スポンサーリンク

韓国ドラマ 夏よお願い 第107,108話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「夏よお願い」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「夏よお願い」107,108話あらすじ

”レストランのおじさんが本当のお父さんで、私は本当のおばあちゃん”今いるのは偽物のお母さんだ”とヨルムに吹き込むギョンエに激怒するヨンシム。

美容院で泣いているヨルムに驚くグミ。
”レストランのおじさんが僕の本当のお父さんなの?””お母さんも偽物だって・・”と泣くヨルムに、驚くグミ。

幼いヨルムに要らないことを言ったギョンエに怒るヨンシム。
”本当の事よ?”と全く悪びれないギョンエ。
実の祖母であるのに、ヨルムの事を考えないギョンエに呆れるヨンシム。
サンウォンの事を考えて悩んでいたヨンシムだったが、”ヨルムをお宅には渡せない””こんなおばあさんの下でヨルムはちゃんと育たない”と拒否する。
”訴訟をする”という強気のギョンエに、”大恥をかきたくなければ言動に気を付けろ”と強く警告するヨンシム。

ギョンエがヨルムに真実を告げてしまい、ヨルムに本当の事を説明するグミ。
”ヨルムを産んでくれたお母さんとレストランのおじさんは昔、愛する仲だったの。だからヨルムが生まれたの。だけど事情があって、おじさんはヨルムが生まれたのも知らなくて外国に行くしかなかったの。その間にヨルムのお母さんが亡くなって・・””ヨルムがおじさんの子供だというのは、お母さんもおじさんも最近知ったのよ””ヨルムがもっと大きくなってから話そうと思ってたんだけど、ごめんね。。”と話すグミ。
”あのおばあさんはどうしてお母さんを偽物って言ったの?”と泣くヨルムに、”お母さんはお腹を痛めて産んでないけど、ヨルムを心で産んだんだ。だから産んでくれたお母さんも私も本当のおかあさんよ”と話すグミ。

ギョンエが勝手にヨルムに”本当のおとうさんはサンウォン”と言ったと知り、呆れて怒るヨンスン。

”うちの義母に会ったんですか?”と言うジュノに、”あっちが義母なら私は何だ?”と腹を立てるギョンエ。神経を逆なでするギョンエとサンミに苛立つジュノ。

好きなおじさんが、本当のおとうさんだと知り戸惑うヨルム。
サンウォンと会うように話すグミ。
サンウォンに連絡し、ギョンエがヨルムにサンウォンの話をしたことを話すグミ。
ヨルムがショックを受けたんじゃないかと心配するサンウォン。

以前とは変わり、料理を作ってソクホに食べさせるミョンジャ。
詐欺に遭ってから、誰が自分の味方をしてくれるか分かったと話すミョンジャ。
お金を借りようとしても冷たく相手にしてくれなかったサンミと、500万ウォンしか持ってないのに理由も聞かずに貸そうとしてくれたクムジュを比較するミョンジャ。
ソクホがクムジュと結婚したら、クムジュがサンミの義姉になることに気付くミョンジャ。

サンミを家に呼び付けるミョンジャ。
ミョンジャへの手土産に行きつけのショップで、売れ残りのセール品を購入するサンミ。

”お金の問題はジュノが解決してくれた”と話すミョンジャ。
そんなにお金を持っていないはずのジュノが2憶も用意したと分かり、驚くサンミ。
その場にクムジュも呼び出したミョンジャ。
クムジュにため口で偉そうな態度のサンミに、”口に気を付けろ。もうすぐお前のお義姉さんになる人だ”と言うミョンジャ。驚くサンミ。

サンミとサンウォンが姉弟だと知り、驚くクムジュ。

幼稚園が終わったヨルムをサンウォンのレスランに連れて行くグミ。
河川敷に行き、ヨルムを自転車に乗せるサンウォン。喜ぶヨルム。

楽しい時間を過ごし、レストランに戻るサンウォンとヨルム。
小さなケーキを用意し、今まで一緒に祝えなかった6回分のヨルムの誕生日を祝うサンウォン。
”おじさんもヨルムが息子だと知って驚いた。そして嬉しかった””おじさんはヨルムが生まれたのも知らなかったんだ・・””だからヨルムに申し訳ないと思ってる””ヨルムに一番申し訳ないのは、近くに居ても気付かなかった事だ”と話すサンウォン。
”健康で明るく育ってくれたことを感謝する”と言って泣くサンウォンを慰めるヨルム。
”ヨルムを二度と寂しく辛くさせないと約束する””これからはおじさんとお母さんがヨルムと一緒に居る””すごく遅くなったけど、良いお父さんになる”と話すサンウォンに、”お父さん!!”と抱き着くヨルム。
その様子を外から見るグミ。

スポンサーリンク

第108話あらすじ

ヨルムに説明し、ヨルムと過ごせたことへの礼をグミに言うサンウォン。
ヨンシム達に会ってグミとの許しを貰うつもりだと話すサンウォンに、驚くグミ。
”うちのお母さんは絶対に許さない”と反対するグミだったが、”このままではいられない””グミとヨルムが絶対に居なくてはならない人だと分かった”と話すサンウォン。
サンウォンが傷つくんじゃないかと心配するグミ。

サンウォンがサンミの弟だということをクムジュから聞き、驚くクムドンとスヨン。
サンウォンとグミを結婚させたら良いと言うクムジュに、怒るヨンシム。

”話がある”とやって来たサンウォンに驚くヨンシムとジェグク。
ヨンシムとジェグクに、グミとの結婚の許しを乞うサンウォン。
世間から後ろ指刺されると反対のヨンシムに、”それが心配なら海外で暮らします。アメリカで6年暮らしていたのである程度基盤がある。十分にグミさんとヨルムを守れる”と話すサンウォン。
だけど、二人の関係を許すことは出来ないヨンシム。

ソクホがグミの妹クムジュと付き合っていることを黙っていたジュノに怒るサンミ。
どうせヨンシムたちが許さないだろうと思って、サンミにも言ってなかったジュノ。
ミョンジャへ渡した2憶はどうしたのかと問うサンミ。
自分に黙って大金を借金したジュノに腹を立てるジュノ。
ミョンジャが借金で困っているのを知っていたが”そんなお金もないし、必要も無いから断った”と話すサンミ。
ミョンジャに万が一のことがあるかもしれないのに、心配もしなかったサンミに怒るジュノ。逆ギレするサンミ。
”私たちが本当に夫婦なのか考える時が来たようだ・・”と呟くジュノ。

すぐにでもヨルムを引き取りたくてうずうずするギョンエに、”ヨルムがここに住みたがらない以上は無理じゃないか”と話すスチョル。

顔色の悪いグミを心配し、栄養剤を飲むように言うヨンシムとジェグク。

朝、ヨルムを幼稚園に送っていくためにグミたちの前に現れるサンウォン。喜ぶヨルム。

ヨルムがこの家で暮らしたくなるようになるにはどうしたら良いかと考えるギョンエ。
サンミに、”ヨルムを連れて来るから、ヨンスンを連れて出かけて夕方帰ってこい”と話すギョンエ。
ヨンスンを書店に連れ出すことにするサンミ。
子供が好きな料理をケータリングし、スチョルにおもちゃを買ってくるように指示するギョンエ。

サンミがプレゼントしてくれた服が気に入らず、ショップに交換に行くミョンジャ。
そこで、その服が返品や交換不可能の売れ残りのセール品だと分かり、またサンミに腹を立てるミョンジャ。

顔色の悪いグミを心配するジェグク。ヨンシムに言われたように栄養剤を買いに出ることにするグミ。
代わりにヨルムの子守をすることにするジェグク。

庭で花の絵を描いて遊ぶことにするヨルム。疲れたジェグクは居間で転寝をしてしまう。
ジェグク邸の庭をのぞき込み、ヨルムを見つけるギョンエ。
グミも薬局に寄ってから来るからと、”おばあちゃんの家に行こう””おばあちゃんの家に来たらおとうさんも来るよ”と誘うギョンエ。
誰にも言わずにギョンエに付いて行ってしまうヨルム。

薬局から帰ってきたグミは、ヨルムの姿が無いことに気付く。
ヨルムがどこにも居らず、慌てるグミ。
ヨンシムからヨルムが居なくなったことを聞き、驚くサンウォン。

大きく立派なヨンジン邸に来て、喜ぶヨルム。
子供の好物をたくさん用意して食べさせ、沢山のおもちゃも与えるギョンエ。

ヨルムの行方を必死に探すグミとサンウォン。
ヨルムは携帯も置いたまま居なくなり、焦るグミ。

”ヨルムがここで暮らしてくれたら嬉しいな””ここに来たことをお母さんとお父さんに内緒にしてくれない?”と話すギョンエ。
そんなギョンエをおかしいと感じ、”お母さんとお父さんはどこ?””ここに来たら居るって言ったでしょ?”と言うヨルムに、”突然用事が出来て’・・”と誤魔化すギョンエ。
”僕は家に帰る。お母さんのところに連れてって”と泣き出すヨルム。

ヨルムをギョンエが勝手に連れて行ったんじゃないかと疑うヨンシムは、ギョンエに電話をしてみろとサンウォンに言う。ギョンエの携帯に電話をしてみるサンウォン。

サンウォンの電話に、誤魔化そうとするギョンエ。
電話口から”おばあちゃん嫌い!おばあちゃんは嘘つきだ!”とヨルムの泣く声が聞こえ、驚くサンウォン。

第109話につづく。

韓国ドラマ「夏よお願い」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました