スポンサーリンク

韓国ドラマ 夏よお願い 第111,112話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「夏よお願い」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「夏よお願い」111,112話あらすじ

グミに復縁を懇願し、サンミの事は一時の間違いだったと釈明するジュノ。拒絶するグミ。
そんなジュノの姿を見て、大きなショックを受けるサンミ。

サンウォンを諦めたソンギョンに、苛立つジュノ。
そんなジュノの様子を見て、”もしかして、グミ姉さんに未練があるんですか?サンミ姉さんと離婚しようと??”と驚くソンギョン。

ヨンジンに会って話をしてくれたグミに感謝するサンウォン。
家族の反対にも諦めずにヨルムと自分を捕まえてくれたサンウォンに感謝するグミ。
アメリカの友人に住む家を探してもらっていることをグミに話すサンウォン。
”明日、ミパ島に行こう。ヨルムを連れてボラさんに会いに”と言うグミを、抱きしめるサンウォン。

やけ酒を飲むサンミを心配し、止めるテソン。
ジュノがサンミと離婚し、グミとヨルムを連れて外国で暮らそうとしていると話すサンミに、驚くテソン。傷つけられてもジュノと離れられないサンミが理解できないテソン。

グミたちがアメリカに発つ前に、ソクホと結婚式を挙げようと企むクムジュ。
グミからも言われ、クムジュ達の年内の結婚式を了承するヨンシム。大喜びのクムジュ。

ソクホに、ヨンシムが年内の挙式を許してくれたと話し、”1ヶ月以内に挙げよう。スモールウェディングも流行みたいだし。私たちもそうしたらいい”と話すクムジュ。
幸せいっぱいのクムジュとソクホ。

グミと話をしたヨンジンは、沈んだ気持ちで帰宅する。
スチョルたちの話から、サンウォンがグミとヨルムを連れて外国に行くことを知るギョンエ。

ヨンシムを呼び出し、文句を言うギョンエ。
だが”息子さんに言ったらどうですか?”と相手にしないヨンシム。
やっぱりサンウォンが目的でヨルムを捕まえていたのかと言うギョンエに、苛立つヨンシム。
本当にサンウォンの実母なのか疑う程だと無礼なギョンエをディスるヨンシムw

サンウォンに会い、グミと海外に行くことを止めようとするギョンエ。
グミからヨルムを取り戻し、サンウォンとソンギョンが結婚して欲しいギョンエ。
”幸せを願って欲しい”と話し、認めてくれるように願うサンウォン。
納得せず帰って行くギョンエ。

”1ヶ月以内にソクホ兄さんと結婚する”とヨンシム達に話すクムジュ。
そのクムジュに、”俺たちと合同で結婚式するのはダメか?”と言い出すクムドン。驚くスヨン。
グミたちがアメリカに行く前に、自分もスヨンと結婚したいクムドン。

勝手なクムドンの話に腹を立て、”父親の借金が返せるまでは絶対に結婚しない”と釘を刺すスヨン。

サンウォンが親子の縁を切ろうとすることに納得できず、泣くギョンエ。

夜中まで飲むサンミを家に送って行こうとするテソン。
家に帰るとジュノが離婚しようと言うんじゃないかと、家に帰らないと言うサンミ。
仕方なく、サンミをホテルに連れて行くテソン。

サンミを寝かせて帰ろうとするが、何か思い立ち、立ち止まるテソン。

翌朝、サンミが外泊したことに気付くジュノ。
ジュノの携帯に、サンミが泊るホテルの部屋番号などをメールで送るテソン。

目を覚ましたサンミは、ホテルの部屋にテソンが一緒に居ることに驚く。
”お前まで一緒に居てどうするの??”と戸惑うサンミ。

ホテルの部屋を出ようとしたサンミは、扉の前に居るジュノに驚く。

スポンサーリンク

第112話あらすじ

ホテルの部屋の前に来たジュノに驚くサンミ。
”誰か来たのか?”とバスローブ姿でジュノの前に登場するテソン。

サンミが男と外泊したと知っても、冷静なジュノ。
”理由は何だとしても、妻が他の男と外泊したと知ったら、手が出るのが普通じゃないのか??”と言うテソンに、”そうする理由が俺には無い”と言って帰って行くジュノ。
サンミに本当に愛想をつかすジュノ。

ジュノにホテルの部屋を教えたテソンに怒るサンミ。
”俺はお前が離婚したら嬉しいから””お前があいつと暮らすのはこれ以上見ていられない”と話すテソン。
サンミにはジュノと離婚して以前の様に堂々としていて欲しいテソン。
”私が望むのはジュノただ一人だけだ””だからジュノさんに昨晩は何もなかったと言って”と泣くサンミ。

父親の借金を返すために、洋服も買えないスヨン。
そんなスヨンに自身の持っている服を譲ることにするクムジュ。喜ぶスヨン、クムドン。

朝早く出勤しようとしたジュノだったが、急に休むことにする。
ジュノに電話が繋がらず、絶望のサンミ。

病院を休んでやって来て”サンミさんと離婚する””離婚してグミにすがってみる”と話すジュノに、驚くミョンジャ。
”もう遅いわ”と言うミョンジャに、”離婚したらグミの考えも変わるかもしれない”と言うジュノ。
こうしていたら、グミとサンミ両方を逃がしてしまうと話すミョンジャ。

サンミが男と外泊したことをジュノに知られたと聞き、そんな事をしたサンミを叱るギョンエ。
”ジュノさんが離婚しようと言ったらどうしよう?”と言うサンミに、”離婚しろ””こんな風に暮らして何の意味がある??”と言うギョンエ。
”私はジュノさんと別れる気は全くない!!”と怒るサンミ。

ミパ島に向かうグミとヨルム、サンウォン。

結婚のために、新居の事など話し合うクムジュとソクホ。
現在の自身のマンションで新婚生活を始めようと考えるソクホ。
そうなるとミョンジャはソクホのマンションを出て行くと考えるクムジュ。

もしソクホがクムジュと結婚し、ジュノが離婚したら、このソクホの小さなマンションで大人4人が暮らすのかと、慌てるミョンジャ。

ミパ島にあるボラのお墓に参るグミとヨルム、サンウォン。
実母ボラの墓に、グミが用意した花とヨルムが一番好きな絵本”僕はママが一番好き”を手向けるヨルム。
亡きボラに、ヨルムの事をもう心配しないように願うサンウォン。
ボラに、”心配しないで。ヨルムとサンウォンさんの傍には私が居る””ボラさんの分まで愛するから見守っていてください”と話すグミ。

家までグミとヨルムを送って行くサンウォン。
顔色の悪いグミを心配するサンウォンに、”海風に当たって風邪ひいたみたい”と話すグミ。
これから素朴に、幸せに、一緒の物を見ながら生きようと話すグミとサンウォン。

結婚したらソクホのマンションからミョンジャが出て行くとクムジュが思っていると聞き、焦るミョンジャ。
ジュノがサンミと離婚しようとしていることを聞き、驚くソクホ。

クムジュに電話をし、”一緒に暮らす気は無い?本当に良い嫁姑になろう””嫁いびりすると思ってる?そんなことは全くするつもりない””お前のマネージャもしてやる”とクムジュの機嫌を取るミョンジャ。

自宅に帰り、サンミに”もう止めよう””俺たち離婚しよう”と言うジュノ。

第113話に続く。

韓国ドラマ「夏よお願い」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました