スポンサーリンク

韓国ドラマ 一度行って来ました 第33,34話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「一度行って来ました」33,34話あらすじ

ゴミ収集車を止めようとしたチスは、商店街のど真ん中でチョヨンを好きだと告白する。
驚く商店街の人々。ショックのオクジャ。

ジェソクの願いを聞き入れ、恋人の振りを成功させたダヒ。
ナヒの服を借りて、ジェソクの恋人に大変身したダヒだった。

収集車を止めてくれたチスのおかげで、母親の形見のハンカチを取り戻したチョヨン。
再び、チョヨンに直接告白するチス。
だけど、チスは好みじゃないと断るチョヨン。
チョヨンから”フレッシュなハンサム”が好みだと聞くが、諦めないチス。
女性から人気のあるヒョシンを見て、ヒョシンのように変身することにするチス。

彼女役をしてくれたお礼として、ダヒがずっと行きかったと話すソウルタワーに連れて行くジェソク。
結婚する予定だった元カレともソウルタワーにデートに来れなかったことを話し、喜ぶダヒ。
タワーの柵に恋人たちがかける”鍵”も、ジェソクと一緒にかけるダヒ。
ダヒに記念写真を撮ってやったジェソクは可愛いダヒに見とれてしまう。

勝手に自分の服を着て出かけ、遊びに行ったダヒに怒るナヒ。
数日前にガヒが勝手に借りた服も、ダヒが着ていたと考えて怒るナヒ。慌てて否定するダヒ。
ナヒから懲らしめられるダヒを見るが、自分が借りたとは言い出せないガヒw

見合い相手からジェソクには彼女が居ると聞き、ジェソクを問い詰めるユンジョン。
”居るというと母さんがすぐに会わせろというから・・””彼女はまだ学生だ”と話すジェソクに驚くユンジョン。
ジェソクの彼女は、年の離れた若い学生だと思い込むユンジョン。
”必ず連れてこい”と言うユンジョンに、誤魔化すジェソク。

夕食には病院前に出来たお寿司屋に行こうとオクブン達を誘うナヒ。
男性陣の夕食は、ジュンソンが用意することにする。

ナヒと親しくするジョンロクの事が気になるギュジン。
姉の家に住むように言ってくれていたジョンロクに、母親と仲直りしてこのまま実家で暮らすことにしたことを話すナヒ。

バイクに乗り、革ジャンで決めてチョヨンの前に現れるチス。
そんなチスからバラの花束を渡され、まんざらでもないチョヨン。

ドラマ撮影のリハーサルを無事に終えるジュンソン達。

ナヒの仕事終わりに待ち合わせし、一緒に寿司を食べに行って楽しく過ごすオクブンやダヒたち。

夕食にボンゴレパスタを作ろうとしたジュンソン達だったが、料理の腕は散々で結局出前を取ることになるw

2軒目に行こうと盛り上がるガヒやオクブンたちの姿を見かけ、”娘を産んでおけば・・”と羨ましく思うユンジョン。

スポンサーリンク

第34話あらすじ

寂しくワインを一人で飲み、また深酒してしまうユンジョン。

ドラマ撮影も上手くいきそうだし、この間の”家族での外食”の約束を果たしたらどうかとヒョンギョンに話すジュンソン。
ヒョンギョンが了承し、大喜びのジュンソン。

待ち時間が長いという苦情を解消しようと、予約患者の割合を増やそうと会議で提案するジョンロク。
ジョンロクの意見にムキになって反対するギュジン。驚くナヒや他の医師やスタッフたち。
そんなギュジンを庇って弁明するナヒに笑うジョンロク。

今日も暑いのに革ジャンで決めて、チョヨンに花束を持って来るチス。
そんなチスを”可愛い”と感じるチョヨン。

チョヨンの店に立ち寄った住職。
その住職と商店街で出くわし、挨拶をするヨンダル。
チョヨンの”父親”がその住職だとは知らないヨンダル。

久しぶりにソヨンやヒョンギョンたちと外食し、嬉しいジュンソン。
家族写真を撮ってくれるように店員に頼むソヨン。

今度の仕事が上手くいきそうで、経済的に安定したらヒョンギョンとよりを戻したいジュンソン。
だが、きっぱりとヒョンギョンに断られて落ち込むジュンソン。

昨晩飲み過ぎ、調子が悪くて勉強にも集中できないダヒ。
薬局に薬を買いに入ったダヒは、そこで酔い覚ましの薬を飲んでいるユンジョンと出くわす。

酔い冷ましには最高だと、ソンジクッ(牛の血を固めたものが入ったスープ)をユンジョンに勧めるダヒ。恐る恐るソンジを初めて口にするが、美味しく完食して調子が良くなるユンジョン。
優しいダヒの気遣いが嬉しいユンジョン。
”ジェソクには女が居る”と愚痴るユンジョンに、慌てるダヒ。

エレベーターで出くわしたギュジンを飲みに誘うジョンロク。
会議で言い過ぎたことをジョンロクに謝るギュジン。
”ナヒが好きだ””ナヒにはまだ時間が必要なようだから少しずつ近づく”と話すジョンロクに、”どうしてそんな話を俺に・・”と戸惑うギュジン。
”お前にも気づかれたような気がしたから””正直で居たいから”と話すジョンロク。

昨日ジェソクと話をしていたダヒを一目で気に入った同僚医師から、ダヒを紹介して欲しいと言われるジェソク。
とっさに”(ダヒには)彼氏が居る””結婚もするようだ”と嘘を付くジェソク。

息子シフの具合が突然悪くなり、動揺してギュジンに連絡するボヨン。
泣くボヨンを胸で受け止めるギュジン。その様子を目の当たりにするナヒ。

とっさにダヒには彼氏が居ると嘘を付いた自分自身に驚き、戸惑うジェソク。
自分がダヒの事を好きになっていることに気付くジェソク。

第35話に続く。

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました