スポンサーリンク

韓国ドラマ 一度行って来ました 第47,48話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「一度行って来ました」47,48話あらすじ

家計が苦しいからと、夜の代行運転をするヒョンギョンをそのままにしておけないジュンソン。
だが、ジュンソンからのお金を受け取ろうとしないヒョンギョン。

突然家に酔っぱらってやって来たダヒに驚くユンジョンやギュジン達。
”ひどいわ~!どうして私にそうすることが出来るの??私があまり・・”と何か言おうとするダヒを慌てて止めるジェソク。
カフェのアルバイトで、ユンギョンがダヒに辛いことをしたんじゃないのか?と推測するギュジン。当惑するユンジョン。
吐き気を催したダヒはバスルームに急行する。
そのバスルームで寝てしまったダヒを家に送って行くことにするギュジンとジェソク。

ギュジンから連絡を受け、ガヒと一緒にダヒを迎えに玄関前に出るナヒ。
ヨンダルやオクブンにバレないように、こっそりとダヒを2階の部屋に連れて行くナヒとガヒ。
元夫ギュジンの実家に酔って乗り込んで恥をかかしたダヒを枕で殴るナヒw

翌朝目を覚ましたダヒに、昨晩ダヒが酔っぱらってユンジョン邸に行き、ギュジンたちに車で送ってもらって帰宅したことを話すナヒ。
それを聞いて驚くが、だんだん昨晩の記憶が戻って来て慌てるダヒw

チスとオクジャの仲を知ってしまったチョヨンはひどく落ち込む。
どうしてチョヨンが落ち込んでいるのか分からず、心配するジュリとガヨン。

ダンス大会の予選大会に参加することになっているチスとオクジャ。
だが、当日オクジャは緊張のためにお腹を下していた。
トイレから離れられない状況のオクジャ。結局、予選に参加できなかったオクジャとチス。

”予選はどうだった?”と市場の人たちから尋ねられ、”予選落ちした””俺がミスしたんだ。緊張して”とオクジャを庇うチス。そんなチスが嬉しいオクジャ。

”昨晩、チョヨンとの飲み会はどうしたんだ”とチスに尋ねるヨンダル。
すぐに席を立ったと言うチスに驚き、”もう冷めたのか??”と尋ねるヨンダル。
”年を取ったのか、俺の事を好きな女性に気持ちが行く””これ以上聞かないでくれ”と言うチス。

市場で出くわしたチスと話をするチョヨン。
”私が何でもはっきりさせないとモヤモヤする性格で・・ヤン社長(チス)は私のタイプじゃない”と話すチョヨン。
チスにそう話して、自分の気持ちにけりを付けるチョヨン。

昨晩の自身の行動を反省し、ジェソクに会って謝ることにするダヒ。
病院に行き、ジェソクの仕事終わりを待つダヒ。
酔ってユンジョン宅に行ってしまったことを謝り、どうしてそうしたのか弁解するダヒ。
ジェソクにプレゼントした服をギュジンにあげたことにショックを受けたことを話すダヒ。
”それは誤解あるけど・・””もしかして俺の事好きなの??”と尋ねるジェソクに、”違います”と慌てて答えるダヒ。
家の前に待っててプレゼントくれたり、酔って家に来て暴れたり、こうやって病院まで会いに来て”寂しい”と言ったりするのは、普通は”好きだ”っていう意味だと話すジェソク。
ダヒを忘れようと努力しているジェソクは、ダヒにこうやって期待させられるのは辛いのだった。

ジョンロクへの態度を反省したナヒは、変わろうとする。
屋台で売っているハンドメイドのブレスレットをジョンロクにねだるナヒ。喜んでナヒにプレゼントするジョンロク。

夕食を食べに行こうとするヒョシンたちを見つけ、声をかけるジュリとガヨン。
一緒に食事に行きたいと言うジュリたちに喜ぶジョンボンとジョンス。
美人のジュリとガヨンとの食事に、浮足立つジョンボンw

”友人の話”として、ガヒにジェソクとの事を相談するダヒ。
”友達に男友達が一人いるんだけど、急に気になって来たんだって・・どうして分かる??”と尋ねるダヒに、”好きだからでしょ?”と答えるガヒ。慌てて否定するダヒ。
”ドラマみたいにドキドキしたりするより、相手に何か期待して寂しく思う方が怖いんだ””後悔しないように早く捕まえるように言え。その友人に”と話すガヒ。ムキになって否定するダヒw
そんなダヒの話が、友人の話じゃなくてダヒ自身の事だとお見通しのガヒ。

ヒョシンのバイクを勝手に借り、ヒョンギョンのアルバイトを見守るジュンソン。
夜中に苦労してお金を稼ぐヒョンギョンの姿を見るジュンソン。

スポンサーリンク

第48話あらすじ

夜遅くまで”お姉さんのキムパ”に明かりがついているのに気付くヨンダル。
外から、チョヨンが一人で飲んでいるのが見え、付き合うことにするヨンダル。
チスとの仲を取り持とうとしてくれたヨンダルに謝るチョヨン。
以前水商売をしていたことを告白し、そのせいで男性を信じられなくなったことを話すチョヨン。
だから、最初はチスの好意を受け入れずに距離を置いてしまったチョヨン。
”何の縁もなく、私は一生寂しく暮らす運命のようだ・・”と悲観して泣くチョヨンに、”男女だけが縁か?家族や友人も縁でしょう。この市場の人たちとも縁なんだ”と話して慰めるヨンダル。
”チョヨン式”に、チョヨンを一人カラオケに誘うヨンダル。

カラオケで歌い、気持ちがすっきりするチョヨン。
カラオケが入っているビルから出て来るヨンダルとチョヨンの姿を目撃して驚き、二人の関係を勘繰る市場の女性たち。

代理運転をした客から、料金を全額受け取れずに困るヒョンギョン。その上、ヒョンギョンに絡む客。
それを見て激怒し、その客を捕まえて殴ろうとするジュンソンを慌てて止めるヒョンギョン。
ジュンソンは逆にその客から殴られてしまう。

自宅に戻り、ジュンソンの傷の手当てをするヒョンギョン。
夜中代理運転をするヒョンギョンをそのままにしては置けず、これからも見守るつもりのジュンソン。
帰ろうとするジュンソンを呼び止め、”泊って行ったら””遅くなったじゃないの。子供たちの部屋で寝たら”と言うヒョンギョン。大喜びのジュンソン。

翌朝、目覚めたら父ジュンソンが居て大喜びのソヨンとソジン。
久しぶりのヒョンギョンの朝食を食べ、感動するジュンソン。
”あの仕事じゃなくて、違う仕事を探してみる”と話すヒョンギョンに、喜ぶジュンソン。

ソヨンからメールで、ジュンソンがヒョンギョンの家に泊まったことを知り、喜んで家族に報告するガヒ。
ジュンソンとヒョンギョンの復縁を望むオクブンは、その知らせに喜ぶ。
朝帰りして来たジュンソンから”子供部屋で寝た”と聞き、がっかりするオクブンw
だが二人の復縁に希望が出て来たと期待するオクブン。

遅刻しそうなガヒをバイクで送って行くことにするヒョシン。
遅刻ギリギリで出勤して来て、店の名札を忘れて来たダヒを叱る店のマネージャー。
ダヒが落としていった名札を渡しに店内に入るヒョシン。
そんなヒョシンに見とれ、”どなた?ガヒさんの弟?”と尋ねるマネージャーに、”いいえ。弟ではありません”と答えるヒョシン。
ガヒに”家でまた会おう”と言って帰って行くヒョシン。
”弟じゃないのに・・家で??”と驚き、二人の関係を誤解するマネージャー。
ヒョシンが言った”弟ではありません”という言葉にときめき、戸惑うガヒ。

市場の女性たちから、昨晩ヨンダルとチョヨンが飲み屋やカラオケの入ったビルから二人で出て来たと聞くオクジャ。
オクジャからそれを聞くが、気にしないオクブン。

ユンジョンからジェソクが例の見合いの女性とまた会うと聞き、驚くダヒ。
”向こうはまだ未練があったみたいで””あの大学院生とは別れたみたいなの”とダヒに話すユンジョン。
資産家の娘ユニとジェソクの見合いが今回は上手くいくように願うユンジョン。

ジョンロクとの恋愛に前向きに努力するナヒに、複雑な思いのギュジン。

ジェソクの見合いが気になり、バイトを途中で投げ出して出て向かうダヒ。
ギャラリーで見合い相手のユニと会うジェソク。
そこに乗り込み、”お話し中に申し訳ないんですが、彼氏を連れて行きます”とジェソクをそのギャラリーから連れ出すダヒ。

ダヒは大学編入試験に合格し、ガヒは就職し、ジュンソンは復縁しそうだし、嬉しいこと続きのオクブンは”これでナヒに良い人が出来たら・・”と考える。

ナヒを家の前まで車で送って行くジョンロク。
車が止まる音とナヒたちの声が聞こえ、ナヒの相手が気になって玄関に見に行くオクブン達。
突然門扉に押し寄せて倒れる家族たちを見て驚くナヒ、ジョンロク。

第49話につづく。

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました