韓国ドラマ 台風の新婦 第23,24話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「台風の新婦」登場人物・キャスト紹介はこちら。あらすじ一覧はこちら


韓国ドラマ「台風の新婦」第23話あらすじ

訪問してきたペクサンたちからパラムの写真を見せられるが、”知らない子供だ”と答える施設の院長。
だが、その院長の様子からパラムのことを知っているのではと感じるペクサン。

ペクサンとの関係を尋ねる院長に、”一時はお父さんで、恋しかった人だ”と答え、パラムだった事を隠さなければならない事情なども話すソヨン。

テプンの見舞いに行ったジョイは、テプンが情報をパダから受け取っていないことに驚く。
パラムが死亡した記録は無く、生きている可能性が高いことを知るテプン。

ジョイから聞き、パラムがいた可能性の高い施設に向かうテプン。

院長と話している途中、そこにやって来たテプンに驚くソヨン。
”どうしてここにあなたが居るんだ??”とソヨンがパラムなのではと疑うテプンに、”ソヨンは私の実の娘だ”と話す院長。
それでも疑うテプンに、他の子の資料を見せて納得させる院長。
すでにそこにペクサンもやって来ていたと知り、驚くテプン。

”俺がパラムを探しに行くとどうして いつもそこにソヨンさんが居るんだ?””まるでパラムのように”と言うテプンに、誤魔化すサンドゥル。
サンドゥルが何か知っているのではと考えるテプン。

ペクサンが院長の話を信じてないことが分かり、”パラム”がちゃんと死んだ証拠を見せようと考えるソヨン。

インスンとパダを連れ、”パラムの遺骨”がある納骨堂に連れて行くスンヨン。
本物なのか疑う二人に、”信じられないなら遺伝子検査したら良い””ペクサン会長の子供なんだから”と言うスンヨン。

パダから聞き、”パラムの納骨堂”に向かうテプン。
そこに手向けてあった菊の花を見て、本物のパラムがここに来ていたことに気づくテプン。

急いで納骨堂の周りを探したテプンは、そこに居たソヨンが幼いパラムと同じ歩き方をしていることに気づく。
ソヨンがパラムだということを確信するテプン。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「台風の新婦」第24話あらすじ

パラムだということを隠したいソヨンの気持ちを察するテプン。
”妹パラムは死んだ”と分かったふりをして、”ソヨンさんの言う通り、全部忘れて自分の人生を生きる””それが妹に対する最後のプレゼントだって・・”と話すテプン。

新製品は公平に株主達に評価してもらうことを提案するサンドゥル。了承するペクサン。

ペクサンに、パラムの納骨堂の写真を見せるパダ。
パラムは実の子供ではないからDNA鑑定できないが、そこまで言うからにはそれは本当のパラムの遺骨だろうと考えるペクサン。

サンドゥルから、マ元刑事が行方不明だと聞くテプン。

ジョイとテプンの結婚を勝手に決め、”両家の顔合わせ”をすると言い出すインスンに驚くペクサンとヨンジャ。

インスンがユニそっくりのモヨンに会ったら大変なことになると考えるペクサン。
モヨンに会いに行き”母が反対しているので・・”と破談を申し出て謝罪するペクサン。驚くモヨン。

モヨンの娘ジョイとは破談にし、次の見合いをするようにテプンに命令するペクサン。

テプンのことを好きなジョイに、破談になったと言い出せないモヨン。
モヨンから連絡を受け、テプンとジョイの縁談をペクサンが勝手に破談だと伝えたことが分かるインスン。
この縁談の件で直接会うことにするインスンとモヨン。

ソヨンたちの新製品のサンプルが出来上がったのが分かり、夜間にソヨンのデスクを探るパダ。

モヨンとの待ち合わせの場所に行き、モヨンの顔を見て驚くインスン。

第25話に続く。

韓国ドラマ「台風の新婦」登場人物・キャスト紹介はこちら。あらすじ一覧はこちら

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました