韓国ドラマ 優雅な母娘 第97,98話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「優雅な母娘」97,98話

移植手術後、まだ意識が戻らないキャリーを心配し、キャリーではなく自分がした方が良かったんじゃないかと後悔するヘジュン。
移植提供してくれたのはウナだと思っているユジン。

移植手術も終わり、ヘジュンとユジンには早く別れて欲しいユンギョン。

”この間、どうしてうちに来たんだ?”と尋ねるデニーに、”歩いてたら行っていた”と話すユジン。
ユジンには、キャリーはもうカナダに到着したと話すデニー。

ユラ(ユジン)のことばかり心配してユジンを助けて生死をさまようキャリーの心配はしないウナに呆れるセラ。

ユジンと別れることは全く考えていないヘジュン。
ユンギョンに認めてもらうためにヘジュンと一緒に努力することにするユジン。

キャリーの意識が戻り、喜ぶヘジュンやデニーたち。

無理心中してヘジュンを殺そうとしたユジンを嫁としては認められないユンギョン。
そんなユンギョンに、”ジェニス(ユジン)は諦められない”と宣言するヘジュン。
部屋にあったユジンの婚礼家具をユンギョンが全て捨てられていて、驚くヘジュン。
”俺は死んでもジェニスと暮らす””母さんがずっとそうするなら家を出て行くしかない”と言うヘジュンにショックを受けるユンギョン。

”いつ、お母さんって呼んでくれる?”と言うウナに、”ゆっくり・・”と答えるユジン。
患者服を着てユジンの見舞いをするウナを見て、”まるでコメディ―ね”と笑うセラ。

集中治療室に入るデニーとオ秘書の姿を目撃し、”集中治療室に誰かが居るの?”とデニーに電話をかけるユジン。誤魔化すデニー。

離婚書類をユジンに持って来て、印を押すように迫るユンギョン。
退院したら連絡すると答えるユジンに、”絶対に嫁とは認めない”話し、ユジンがヘジュンと暮らすということは自分たちの親子関係を壊すことだとくぎを刺すユンギョン。

ユジンやキャリーを見舞うために会社は休んでいるヘジュン。
ヘジュンが持っていた株式書類を持ち出したジェミョンは、急いで自身に名義変更をすることにする。

ヘジュンにとっては実母であるキャリーと、自分のせいで会えなくなったとヘジュンに申し訳なく思うユジン。
幼い頃にキャリーに一度捨てられたという記憶があるユジンに、”誤解なら解かないと・・母さんは捨てたんじゃないと言ってるのに”と話すヘジュン。
”母さんがジェニス(ユジン)を愛してなくて、利用しただけだと思うのか?”と尋ねるヘジュンに、”考えたくないわ・・””キャリーの話はやめて”と言うユジン。

ユジンが退院する日、キャリーは一般病室に移ることとなる。
ユジンを見たそうなキャリーに、遠くからユジンの姿を見せるヘジュン。
退院していくユジンを見て、感無量のキャリー。

ユジンがヘジュンと別れる気が無いことを知り、驚くウナ。
ユンギョンに自分を受け入れてもらうために助けて欲しいと話すユジンに、自分が手伝うと話すウナ。
その二人の話を聞き、ヘジュンとユジンを一緒に暮らすようにしてやろうとするウナに怒るセラ。
”お前に肝臓をあげた人は母さんじゃない””キャリーがあげたのよ。キャリーは今病院に居るわ”とユジンにバラすセラ。

スポンサーリンク

第98話あらすじ

自身に肝臓提供してくれたのがウナではなくキャリーだということを知り、ショックを受けるユジン。
”どうして私に言わずにそんなことができるの??”と泣くユジンに、”キャリーがくれると言ったらお前が手術を受けないと思って・・キャリーが秘密にしようと言ったんだ”と釈明するウナ。

バラしたことに腹を立てるウナに、”どうしてヘジュン兄さんと暮らすのを手伝うと言うの??ユラ(ユジン)だけが本当の娘?私は拾った娘なの??”と納得できないセラ。
”どうせなら、私を行方不明にすればよかったのに・・そうしたら私もキャリーが育ててちゃんと育ったのに!””母さんは完全にキャリーに負けた。母親としても人間としても”と言うセラにショックを受けるウナ。

病院の集中治療室に居たのはキャリーだったと分かり、家を飛びだして病院に向かうユジン。
そんなユジン止められず、ヘジュンに助けを求めるウナ。

病室に来たユジンに驚くが、喜ぶキャリー。
”私に肝臓提供してくれたのはウナじゃなくてあなたなの??””あなたのだと知ってたら絶対に受けなかったわ””どうしてあなたが私の体に好き勝手に移植するのよ??”と憤るユジン。
”一生私を騙して来たのに、また騙したの??あなたのせいで死にたいのに、あなたが私を生かすの?””肝臓をくれたら許しを得られると思うの?いいえ、もっと嫌よ””あなたのものを受け取って生きるより、死ぬ方がマシ””もう一度手術受けるから、あなたのものを取り出して持って行け”と怒るユジンに、”母さんだけ恨んで、自分は恨むな”となだめるキャリー。
”死にたい・・”と泣いて暴れるユジンをなだめるヘジュン。

ユジンに移植提供し、キャリーは意識もなくずっと集中治療室で戦っていたことをユジンに話すヘジュン。具合の悪そうなキャリーの姿を見て、涙を流すユジン。

全てキャリーのせいにするウナの会話を聞くユジン。
”手術が終わってから、キャリーに会いに行きましたか?””キャリーが肝臓をくれたというのに貰っただけ?最低限、提供者に挨拶はしなきゃいけないんじゃないですか?”とウナたちを非難するユジン。
”謝罪はしたんですか?””私が謝罪しろって言ったでしょう?”と尋ねるユジンに、”するよ。母さんと謝罪しようと決めたところだ”と話すインチョル。
”私が倒れなかったらキャリーはトロントに居るだろう”と、未だに謝罪してないウナとインチョルに苛立つユジン。

キャリーの容体は思わしくなく、また検査を受けることとなる。

キャリーの荷物の中から、キャリーがウナに書かされた覚書が出てきて、それを見て驚くデニーとオ秘書。

ユンギョンに会いに行き、”ヘジュンさんと離婚できません”と話すユジン。
ユジンと一緒にずっとユンギョンの家で一緒に暮らすつもりのヘジュン。
土下座して、”一度だけ機会を与えてもらえませんか?”と懇願するユジン。
怒って、”うちに殺人犯が居るからすぐ来て”と警察に通報するユンギョン。慌てて止めるヘジュン。
これからずっとユジンと一緒に家で暮らすつもりのヘジュン。大反対のユンギョン。

ユジンのために、一刻も早く退院してカナダに帰ろうと考えるキャリー。
だが、検査結果が出て、”肝臓に問題があるが再手術は難しく、最悪の場合1年以上生きるのは難しいだろう”と、医師から宣告されるキャリー。
生存の可能性が無いわけじゃなく、新薬も開発中だと聞くが、大きなショックを受けるキャリー。

キャリーが居なくなったとデニーから連絡を受け、驚くユジン。

病院を抜け出し、呆然と街を彷徨うキャリー。
第99話につづく。

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました