話すオクブン。

チョヨンが市場を出て行くと知り、寂しい思いのオクジャ。
チョヨンを誘って酒を飲むオクジャは、寂しい思いを打ち明ける。
チスとの事が無ければ、凛々しく心の広いチョヨンともっと親しくなりたかったオクジャ。
チョヨンから”ヤン社長(チス)と幸せになって”と言われ、泣くオクジャ。

スポンサーリンク

第68話あらすじ

仕事が終わって自宅に戻るが、お腹の痛みがどんどん酷くなるヒョンギョン。
家に居たソヨンは友人に会いに出て行ってしまう。

ソジンを寝かしつけていたヒョンギョンはお腹の痛みに苦しみだす。
そのヒョンギョンの異変に気付き、ヒョンギョンの携帯からジュンソンに電話をかけて助けを求めるソジン。

ヒョンギョンからの電話からヒョンギョンの苦しむ声が聞こえるジュンソン。
”パパ・・・ママが病気なの”というソジンの声に驚くジュンソン。
急いでヒョンギョンの家に駆けつけるジュンソン。

救急車で病院に搬送され、緊急手術になるヒョンギョン。
昼間の事故で腹部を負傷していたヒョンギョンだった。
幸いに初期に発見されたため、大事には至らなかったヒョンギョン。

病院に駆けつけたソヨンは、ヒョンギョンがこうなったのは自分のせいじゃないかと自分自身を責める。
そんなソヨンに”これは事故のせいだ”と説明するジュンソン。
泣くソヨンに、”お姉ちゃん泣かないで”と声を掛けるソジン。ソジンの発言に驚き、泣いて喜ぶソヨン。

手術から回復し、意識を取り戻したヒョンギョン。
”ママ!!”と言うソジンに驚くヒョンギョンに、ソジンが電話をして助けて求めてきたことを話すジュンソン。号泣しながらソジンを抱きしめるヒョンギョン。

ヒョンギョンが手術をしたことを知り、心配するオクブンやヨンダルたち。
ヒョンギョンが入院している間、ヨンダルたちの家で過ごすことになったソジンとソヨン。
ソジンから初めて”こんにちは。おじいちゃん、おばあちゃん”と挨拶され、感激するヨンダルとオクブン。

昔のデートを思い出し、バスで春川に遊びに行くことにするギュジンとナヒ。

東大門に服の買い付けに行こうとするガヒに、”僕も近くで用事がある”と付いて行くヒョシン。
新規顧客のガヒに服を売ろうとしない店主も、イケメンのヒョシンを見て取引してくれるようになる。

チョヨンが市場を出て行く日、店にやって来るヨンホン。
チョヨンの家族写真が入っている箱に気付き、自ら運ぶと申し出るヨンホン。

丁度通りがかったヨンダルに商人会の帳簿を返却し、挨拶をするチョヨン。
”父親が数日前に亡くなった””市場に迷惑を掛けるのも嫌だし・・”と理由を話すチョヨン。
ヨンダルの事を、”私にとって友達・・お兄さんのような方だった。忘れません”と感謝するチョヨン。

市場を去った後は、当分は寺で過ごして住職を供養し、その後は旅行して周ろうと考えているチョヨン。
最後までヨンダルの事をチョヨンに話さないヨンホン。
チョヨンの荷物の中から、こっそり家族写真と歯ブラシを盗んでいたヨンホン。

最近、元夫スンヒョンからやたらと連絡が来てイラつくガヒ。
女と別れて、ガヒに未練が出てきたスンヒョン。
家の前までやって来て”話がある”とガヒを掴もうとするスンヒョンの腕を掴み、止めるヒョシン。
”行こう、相手にせずに”とガヒを家に連れ入るヒョシン。ヒョシンの存在が気に障るスンヒョン。

ジウォンから”入隊する”と連絡を受け、驚くジェソク。
ジウォンが発つバスステーションに向かい、別れの挨拶をするジェソクとダヒ。
親しくなったのに会えなくなることになり、悲しむジェソクとジウォン。
2人の抱き合って別れを惜しむほどの仲の良さに、驚くダヒww

バスステーションで手を繋いでいるジェソクとダヒに遭遇し、驚くギュジンとナヒ。

市場の通りでヨンホンとぶつかり、ヨンホンの財布を拾うヨンダル。
そのヨンホンの財布から家族写真が滑り落ち、それを見て驚くヨンダル。
”その写真・・どうして・・・”と驚くヨンダルに、”どうかしましたか?私の唯一の家族写真ですけど・・”と話すヨンホン。

第69話につづく。

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました