私はチャンボリ! あらすじ 第8話

スポンサーリンク

「私はチャン・ボリ!」登場人物・キャストはこちら→ あらすじ一覧はこちら→

 

「来た!チャンボリ」第8回あらすじ。

ヘオクの韓服に車で水を掛けたジェファ。それに怒り文句を言うボリ。
派手なスーツのジェファ。素直に謝らないジェファにボリは水溜りをわざと踏み、ジェファの高級な服を汚してしまう。

ヘオクも娘が一針一針縫ってくれた服だと怒り、迫力に黙るジェファ。

ピスルチェには針線長であるインファに取材の一行が。取材に答えるインファ。
外出するスミ。ジョンハは車で送ろうとするが、歩いていれば偶然にウンビに会えるかもしれない、とスミ。

慣れないソウルに地下鉄に乗るボリとヘオク。


スミも同じ車両に座っている。ボリの荷物を親切で膝の上に置くスミ。
ボリとヘオクは反対方向に乗ってしまったと、あわてて降りてしまう。スミに預けた荷物はそ
のままだ。
スミはボリの荷物を駅に忘れ物として届ける。駅の職員が中身を確認すると中には韓服が。
縫い目を見て、スミはオクスが作ったものだとすぐわかった。こんなことが。。生きていたのか。。と韓服を抱くスミ。

アメリカ留学から帰ってくるカウルを迎えに行くファヨンとジェヒ。
お母さん~!とファヨンをハグするカウルだったが、ファヨンとジェヒは誰かわからない。
アメリカで顔を全面整形したカウルだったw

ミンジョンは大学の卒業式。一緒に住んでいる彼氏のジサンも祝いに駆けつけた。
そこにスボンとインファもミンジョンを祝いにやって来た。ジサンをあわてて家へ帰らせ、スボンとインファのもとへ行くミンジョン。


ヘオクとボリも着いた。ミンジョンがスボンとインファと居るところを見る。ボリはミンジョンに声をかけるが慌てて止めるヘオク。

記念写真を撮るミンジョンとスボン、インファ。ボリは他人の振りしてミンジョンに写真を撮ってあげると声をかける。
写真を撮るボリ。

ジェファはチャンフンに異動に。事務所を出るとお別れに女が花束を持って来ていた。
泣く女に、連絡するよ。電話番号は変えるなよ!と言うジェファ。
女が見えなくなると、俺が電話番号を変えるから、と貰った花束を捨てるジェファ。

しつこく写真を撮り続けるボリにミンジョンが駆け寄る。
どうしてお母さんを知らん振りするの?というボリ。ボリと母親には早く帰って欲しいミンジョン。
ミンジョンのためにボリが貯めたお金を渡すボリ。受け取らないミンジョン。
見かねたヘオクが走ってボリを連れ去るw
ボリが撮った写真を確認すると、後ろに小さくヘオクが写っている写真だったw

インファ、スボンとミンジョンはレストランで食事。
ミンジョンの住んでいる家をこれから見に行こうというインファ。
ドンフの家ではカウルを囲み、外食を。最初ドンフもカウルが誰かわからなかったw

カウルが整形したことをファヨンに怒るドンフ。カウルには甘いドンフ。

ミンジョンが受け取らなかったボリのお金を、ミンジョンからもらったお金だと言ってヘオクに洋服を買ってやるボリ。
お金が足りず、友人ヨンソクに借りたカードで支払うボリ。

家でボリの忘れ物の韓服を眺めるスミ。駅の職員に頼み預かってきた。
オクスを思い、ありがとう。。死なずに生きていて。。と韓服を抱きしめるスミ。
オクスもスミを思い出していた。手の調子が悪いオクス。
もう永遠に戻れなくなった。会いたいのに会えない。。と

レストランを出ると、ドンフの家族と偶然会うスボンたち。
ジェヒはミンジョンを見て、会社の面接に来ていた子だと気づく。
そこでミンジョンが孤児でスボンたちの支援を受けている子だと知る。
ミンジョンの落し物のノリゲを拾うジェヒ。

チンピラのネチョン。一仕事しようとビルに入ろうとするが、そこは弟ユチョンの会社のビルだった。
あわてて隠れる子分たち。今までもそんな兄には迷惑を掛けられてきたユチョン。
両親が早くに亡くなり、弟を育ててきたネチョンだった。

チャンフンに向かうジェファ。その車の後ろには叔母のジョンランが隠れていた。
チャンフンで一緒に住もうというジョンランw
ジョンランを騙し、途中の高速道路にジョンランを降ろしてしまうジェファ。

ジサンの荷物を慌てて片付け、インファとスボンを部屋に招き入れるミンジョン。
寒い日なのに床が冷たいことに気づくインファ。たまたまガスの検査の日で止まっているだけだったが、
ミンジョンは、実はガスを止められていて。。と嘘をつく。
インファは自分の家に来いと言う。ミンジョンの狙い通りだ。
そこにジサンがケーキを持って帰ってくる。親しい先輩だとごまかすミンジョン。
鍵が開いたままの状態で入ってきたのでごまかせたようだ。

インファの家に泊まる事になったミンジョン。インファに抱きつき、お母さんと呼んでもいいですか?とミンジョン。


ウンビを死ぬまで待たないといけない、ごめんなさいね。と断るインファ。

オクスが生きているようだ。とスボンに話すスミ。それを聞きつけるインファ。


オクスが縫った韓服をインファに見せる。
オクスが私に何か言いたいことがあるんじゃないか。と話すスミに、
お義母さんが一番辛かったときに捨てて出て行っていまさらどんな話があるんですか。とインファ。
オクスが来たら、受け入れるというスミとスボン。
オクスが全州に取りに行ったあのヨンボが無いと、スミの例の王の服はずっと完成しない。あの亡くなった幼馴染の刺繍じゃないと駄目だと言う。
ピスルチェの長となったインファだったが、オクスの存在に怯える。

ヘオクはソウルで買った服を、(実はボリだけど)ミンジョンに買ってもらったから見るのも惜しいといって大事にしまいこむ。
ボリが作った韓服はたたまずに、床に置いているヘオク。その韓服を見て、気に入らなかったのかな。次はちゃんとつくるから待ってて。と呟くボリ。

ジェファに置いてけぼりにされたジョンランは、道に立ちはだかり車を止めた。そこに止まったのはネチョンの車。
ネチョンの手下に驚いて倒れた拍子に腕を脱臼してしまうジョンラン。すぐにネチョンが脱臼を直す。
ネチョンを医者と勘違いするジョンラン。否定しないネチョン。

母親と姉のことを考え、自分のことを後回しのボリ。手の調子が悪いオクスの手当てをするボリ。

スポンサーリンク

ドンフの会社のユチョンはジェヒの友人。
新入社員を補欠採用することになり、ピスルチェに関係してくる今後のビジネスを考え、
ミンジョンを選ぶジェヒ。
ジェヒは自分のライバルは兄のジェファではなく、父親のドンフだと言う。

友人のヨンソクにカードを返すボリ。ヨンソクは化粧品店で働いている。

ピスルチェでインファが弟子たちへ教えているところを見るミンジョン。

スボンは偶然、ウンビがインファにあげた巾着を見つける。中のメッセージにはウンビが失踪した日付があった。
インファが隠していたのだ。
インファにそれとなく、ウンビが居なくなかった日にウンビがくれた物や手紙などは無かったかと聞くインファ。
無かったと言うインファ。

チャンフンで勤務することになったジェファ。


ヘオクの店に出前を頼み、ボリが配達に。そこでボリはジェファを検事だと知る。

ミンジョンはインファと行ったレストランで働いているジサンを偶然見かける。ミンジョンには勉強していると言っていたジサン。
ショックを受けるミンジョン。

オクスの代わりに韓服を作り納品するボリ。チマの長さが違うと社長が怒る。
オーダーした客は事故のせいで片方の足が短い。それに合わせてわざと左右の長さを変えたと言うボリ。
私がその方に会ってもそう作ったと言い、ボリに感心するオクス。

レストランの裏手から出てきたジサン。ミンジョンはジサンの持っていた紙袋の中身を見る。
いつも家のお手伝いさんが作ったおかずだと言って持って帰ってきていたものは、アルバイト先のレストランの物だった。
父親の事業が傾いて、経済的に苦しくなっている事をミンジョンには言えなかったジサン。
それを聞き、ショックを受けるミンジョン。

これから趣味じゃなく、本格的に韓服を習ってみないか。お前を弟子として育てたい。とボリに言うオクス。

インファに、ピスルチェで韓服を習いたいと言い出すミンジョン。

韓服に関する全てをお前に教えたい。というオクスに、
やります。やりたい。時間が無いなら寝なくても大丈夫。と答えるボリ。

第9回に続く。

「私はチャン・ボリ!」登場人物・キャストはこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました