韓国ドラマ「赤い靴」第11話,第12話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「赤い靴」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「赤い靴」第11話、第12話あらすじ

ヘビンとヒョンソクを結婚させようとしていることを夫ヒョクサンに話すヒギョン。
相談なしで何でも決めようとするヒギョンに怒るヒョクサン。

チェ女史に”話がある”と連絡し、会いに行くオクギョンとソニ。
ジェンマの腎臓移植を感謝するチェ女史に、”口だけではダメでしょう。世の中にタダがありますか??”と謝礼を要求するソニ。
お金持ちが貧しいジェンマからタダで腎臓を奪ったと、チェ女史を責める二人。
お金を要求する二人に、”脅迫するのか???”と怒るチェ女史。
塩をまかれて怒り、暴れるソニ。
その騒動のせいで、また倒れてしまうチェ女史。

オクギョンとソニが店に尋ねてやって来たことを、ギソクに謝罪するジェンマ。
また”あの夜の俺の行動をもう一度謝罪する”と言うギソクに、”私はバカじゃありません。十分理解しているからもう言わないでください””勘違いするなということじゃないですか。肝に銘じます”と苛立つジェンマ。

チェ女史が家で倒れたと聞き、慌てて帰宅するギソク。
家政婦から、ジェンマの事でオクギョンとソニが暴れたことを知るギソク。
最初は怒っていたが、冷静になって考えてみるとジェンマの母であるオクギョンが怒るのも無理は無いと思うチェ女史。
娘が知らない人の養女となって勝手に腎臓を提供したと知った母親の気持ちを考えたチェ女史は、ジェンマを一度家に連れて来いとギソクに頼む。

”私達結婚しない?”と言い出すヘビンに、”気持ち悪いこと言うなよ。俺の性格に合わないから”と取り合わないヒョンソク。

チェ女史の家で暴れて、チェ女史が倒れるようにしたオクギョンを責めるジェンマ。
自分がギソクに嵌ったせいで、無料でチェ女史に腎臓提供したとオクギョンが誤解していることが分かり、驚くジェンマ。

ヘビンが外泊したのが分かり、ヒギョンに連絡するヒョクサン。
”友人と泊まって帰ると言っていた”ととっさに嘘を付いて誤魔化すヒギョン。

ヒョクサンがヘビンの携帯に電話をするが、自分の電話だと思ってその電話を取ってしまうヒョンソク。
ヘビンが男と寝ているのが分かり、怒り心頭のヒョクサン。

チェ女史に呼び出され、チェ女史邸に行ったジェンマはオクギョンとソニの事を謝罪する。
チェ女史から大金を渡され、驚くジェンマ。
”私の考えが浅かった”と、経済的に苦しいオクギョンたちのために、開業資金を貸すことにしたチェ女史だった。
”何でも辛いことがあったら私に話せ”というチェ女史に感謝するジェンマ。
ジェンマに”この家で一緒に暮らさないか”と話すチェ女史。
なぜかジェンマを傍に置いておきたい気持ちがしきりに沸き上がるチェ女史だった。

チェ女史邸に訪問してチェ女史を待っていたヒギョンは、帰ろうとするジェンマと出くわす。
”あなた、どこかで会った事ある?”と尋ねるヒギョンに、”ヤンサン(レストラン)で会いました”と答えるジェンマ。
ジェンマを娘ジナだとは分からないヒギョン。

ジェンマの事を”私の娘よ”と話すチェ女史に驚くヒギョン。
返済資金が足りず、期限を延ばしてくれるように頼むヒギョンに、応じる気のないチェ女史。
チェ女史の孫ソンヒョクとヘビンの仲が深く、アメリカで一緒に暮らしていたのが噂になるとヘビンの結婚にも差しさわりがあると、チェ女史を圧迫するヒギョン。
仕方なく、返済の延期を了承するチェ女史。

”金貸しをしているチェ女史は、企業を潰すことも容易い事だ””ローラの半分はチェ女史の物だろう”と家政婦から聞くジェンマ。

ヘビンが男と外泊しているのを見逃していることや、不景気なのに事業を拡大させて経営を圧迫させているヒギョンに怒るヒョクサン。
会社の資金のためにもヘビンをチェ女史の孫ヒョンソクと結婚させればいいと考えるヒギョンに呆れるヒョクサン。

ジェンマが持って帰って来た大金に驚くオクギョンたち。
チェ女史が開業資金のために貸してくれたと分かり、”私は本当に悪い女だ・・お前が辛いのを知らず私の欲で・・”と罪悪感のオクギョン。

スポンサーリンク

第12話あらすじ

まずヒョンソクとヘビンをローラに就職させて勉強させ、自分たちが引退した後は二人に会社を譲るつもりだとチェ女史に話したヒギョン。
ヒギョンからヒョンソクとヘビンの関係を聞き、ヒョンソクと話をしようとするチェ女史。

自身のマンションで”女友達”と楽しく遊んでいたが、そこに突然やって来たチェ女史に驚くヒョンソク。
”留学のために行ったアメリカでヘビンと暮らしていた”と言うチェ女史に、旅行で一週間一緒に居ただけだと釈明するヒョンソク。
責任を取ってヘビンと結婚しろと言うチェ女史に困るヒョンソク。
とりあえず、無職は止めてローラに就職するように説得するチェ女史。

弟ジノの形見である、昔母ヒギョンが作ってくれた靴のマスコットを眺めながら考えるジェンマ。
母親の復讐をするために、チェ女史の家で住むことに決めるジェンマ。

ヒョンソクが”俺とは結婚しないとお前から言え”と言うが、”私よりもママが気に入っている”と意に介さないヘビン。

チェ女史の家で暮らそうかと思うと言い出すジェンマに、そうしたらジェンマは教育を受けさせてもらえ、就職もさせてもらえるだろうと、同意するオクギョン。
今までお金がないばかりにジェンマに苦労をさせて来たことを申し訳なく思うオクギョン。

バイクで気分転換にジェンマを誘うヒョンソク。気軽に話し、気の合う二人。

どんどん事業を拡張しようとするヒギョンの考えに付いて行けず、反対して止める部下。だが、納得しないヒギョン。

チェ女史からクォン会長(ヒョクサン)も一緒に食事をしようと招待を受け、喜ぶヒギョン。

ジェンマが家で一緒に暮らすことを決めたと知り、”祖母の保護者は私だ!どうして私に先に相談しないんだ!!”とジェンマに怒るギソク。
”代表(ギソク)が反対なら行きません””代表がこんなに気まずく思うとは考えていなかった”と釈明するジェンマ。
”ジェンマさんが辛いかと・・””長い間二人で暮らして来たから他の人と一緒に暮らすのが不便に感じる””私は人を信じない””みんな詐欺師だ””私のせいで辛くなるかもしれない”と話すギソク。
ギソクの話に腹を立て、”今晩から家に行く”と宣言するジェンマ。

荷造りをして夜遅くチェ女史邸に行くが、寝ずに待っていてジェンマを歓迎するチェ女史。

チェ女史の運転手テギルの顔を見て驚くジェンマ。
名前も違い、大人になったジェンマ(ジナ)に気付かないテギル。

チェ女史から招待を受け、ヒョクサンとヘビンと共にチェ女史邸を訪問するヒギョン。
やって来たヒョクサンたちの顔を見て驚き、慌ててその場から出て行くテギル。

ヒギョンがチェ女史に持って来たバラの花束を乱暴に受け取るジェンマ。
そのせいで、バラの棘で怪我をしてしまうヒギョン。

怪我をしたヒギョンの指に絆創膏を貼ることになるジェンマ。
昔、怪我をしたときに母ヒギョンが優しく手当てをしてくれたことを思い出し、涙ぐむジェンマ。

父親を裏切った罪、自分たち姉弟を捨てた罪を対価を必ずヒギョンに取らせると改めて心に決めるジェンマ。

ヒョクサンやヒギョンがチェ女史の家に出入りしていると知り、戦々恐々とするテギル。

ヘビンとヒョンソクとの結婚のために両家の食事の席を用意したチェ女史だったが、その席に当人のヒョンソクは現れなかった。怒って帰って行くヒョクサン。

せっかくの両家の食事の席に来ずに、連絡も付かないヒョンソクに腹を立てるチェ女史。
すぐにヒョンソクのアパートを処分し、ヒョンソクが使っているカードを停止するようにギソクに指示するチェ女史。

夜遅く帰宅し、ヘビンの家との食事の約束を忘れていたふりをするヒョンソクに怒るチェ女史。
”正直に言ったら何か変わるの??””どっちみちお祖母さんの思うとおりになるのに””お祖母さんの儲けたお金で暮らして来たから言う事を聞けという事でしょう?””ヘビンと結婚すると言ったことはない”と開き直るヒョンソク。

”俺は小学生じゃない!””これからは干渉しないで!””世界はお祖母さん中心に周っているんじゃないんだ!”と祖母チェ女史に歯向かうヒョンソクに怒り、殴るギソク。
またヒョンソクを殴ろうとするギソクを止めるように言うチェ女史。

第13話に続く。

韓国ドラマ「赤い靴」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました