スポンサーリンク

韓国ドラマ 優雅な母娘 第63,64話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「優雅な母娘」63,64話あらすじ

ヘジュンはユジンへの訴状を出さなかったが、ジェミョンが弁護士に指示して手続きを済ませていた。
カナダに発つ直前に、ジェイグループへの詐欺と背任容疑で逮捕されるユジン。

早く復讐を終えて、ユジンの待つカナダに帰るつもりのキャリー。

ヘジュンがユジンとキャリーへの訴状を出さなかったと聞き、驚くユンギョン。
キャリーが恨みによって会社を乗っ取ろうとしているなら、訴えるのではなくて謝罪をして許しを得るべきだと話すヘジュン。
30年前にジェミョンがキャリーにしたことを確認したヘジュンは、ジェミョンがキャリー夫の特許を奪ったことをユンギョンに話す。
だが、それ以上の事はまだ言えないヘジュン。

ユジンがカナダに向けて出国したと思っていたキャリーとデニーだったが、ユジンが韓国で逮捕されたと連絡を受ける。

ユンギョンに30年前の特許盗取のことを問い詰められるが、頑として認めないジェミョン。
ジェニス(ユジン)が空港で捕まったと連絡を受け、喜ぶジェミョン。

警察で、”自分が全部した事で、キャリーは関係ない”と供述するユジン。
急いで警察に駆けつけ、ユジンを警察から出すように手続きをするデニー。

慌てて警察に駆けつけて来たヘジュンに怒るデニー。

株式を買い足すために、不動産を売ってお金を作りたいジェミョン。
だが、家の金庫はユンギョンが管理していて暗証番号が分からない。

ヘジュンは結局ユジンを訴えられず、訴えられたユジンを心配して警察に駆けつけて行ったと聞き、怒るセラ。

ユジンが自ら警察に通報し、”出国するから捕まえに来い””キャリーは何の関係ない”と話したことが分かり、驚くキャリー。
”違うわ。私が全て仕組んだことだ。ジェニス(ユジン)には罪はない。捕らえるなら私を捕らえて”と警察に懇願するキャリー。

自分が罪をかぶっても、キャリーの傍で力になりたかったユジン。
ウナを恐れ、ユジンにはすぐにでもカナダに帰って欲しいキャリー。

キャリーと会い、”ジェニス(ユジン)をこれ以上犠牲にしないでほしい”と訴えるヘジュン。
訴えを取り下げるように言い、取り下げたらユジンをカナダに帰すことが出来ると話すキャリー。
ジェミョンの代わりに謝罪をしたいと話すヘジュンに、”謝罪は当事者がしなければ!”と突き放すキャリー。
”夫の交通事故もク会長(ジェミョン)の仕業だ”と話すキャリーに、”証拠はあるんですか?”と言うヘジュン。”証拠があったら、悔しくやられなかった”と答え、ユジンは自分が守るからヘジュンは自分自身の事を心配しろと話すキャリー。

ジェミョンのスーツのポケットから、人気ロボットのおもちゃの領収書を見つけるセラ。それを見るユンギョン。
ユンギョンには、自分の趣味だと誤魔化すジェミョン。

暗証番号を当て、家の金庫を開けることに成功するジェミョン。

30年前、例の農場の所有者がチャ・ミヨンの夫だったと報告を受けるヘジュン。
その夫はハーブ化粧品の研究者で、”マイハーブ”が発売された当時に交通事故で亡くなったと報告を受け、その事故を調べることにするヘジュン。
以前、キャリーが突然”ミョンホさん・・”と呟いたのが、キャリー夫の名前だったことが分かるヘジュン。

”私の幼い頃はどうでしたか?お父さんには会ったことがありますか?”とソル看護師に尋ねるユジン。
”ミヨンには娘はいない・・””ミヨンの赤ちゃんは生きている・・”と話すソル看護師。
その”ミヨンの赤ちゃん”は自分の事だと考え、”ソル看護師には私が赤ちゃんに見えるみたい”とデニーに話すユジン。

ドリの母ジャヨンに、ジャヨン名義のジェイグループ株を買いたいと話すキャリー。
誰にも売ってはいけないと言われていると、断るジャヨン。
ジャヨンが欲しくても手に入れられなかった限定ブランドバックをちらつかせ、プレゼントしてジャヨンに近づくキャリー。
ジャヨンとジェミョンは何か関係があるとにらみ、調査することにするキャリー。

ジェミョンが本当にキャリー夫を殺したのかと、悩むヘジュン。

訴えを取り下げるようにジェミョンに言うキャリー。
”ジェニス(ユジン)に手を出すことは、私に手を出すことだ”と警告して脅すキャリーに、”ジェニスは養女なのか?”と尋ねるジェミョン。
”後援者だと言ったでしょう?”と誤魔化すキャリー。
”(ジェイグループ)の株式を調べてみたら会長(ジェミョン)の借名株式がある”と言うキャリーに、”借名は不法ですよ。私はそんな事をしない”と慌てて白を切るジェミョン。

ジェイグループの社屋にやって来たジャヨンとドリに気付くキャリー。

会社のロビーでロボットで遊ぶドリと遭遇し、声をかけるヘジュン。
”お父さんに会いに来た””お父さんは会長。お父さんがこの会長のトップなんだ”と話すドリに、”会長?””会社のトップは俺のお父さんだけど?”と笑うヘジュン。

スポンサーリンク

第64話あらすじ

キャリーの復讐を最後まで手伝うためにカナダに戻らなかったユジン。
キャリーのために自らを犠牲にするユジンを理解できないヘジュン。
まだユジンを忘れられず、ユジンを心配するヘジュン。そんなヘジュンに気持ちが揺れるユジン。

突然ドリを連れて会社に現れたジャヨンに驚くジェミョン。
来年にはドリは小学校に入学せねばならず、早くドリをジェミョンの戸籍に入れて、自身は結婚するためにドバイに発ちたいジャヨン。
母ジャヨンの結婚を望み、20歳で再会すると約束したドリは、”お父さんと暮らしたい”とジェミョンに話す。

キャリーの弱点はユジンだと睨み、ユジンを攻撃することにしたジェミョン。
その話に、納得できないヘジュン。

なかなかドリを育てることに納得しないジェミョンに、”次はお宅に乗り込むわよ”と脅し、株式を早く買い取るように急かすジャヨン。

会社でドリに出くわし、ドリが遊んでいるロボットが、ジェミョンが買ったロボットのおもちゃと同じだと気づくセラ。
”お父さんが買ってくれた”とヘジュンたちに話すドリ。
ジェミョンがロボットのおもちゃを買った領収書を持っていたことをヘジュンに話すセラ。

ジェニス(ユジン)への訴えを取り下げるように説得するヘジュンだが、拒否するジェミョン。
ヘジュンからさっきの女性は誰なのかと尋ねられ、”株主だ。初めて見る女性だ”と誤魔化すジェミョン。

株主リストにある親戚でもないのにジェイグループの株式を1%も持っている”ファン・ジャヨン”という名前に目が留まるユンギョン。
ユンギョンに尋ねられ、”初めて聞く名前だ”と答えるヘジュン。

キャリーからジェミョンとの関係を尋ねられ、”私は来月結婚する””ただ子供を産んだだけの関係だ”と口を滑らすジャヨン。
ジャヨンの息子ドリはジェミョンの息子だと分かるキャリー。

ナ刑事からユラに似ている女性がいると連絡を受け、居ても経ってもいられないウナとインチョル。
行方不明のユラの可能性のある、”キム・ヒジョン”に会いに行くウナとインチョル。
田舎町で”女性が男性に接客する喫茶店”で働いているキム・ヒジョンにショックを受けるウナ。
”1歳で迷子になって養父母に拾われるが、また2カ月くらいで施設に捨てられたようだ”と身の上を話すキム・ヒジョン。
当時ブランド物のベビーカーに入っていて、ピンク色の服や靴を見に付けていたと聞き、そのキム・ヒジョンが行方不明のユラではないかと考えるウナ。
インチョル達からDNA検査を求められ、週末ソウルに行くと約束するキム・ヒジョン。

会社に来ていた女性が”ファン・ジャヨン”ではないかと尋ねるヘジュンに、慌てて否定するジェミョン。
”ファン・ジャヨン”とは、ユンギョンも知らない”遠くの親戚”だととっさに嘘を付くジェミョン。

デニーやユジンたちにジェミョンに隠し子が居ることを話すキャリー。

週末に、偽物のユラ”キム・ヒジョン”とウナたちが遺伝子検査することになったと報告を受けるキャリー。

”お父さんは会長”と話したドリがジェミョンの息子かもしれないと考え、頭を抱えるヘジュン。

まだユジンの裁判を取り下げないジェミョンに、”ファン・ジャヨン”の名前を出して圧力をかけるキャリー。

朝、保育園に行くドリを待ち伏せし、”ママの名前はファン・ジャヨンなの?””パパの名前は?”と尋ねるヘジュン。
ドリがファン・ジャヨンと父ジェミョンの子供だと分かり、衝撃を受けるヘジュン。

第65話につづく。

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました