スポンサーリンク

韓国ドラマ 優雅な母娘 第75,76話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「優雅な母娘」75,76話あらすじ

何をしにソル看護師の病室に来たのか尋ねるキャリーに、”通りがかりに・・”と誤魔化すユンギョン。
ソル看護師の容態が悪く、1週間が山だと話すキャリー。
ソル看護師が、キャリーにあの告白をまたしないだろうかと恐れるユンギョン。
”なぜ私に会おうと言ったんですか?家に来られるくらいなら重要な話だったようですが・・”と尋ねるキャリーに、キャリーにヘジュンの事がバレるのを恐れて震えるユンギョン。
30年前、子供を失った時の気持ちを尋ねるユンギョンに、”子供を失った親の心情を言葉で表現できるか・・それは経験してない人は分からない””チョ女史(ユンギョン)はそんな悲しみを経験しない。ヘジュンは目を覚ますわ。絶対に”と話すキャリー。
”ごめんなさい・・ごめんなさい・・”と言いながら嗚咽するユンギョン。

怒るユンギョンは、ウナを家に呼び付ける。
”お前を殺して、私も死のうと”と言うユンギョンに驚くウナ。
ウナの頬を叩き、首を絞めるユンギョン。
自身のミスのせいで赤ちゃんを殺して、子供をすり替え、その上それを母親チョ会長のせいにしたウナに怒るユンギョン。

気を失ったウナに水をかけ、起こすユンギョン。
”ソル看護師に聞いたの?認知症患者の話を信じるの?””お前の子供は最初から問題が多かった。どっちにしても死んでた”と悪びれないウナに、怒るユンギョン。
”お前も共犯だ。お前は30年もキャリーの子供を息子として育ててきた。ヘジュンをキャリーに返すことが出来るの?キャリーが知ったらすぐ取り返すと思うけど・・”と脅し、今まで通りに静かに暮らすように言うウナ。
30年前のウナの悪事をキャリーに話すと言うユンギョンに、ヘジュンをキャリーに奪われていいのかと脅すウナ。
その会話をこっそりと録音していたユンギョン。

ユンギョンがその録音を聞いている所に、帰宅してくるジェミョン。
その録音が聞こえて”キャリーにヘジュンを返す?ってどういうことだ?”と尋ねるジェミョンに、誤魔化すユンギョン。
”ヘジュンはお前の息子じゃないのか??””お前が言わないならソ院長(ウナ)に直接尋ねる!”と怒鳴るジェミョン。
決して口外しないと約束させ、ジェミョンに30年前の赤ちゃんすり替えの事実を話すユンギョン。
”キャリーとヘジュンの事を口に出したら、離婚よ””ヘジュンは私の息子よ!!”と釘をさすユンギョン。

ヘジュンがキャリーの息子なら、ヘジュンを利用してキャリーを動かすことが出来るんじゃないか?と企むジェミョン。

やはり次の会長は自分よりユジンの方が向いていると考え、ユジンを説得するつもりのキャリー。

ヘジュンの容態は少し良くなり、一般病室に移される。
面会に来たユジンを病室に入れるが、セラは追い返すユンギョン。納得できないセラ。

ユジンに、ヘジュンが小さい頃から母親想いの良い子だったエピソードを話すユンギョン。
子供のいないキャリーはジェニス(ユジン)を子供のように可愛がっていると考えるユンギョン。
”キャリーの子供が30年前に亡くなっているのは聞いているでしょう?””その赤ちゃんのお墓はどこにあるか知っている?”と尋ねるユンギョン。
キャリーの夫と共に川に散骨されたと聞いていると話すユジン。

ジェイグループの会長になるようにユジンに話すキャリー。
”ヘジュンを諦められないなら、復讐も諦めるな。お前が復讐を諦めた瞬間、ヘジュンが痛い目に遭うこともある”と言うキャリーに、”私を脅すの??””ヘジュンさんに何かあったら、母さんを一番に疑うわ!”と怒るユジン。

ヘジュンが目を覚ましたら、ヘジュンには好きな人と結婚して欲しいと望むユンギョン。
そんなユンギョンの気持ちを知り、焦るセラ。
いくら追い返してもやって来るセラに、”母親と一緒だな。自己中心で”と呆れるユンギョン。

意識の無いヘジュンに、”華麗なるギャツビー”を読み聞かせるユジン。
ヘジュンの指が動いたことに気付き、喜ぶユジン。
”脳の運動神経が戻ってきた良い兆候だ”と医者から言われ、家に荷物を取りに戻ったユンギョンに急いで電話をするユジン。
その様子を陰から見て、危機を感じるセラ。

ユジンが席を外している間に、病室に侵入するセラ。
ヘジュンをユジンに奪われるくらいなら、ヘジュンが一生目を覚まさない方がマシだと考え、ヘジュンの呼吸器を外すセラ。
病室に近づく足音が聞こえ、慌ててクローゼットに隠れるセラ。

ヘジュンの病室に立ち寄ったキャリーはヘジュンの異変に気付き、慌てて外れた呼吸器を戻そうとする。
その場に戻ってきたユジンは、キャリーがヘジュンの呼吸器を外したと誤解する。

スポンサーリンク

第76話あらすじ

ヘジュンの呼吸器を外したのがキャリーだと勘違いし、”何をしているんですか??”と驚くユジン。
急いで医師を呼ぶが、幸いにヘジュンの容態は安定していた。

病室に戻ってきたユンギョンと付き添いを交代し、家に帰るユジン。
病室のクローゼットの中から着信音がして、その中に隠れていたセラを見つけるユンギョン。
”ヘジュンに会いたくて来たけど、バレるかと思って・・”と誤魔化すセラ。

キャリーがヘジュンの呼吸器を外したと誤解するユジン。
ユジンから疑われ、”いくらなんでも、母さんが人の命を・・!!””どうしてそんな想像を??”とショックを受けるキャリー。
”ヘジュンが痛い目に遭うかもって言ってたでしょう??”と言うユジンに、”それは言葉のあやだ”と言い返すキャリー。
”どうしてそんなに変わった??お前は本当に私の娘ユジンなの??お前をそんな風にしたヘジュンが本当に恨めしい!”と怒るキャリー。
ユジンとキャリーの言い合いに気付き、驚くデニー。

泣いているキャリーから事情を聞き、ユジンに”どうしてお母さんを疑うんだ?すごく泣いている・・”と話をするデニー。
”デニーだってその場面を見たら疑うわ”と言うユジンに、”疑わない。お母さんはそんな人か?いくらヘジュンが憎くても・・ユジンは深刻だ。ヘジュンに嵌りすぎだ”と言うデニー。
復讐するのもユジン自身が選んだ道だと言うデニーに、”愛されたかったから。娘として認められたくて・・・でももう止めたい””でも母さんは止めない・・私よりも復讐が重要だから”と泣くユジン。
そんなユジンに、”母さんは一番ユジンの事が大事だ。もし他の人を愛したなら諦めただろう。よりによって仇の息子だから、母さんの立場だったら容易いと思うか?”と話すデニー。
今まで、キャリーが自身を心配してくれる時に愛されていると感じていたが、”今回、続けるのは苦しいと言っても止めないのを見て、私が復讐を止めたら、母さんの娘じゃないのか?私は何?”と考えるようになったと話すユジン。部屋の中からそんなユジンの話が聞こえ、涙を流すキャリー。

ドリを連れてヘジュンの病室に行くジェミョン。
幼稚園で作った花をヘジュンの病室に持って行くドリ。
ヘジュンの代理で会長選出の席に出ようと考えるジェミョンに、キャリーとジェニス(ユジン)に任せるように言うユンギョン。
ヘジュンさえ助かれば、会社の経営権などどうでも良いユンギョンだった。

危篤状態だったソル看護師は息を引き取る。悲しむキャリー。
結局、キャリーには何も言わずに旅立って行ったソル看護師は、娘と一緒の納骨堂に入る。

病院でソル看護師が亡くなったと聞き、驚くユンギョン。

悲しむキャリーは”全てウナのせいだ”と怒り、ウナの財産を差し押さえすることにする。

ワン会長からの資金を回収するために、ウナたちの自宅や家財道具も差し押さえが執行される。
このままでは自宅なども競売に掛けられ、他人の手に渡ってしまうと青ざめるウナ。

差し押さえに遭遇し、”金持ちだと思って来たのに・・”と不満のキム・ヒジョン。
インチョルとウナの話を盗み聞きして、ヘジュンが”すり替えられた子供”だという事を知り、驚くキム・ヒジョン。

期日は来ていないが、約束した残りの報酬が欲しいとオ秘書に連絡するキム・ヒジョン。
差し押さえがあったせいで、キム・ヒジョンはウナの家を出るつもりなのか?と考えるキャリー。

”会長職を受ける””その代わりヘジュンが目を覚ますまで韓国に居させてほしい”とキャリーに話すユジン。
”お前だけを残しては置けないから、私も残る”と渋々了承するキャリー。
”まだ私を疑っているのか?”と言うキャリーに、”いいえ。ごめんなさい・・”と謝るユジン。

キム・ヒジョンに会い、残りのお金を渡して”以後、連絡することは無いように”と釘をさすオ秘書。
”私があの家で聞いた話をしたらもっとお金をくれる?””ヘジュン兄さんって実の息子じゃないんですって。会長の息子でも奥様の息子でもなく、赤ちゃんがすり替えられたとかなんとか・・”と話すキム・ヒジョン。

その話を聞き”ヘジュンはユンギョンの息子じゃないですって??””赤ちゃんをすり替えた・・?”と驚くキャリー。

第77話につづく。

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました