私はチャンボリ! あらすじ 第7話

スポンサーリンク

「私はチャン・ボリ!」登場人物・キャストはこちら→ あらすじ一覧はこちら→

 

「来た!チャンボリ」第7回

全国子供ピスルチェ絵画大会。そこでウンビの絵を見つけるスボンとインファ。
ウンビ!と声をかける。


ミンジョンはヘオクに内緒でソウルに行った。それを内緒にしていたボリは怒られてしまう。

ヘオクは急いでミンジョンを探しに行く。

インファがウンビ!と呼び、振り向いたのはミンジョンだった。
ミンジョンはウンビであるボリに絵を教わり、真似たのだった。
ミンジョンの絵を見て、ウンビの絵に見えるスボン。

ヘオクの住んでいる町にも借金取りたちがやって来た。借金取りから隠れた時、出血して苦しんでいるオクスと出会う。

絵画大会にはジェファも来ていた。ウンビが来るかと期待していたのだ。
凧を揚げ、会いたいな、と呟くジェファ。

お腹の中の子供が成長せず、流産してしまい悲しむオクス。

インファとスボンに、自分は孤児だと言うミンジョン。酒場で仕事を手伝いながら住んでいると言う。


辛い境遇だと演技するミンジョン。
ミンジョンの絵が一等だというスボン。お前が望むなら最後まで支援するというインファ。

スミはウンビのために作った韓服をミンジュンを渡す。
孫娘を思いながら作ったけど、渡せないというスミ。
その子は死んだのかな?私がその子の代わりになれたら・・!と考えるミンジョン。
素直な少女を演じるミンジョン。

借金取りに見つかってしまったヘオク。
荒らされた店の中を片付ける、働き者のボリ。

ドンフ、ファヨンの娘はカウルという名前に決まった。
ドンフの事業は好調だ。ヒボンの功績が大きく、その収益をオクスにも渡すというドンフ。
それを聞いたファヨンは気に入らない。
ドンフに、ジェファは母親が自分のせいで死んだことで自信がないみたいだと話すファヨン。
なんだって!とんでもない!と怒鳴るドンフ。
ジェファが卵を買いに行かせたせいでジェファの母親が死んだとドンフに教え、
白々しく、ジェファを恨んじゃダメだというファヨン。
ジェファのところに行き、生きていると、ありがたい人にも会うし、申し訳ない人にも会う。とドンフ。
ありがたい人、、それはウンビ。泣いているときに笑えるように巾着をくれた子。。とジェファ。
申し訳ない人は、、、お前の母親か?だから卵を食べないのか?あれは事故だ。というドンフ。

ヨンボの行方はわからないインファ。
全州の刺繍を刺した方は亡くなってしまった。最期のヨンボだった。

母親とのことを内緒だと約束したのに、ジェヒがその約束を破りドンフに言ったと思ったジェファ。

勝手にソウルに行ったミンジョンを叱るヘオク。


私の人生だ。お母さんが色々言う資格はない!今日から私は孤児よ。とミンジョン。
ソウルで大学に行かせてもらえるという話しを信じないヘオクに、みんな良い人だとスミから貰った韓服を見せる。
きれい。。とその韓服を見るボリ。
お母さん、私のためなら何でもするって言ったでしょ?私のために母親じゃない振りをして!とミンジョン。
ボリにもこれからお姉ちゃんと言うなと言う。

ウンビを失くし、ずっと失意の中にいるインファに、これからはピスルチェの運営を任せる。とスミ。


念願のピスルチェの針線長になれるインファ。
もうアメリカには行こうと言わないスボン。お母さんの言うとおりにしろ。とスボン。
ずっとあんなに願っていたことなのに、、ぜんぜん嬉しくないのはなぜなのかしら。子供がいなくなって、、もう意味がないわ。。なぜ、今になって許すのよ!とスボンを責め、泣くインファ。
スボンのせいじゃなく、競争をさせた私のせいだ。。とスミ。
ウンビを必ず見つける。そしてピスルチェをウンビに譲る。それまで我慢して。私はこれからは泣かない。泣く資格も、死ぬ資格もない。。。とインファ。
インファは針線長としての仕事に邁進する。

スポンサーリンク

ジェヒがくれたびっくり箱をジェファは捨てた。
ジェヒがそれを知って怒り、母親に卵料理を出してくれと頼む。


敵対心むき出しの二人。

ヘオクは流産してもちゃんと食事も取らないオクスを見舞い、ご飯を食べさせる。

ミンジョンの学校に出向くインファとスボンは学校でボリとニアミスする。
ソウルに行くことになったミンジョン。
帰り道、オクスを見たような気がするインファ。

ドンフはオクスの行方を探している。崖にあったオクスの荷物が届けられるが、どこかでオクスは生きていると言うドンフ。

荷物をまとめ、家を出るミンジュン。
自分だけ金持ちになりたいわけじゃなく、必ず金持ちになってお母さんにも家を買ってあげる。それまでは私は死んだと思って。
涙を見せ、ソウルに向かうミンジュン。
置き手紙を見るヘオク。急いでスボンの名刺を探す。

ジェヒにきつい態度のジェファ。
カウルも産まれて立場の強くなったファヨンは、母親の服を焼くと脅しジェファを自分に従わせる。

スボンの大学に訪ねていくヘオク。そこにはインファ、スボンの間で微笑むミンジョンが。
ミンジョンはヘオクに気づく。
インファはミンジョンが望めば留学もさせると言っている。隠れて話を聞くヘオク。
楽しそうに歩いていくミンジョンを見守るヘオク。

 

15年後ーーーーーー

ボリはヘオクの食堂を手伝い、相変わらず明るく働いている。


ジェファは検事だ。チャラい感じでファヨンの渡したカードの限度額まで買い物をしている。

ボリは高校生のころからオクスの元で針仕事を習っている。ヘオクのために韓服を作るボリ。

ファッショングループヒョンジの採用面接を受けるミンジョン。不合格だったミンジョン。
面接官の中にはジェヒの姿も。

ミンジョンにはソンヒョクという彼氏がいる。一緒に暮らしているようだ。
ミンジョンの大学の卒業式。
ボリが作った韓服でソウルに向かうヘオクとボリ。オクスに作ってもらったミンジョンの韓服も持って行く。
道で、ヘオクの韓服に車で水を掛けてしまうジェファ。文句を言いに行くボリ。
ボリとジェファの初対面だ。
ボリを相手にしないジェファ。仕返しにジェファの派手なスーツに水を散らすボリ。にらみ合う二人。

第8回に続く。

「私はチャン・ボリ!」登場人物・キャストはこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました