力の強い女トボンスン 登場人物・キャスト紹介 パク・ヒョンシク

スポンサーリンク

JTBC「力の強い女トボンスン(怪力女子ドボンスン)」の登場人物・キャスト紹介です☆

ストーリー:生まれつきもの凄い怪力を持っている女性ド・ボンスンが今まで見たことのない変わり者の男ミニョクと、正義感溢れるククドゥに会って広がる三人の男女の力比べロマンス。

「力の強い女トボンスン」あらすじ一覧はこちら→

☆主要登場人物☆

ド・ボンスン パク・ボヨン

高卒でスペックは無いが思いやりやメンタルだけは強い可愛い女性。
だけど、とてつもない怪力の持主。
ドボン区のドボン洞で長く暮らし、”ドボン愛”の深い母親に名付けられてドボンスンとなった。
町内の友達であるククドゥに長年片思いをしていた。そんな片思いはググドゥの警察隊入隊で小康状態となった。
つまらないアルバイトを転々としているボンスンにも、夢があった。
ボンスンの夢はゲームプランナーになること。
そのために自身が一番高く評価するRPGゲーム’アルベルタン年代記’を開発した会社”アインソフト”に就職するのが第一目標だが、いつも書類選考で落ちてしまう。

アン・ミニョク パク・ヒョンシク

ゲーム会社”’アインソフト”の若きCEOで、オソングループの婚外子4番目の息子。
父親の七光りを抜け出し、ゲーム開発で成功した。
20代でいろんな女と付き合い、現在女性はしばし休憩中。
ゲーム開発に没頭して会社が成功し、女問題が小康状態になったうえにファッショナブルでスタイリッシュなハンサムということでゲイに人気があり、 ミニョク自身もゲイと噂される。

イン・ククドゥ ジス

警察隊出身。
留学中だった兄を10年前刃物によって殺害されて失い、それから警察になることに決めた。
成文法に基づいた事件解決、徹底した遵法精神、社会の定義は実現されることができると信じる原理原則主義者。
世の中が原則通りならないということをミニョクを通じて悟り、法の枠を壊して行く。
市立交響楽団でチェロを演奏をする音大出身のヒジというガールフレンドがいる。

スポンサーリンク

ド・ボンギ アン・ウヨン

ボンスンと二卵性双生児の弟。ハンセ大学医学部レジデント1年目。
遺伝子はボンスンには怪力を、ボンギには頭脳を与えた。
優秀で優しく、親切でマナーもあって看護士からは理想であるが、密かな浮気者。
ボンスンを心から大事にする兄のような双子の弟。
ポンスンの怪力の秘密を明らかにするために医者になったが、神経学的、病理学的にあらゆる研究をすべてしても分からない彼女の怪力をそのまま受け入れることにした。
高校時代はライバルのククドゥと優秀な頭脳とルックスでお互いを意識していた。

人物関係図(韓国語)

☆クリックすると拡大します☆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント