ラジオロマンス~愛のリクエスト

スポンサーリンク
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス~愛のリクエスト 全16話 あらすじ一覧

ユンドゥジュン主演 KBSドラマ「ラジオロマンス」のあらすじ一覧☆ 台本を書くこと以外はなんでも上手にこなすサブ作家のクリムと、トップスターのスホとがラジオ番組を通して繰り広げられるラブストーリー。 「ラジオロマンス」キャス...
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 16話 最終回あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」16話最終回あらすじ 人目も気にせず、手をつないで歩くスホとクリム。 自分のせいで記者たちやファンに追われるクリムを心配するスホだったが、気にしないクリム。 マスコミに追われるスホを放送局の当直室に連れて行き、休ませることにするクリム。 ”録音じゃなく、生放送をする”とクリムに話すスホ。クリムに見守られながら、眠るスホ。 生放送で、家族の騒動の事を話しながら、”全部話したからむしろ気楽になった”と話すスホ。 ”仮面を外したから初めて経験することが多くなった。誰かを愛するのも初めて。愛されるのも初めて。泣いたのも、笑ったのも。ぐっすり眠ったのも・・”と話すスホ。 そのスホの番組を聞いているジュハとユンソク。
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 15話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」15話あらすじ スホに、”スホさんがウ・ジウを殺したってどういうことなの?””どうして私にジウだと言ったの?”と尋ねるクリム。 昔、スホの近くにもう一人少年が居たことを覚えていたクリム。 クリムに、ジウの事を話すスホ。 ”ジウは16歳の時死んだ。俺のせいで・・・”と話し出すスホ。 病院で出会い、余命少ないがは明るく生きていたジウが人生で唯一の友達だったスホ。 そして、スホもジウが好きだったクリムの出会った。 ムン先生のラジオの歌王戦の決勝に残ったジウ。 ”優勝したらクリムに告白する”とスホに話していたジウ。 クリムが”ウ・ジウ”だと思っていたのは、自分だったと話すスホ。 友達が好きなクリムを好き
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 14話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」14話あらすじ クリムの手を取り、堂々とラジオ局の中に入っていくスホ。サポートするキム室長。 ”信じて手をつないで一緒に歩いて欲しい”と話すスホに、”良いわ。私もジホさんの手を握ってどこでも一緒に歩いていきたい。すごく好きだから”と微笑むクリム。 台本もできておらず生放送をガンPDたちは懸念するが、生放送を決行することにするスホ。 スホに、ずっといじめを受けていて学校の事を考えると眠れないと話すリスナーの男性。 リスナーの男性の気持ちが分かると話し、子役をしていてまともに学校に通えず、眠れない気持ちがよく分かると話すスホ。 次に繋がったのは、スホのファンクラブの会長だった。 クリムとスホの関
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 13話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」13話あらすじ スホの車に乗り込もうとしていたクリムを止め、話があると言って連れて行くガンPD。 ガンPDは長期休暇でインドに行く前、”休暇から戻ってくるまで、台本を書かずに男のために泣いたりしていたら殺すぞ。作家になって居ろ。帰ってきたら一緒に番組をするんだ”とクリムに話したガンPD。 DJを殴って問題を起こして長期休暇を取ることになったガンPDだったが、ラジオを馬鹿にしてクリムに無礼なDJにキレて殴ったのだった。 ガンPDが自分のことを好きなのにやっと気づくクリム。 クリムがずっと気付かず、言ったらクリムが気まずいかと言えなくて、こうなってしまったようだと話すガンPD。 ガンPDの告白を聞き、戸惑うクリム
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 12話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」12話あらすじ ”今日、俺と一緒にいてくれるか?お前と一緒に居たい”と言うスホに驚くクリム。 スホがどういうつもりなのか戸惑うクリム。 ”自分に合う化粧品がないから・・”と言いわけして部屋を出ようとするが、廊下でラヒたちに会いそうになり部屋に戻るクリム。 テリがスホに会おうとしていると分かり、スホに連絡してくるキム室長。 急いで部屋を出ようとしたスホとクリムだったが、やって来たテリに出くわす。 クリムの頬を叩くテリに、”可哀そうな人ね。スホさんのせいで私にむやみに行動しているけど、ずっとそうするなら我慢しない”と言うクリム。 その様子を見たラヒたちは、クリムとスホ達が三角関係だと誤解する。 レコーダーを取り出
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 11話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」11話あらすじ スホが勝手にラジオを辞めてしまうと思っているクリムに、”ドラマは全てが決定したわけではない。ラジオを続ける”と記者たちに話す録画を見せるスホ。 ”俺がすると言って、しなかったことがあったか?”と言って腹を立てるスホ。 そんなスホにスホにキスをし、謝るクリム。 今までだったらDJのところにすぐに捕まえに行ったクリムだったが、スホのところには怖くて不安で行けなかったクリム。 ”本当なら傷つくだろうから。。スホさんだから”と話すクリムに、嬉しいスホ。 ”スホはラジオは辞めず、ドラマの件は調整中だ”とガンPDに報告するクリム。 ドラマ制作側と協議するジュハやスホ達。 スホの記者会見に納得できない製
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 10話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」10話あらすじ クリムに抱きしめられ、泣くスホ。 自宅に帰るとソファーでジュハが眠っていた。 ”久しぶりですねこんな姿。本当に変です。我が家は問題が起きるとお父さんが居なくて、いつも二人が残りますね。。”と言うスホ。 スホから電話が来て、”私の手はどうかしている私の手はどうかしている”と話すクリム。 ”12年前もそうだった。今回で3回だが、どうして抱きしめるんだ”と言うスホに、”子犬が震えていたら抱きしめるように。さっきはただ。。そうした”と答えるクリム。”ありがたかった・・”と礼を言うスホ。 スホがラジオをするKBCに乗り込み、”スホを止めさせなければ、JH所属の芸能人を全て引き上げる”と話すジェハ。 スホ
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 9話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」9話あらすじ ”俺はソン・クリムを好きだ””・・・・と言ったらどうするんだ?”と言うガンPDに、”からかっているのか??”と苛立つスホ。 ”スホさんの事も好きだ。PDが作家やDJを好きなのは当然のことなのでは?”と話すガンPD。 病院の廊下で寝ているクリムに、”どこででも寝るな”と小言を言うスホ。 ガンPDがクリムにかけた毛布を投げ捨て、自分が持ってきた布団を渡すスホw 放送が明日に迫るが、泣きながら”ラジオはしない!私の電話もメールも無視する!私の初恋の人が!”と言い出したウンジョンに困るクリムとスホ。 ウンジョンがファンのスホに説得するように頼むクリム。 代わりに、スホの何でも言うことを聞くと約束する
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 8話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」8話あらすじ ”俺はお前が好きだ”というスホの告白に驚くクリム。 ”どうしてスホさんが私を好き?ここに彼女もいるのに・・こんな状況は気まずくて嫌だ。ラジオDJと作家としてだけ・・”と言うクリム。 ”嫌だ。ラジオがどんなものか俺の人生をどのように変えるか、本心で突きつけると言ったの覚えてる? これから俺が一度やってみようと。お前が俺を分かるまで・・・以前みたいにしたらまた逃がすみたいで。あの日みたいに。お前は俺を知ってる。ずっと昔から俺たちは知っている”と話すスホ。 結局パーティーにスホは現れず、怒るテリ。 スホとテリの交際宣言のために呼んでいた記者たちを返すキム室長。 パーティには現れずにクリムと一緒に居る
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 7話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」7話あらすじ ”クリム。本当に俺を思い出さないのか?”と言ってクリムの目を隠し、キスするスホ。驚くクリム。 ”スホさんも生放送が上手く終わって、楽しくてそうなったんでしょう?”と慌てるクリムに、”俺がどうしたのか俺も良く分からないが、お前がしきりに気になって・・”と答えるスホ。 気まずいまま、車でソウルに帰るスホとクリム。 どうしてスホがそうしたのか疑問に思うクリムに、”今日は俺の準備が出来てなくて・・明日話すから”と誤魔化すスホ。 ”生きてながら、誰かをまるまる忘れることが出来るのか?”とジェイソンに尋ねるスホ。 ”記憶喪失やアルコール中毒・・・あるいはその人は意味がないんだろう”と答えるジェイソン。
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 6話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」6話あらすじ ”気になる・・お前が”と言うスホに驚くクリム。 スホとクリムが徹夜をしていたことが分かり、驚くADフンジョンとスンスPD。 初回の聴取率はジェイの番組のよりスホの番組が良く、ガンPDチームの勝利となる。 スホの番組は聴取率1位だった。喜ぶ局長。悔しいスンスPDと作家ラヒ。 ”気になるっていうのは何?何が気になるの?”と尋ねるクリム。そこに割り込むガンPD。 ムン先生のDJブースでスホの番組をさせて欲しいと説得するガンPDやクリムたち。 ”どうして俺のブースでしたいんだ?”と尋ねるムン先生に、”したいと思ってない。どこのブースでも関係ない。どこも一緒でしょう”と言うスホ。 だが、”
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 5話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」5話あらすじ ガンPDの車に乗ろうとするクリムを止めるスホ。 争い出すスホとガンPDに苛立ち、一人で帰って行くクリム。 場所を変えて話すことにしたスホとガンPDは、ムキになってカーチェースしながら車を走らせる。 初回放送に自身の原稿が使われずに落ち込むクリムを、励まして応援するクリム母。 ”見えるラジオはしないのか?”と言うスホに、”しない。声だけでは自信が無いのか?”と答えるガンPD。 ”企画チームじゃなく、スホ自身の考えを聞くことはできないのか?”と迫るガンPD。 ”初回放送の録音を消した”と言うガンPDに、呆れるスホ。 持って来た焼酎をスホに勧めるガンPD。 お互いに譲らず、お酒でも競う
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 4話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」4話あらすじ ガンPDとスホの張り詰めた雰囲気に気まずいクリム。 ”ラジオDJを悩んで選択したのは合っているが、悩む中にPDは居なかった。だけど今、悩みがすごくなった。私が抜けましょうか?”とガンPDに迫るスホ。 無礼なことを言っても怒らないかと思って失礼したと、”合格だ!”と大笑いするガンPD。 怒ることも出来て、マネージャー抜きでやって来たスホは思っていた人とは良い意味ですごく違ったと話すガンPD。 クリムのグラスで焼酎を飲んだり、クリムの肩に手をかけるガンPDが気に障るスホ。 週末に1泊2日の企画会議に行くことになるスホ。 ガンPDが”スホさんが行かないならクリムと二人で行くこ
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 3話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」3話あらすじ 脚本もまともに書けないのにメイン作家になろうとするクリムに苛立つ先輩作家ラヒ。 ”チ・スホの出演交渉が叶ったらメインになれると思ってるのか?”とラヒから罵倒されるクリム。 そこに現れ、”しましょう。ラジオしましょう”と、その場からクリムを連れ去るスホ。 ラヒに言われっぱなしだったクリムに、”本当にプライドが無いみたいだな。あんな言葉を聞いてもただ立っているなんて”と苛立つスホ。 スホにまた恥ずかしい場面を見られたクリムは、スホに”もう帰って”と話す。 ”泣いたのか?もし俺がラジオをすると言ったら、クリムさんは泣かないで良いのか?””明日、家に来て。契約書を書こう”と言うスホに驚くクリム。
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 2話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」第2話あらすじ スホ主演の時代劇ドラマの女優の代わりにスタントを買って出たクリム。 クリムは何度も冷たい水に落ちるスタントをこなし、無事撮影が終わる。 クリムを見て、学生時代にクリムに見とれた時の事を思い出すスホ。 スタント中に足を痛めたクリムは、足を引きずりながら撤収する。 その様子を見ていたスホは、クリムを自身の車に乗せて家に送ることにする。 拒否するクリムを無理やり車に乗せるスホ。 ”私の事がそんなに嫌なの?それともラジオがそんなに嫌なの?あのパーティーの時もわざと足を引っかけたでしょう?私が何をしたって言うんの??”と怒るクリム。 住所を言わなかったのに自宅に到着し、”どうして知って
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス 1話あらすじ ユン・ドゥジュン

「ラジオロマンス」1話あらすじ 番組のDJであるアイドルのミヌがスタジオに現れず、代わりに放送することになったサブ作家のクリム。 放送中、ミヌから電話がかかって来るが”俺はラジオしない。電話をかけてくるな”というものだった。 驚いたクリムは次の言葉が見つからないw DJのアイドルをコントロールできず、放送事故を起こし、局長に叱られるプロデューサーとメイン作家、クリム。 この番組終了の危機に、”何としてでも私がミヌを連れてくる”と局長に約束するクリム。 サブ作家だが文章がひどく下手なクリムは、DJの管理とゲスト交渉を担当していた。 それなのにミヌを管理できなかったクリムに怒るメイン作家ラヒ。
ラジオロマンス~愛のリクエスト

ラジオロマンス キャスト・登場人物紹介 ユン・ドゥジュン

台本が無ければ話せないトップスターが、台本通りに流されないラジオDJになりながら巻き起こるストーリーのヒューマンロマンスドラマ。 にほんブログ村 「ラジオロマンス」あらすじ一覧はこちら→☆ チ・スホ ユン・ドゥジュン ...
タイトルとURLをコピーしました