スポンサーリンク

韓国ドラマ 優雅な母娘 第83,84話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「優雅な母娘」83,84話あらすじ

ユンギョンとジェミョンの言い合いを聞き、自身の生みの母親が生きていることを知るヘジュン。
ユンギョンも、自分(ヘジュン)が実の息子じゃないと知っていることにも驚くヘジュン。

”もうこれで復讐は終わりにする””これ以上子供たちを犠牲に出来ない”と話すキャリーに、礼を言うユジン。
”これでトロントに帰るんでしょう?””みんなでカフェをして・・”とカナダでの生活の構想が膨らむデニー。
だが、まだ韓国に居たい様子のユジンとキャリーの様子に驚くデニー。

ウナからは実の母親は分娩中に死んだと聞いていたヘジュン。
自身が生まれた日にミングク病院で子供を産んだ産婦の名簿を手に入れるように、秘書に頼むヘジュン。
その秘書から、数日前にユンギョンから同じような指示を受けたと聞く。
その名簿の中に実の母親が居るのかと、緊張するヘジュン。

実の息子じゃないと分かってユンギョンもショックを受けただろうが、自分の事を気遣ってくれた気持ちを慮るヘジュン。

”もしかして、僕が病院に居る時に、誰か訪ねてきた人が居なかった?””知らない人とか、初めて見る人とか”と尋ねるヘジュンに、”いいえ。ジェニス(ユジン)とかウナの家族しか・・””そうだわ、キャリーも来たわ”と話すユンギョン。”キャリーが??”と驚くヘジュン。
”キャリーも事情があったんだから過ぎたことは恨んだりしないように”と話すユンギョン。

主力ラインの新製品を理事たちに披露し、高評価を受けるユジンとヘジュン。

ヘジュンの入院中、”キャリーがすごく心配して、申し訳なく思っていた”とユジンから聞くヘジュン。
ユンギョンから、キャリーの亡くなった息子はどこに埋葬されたのか尋ねられたことを聞き、”どうしてキャリーの息子に関心が?母さんに何の関係が?”と疑問が生まれるヘジュン。

ユンギョンに渡したものと同じ、当時のミングク病院新生児治療室の”産婦名簿”を秘書から受け取るヘジュン。
その名簿の中から”チャ・ミヨン”の名前を見つけ、”チャ・ミヨンって・・キャリーだけど?”と驚くヘジュン。

”お前、もしかしてお姉さん(ユラ:キム・ヒジョン)に、出て行くように圧迫したんじゃ?”と言うウナに、”姉さんが行方不明にしたのも私のせいにして、今回出て行ったのも私のせいだっていうの??”と腹を立てるセラ。
ジェニス(ユジン)がユラ(キム・ヒジョン)に会っていたことをセラから聞くウナ。

ユジンの元に行き、どうしてユラ(キム・ヒジョン)に会っていたのか問い詰めるウナ。
ヘジュンの誘拐の報復として、ユジンがユラを隠しているんじゃないかと疑うウナに、呆れるユジン。
仕方なく、キム・ヒジョンは偽物だと話すユジン。信じないウナに、家に帰ってセラに聞けと言うユジン。

ユジンが、ユラ(キム・ヒジョン)が偽物だと言っていたが本当なのかとセラを問い詰めるウナ。
キム・ヒジョンはお金のためにユラになってこの家に入って来たことを話すセラ。
証拠として、キム・ヒジョンがセラに成りすますためのメモを書いた手帳を見せるセラ。ショックを受けるウナとインチョル。

キム・ヒジョンがウナの家から出て行ったことをオ秘書から聞くキャリー。
ウナたちが偽物だと気づかなければそれで良いと考えるキャリー。

珍しいシナモンアレルギーがキャリーにも有ったことなども思い出し、実の母親がキャリーだという事もあり得るのか?と考えるヘジュン。
キャリーから聞いた”チャ・ミヨン”の気の毒な身の上話を思い出し、混乱するヘジュン。

寝袋に入って書斎で眠り、意地でも家に居座わろうとするジェミョンを力づくで追い出すユンギョン。

キャリーが実の母親なら、キャリーもそのことを知っているのか?と考えるヘジュン。
ユジンとヘジュン、ユンギョンも一緒に食事をするキャリー。
年内にヘジュンとユジンが結婚式を挙げたら良いと考えるユンギョン。
ユジンの母親と会おうと考えるユンギョンに、”来週外国から戻って来る”と話すキャリー。

突然暴走して来たオートバイからとっさにヘジュンを引っ張って助けるキャリー。驚くヘジュン。

そのキャリーの事が頭から離れず、急いでキャリーに会いに行くヘジュン。
突然やって来たヘジュンに驚くキャリーに、”もしかしてキャリーが・・・私を産んでくれた方ですか??”と尋ねるヘジュン。

スポンサーリンク

第84話あらすじ

ヘジュンから”もしかして、私を産んでくれた方ですか?”と尋ねられ、泣くキャリー。
そんなキャリーを抱きしめるヘジュン。
”ごめんなさい・・息子だと気づかなくて、今まで私がお前にした事を考えたら・・!”と号泣するキャリーに、”お母さん・・産んでくれてありがとう”と礼を言うヘジュン。
”今までどうして言わなかったんですか?”と尋ねるヘジュンに、”自分のせいでまたヘジュンが傷つくのを心配し、最後まで隠したかった”と話すキャリー。

”お父さんはどんな方でしたか?”と尋ねるヘジュンに、”お前を見る度にミョンホさんを思い出して変だと思っていたけど・・””本当に良い人だった。優しくて誠実で・・””お前は本当にお前のお父さんに似ている””お父さんもお前がこんなにちゃんと育っているのを知ったら喜ぶだろう”と話すキャリー。

ミョンホが眠る川にヘジュンを連れて行くキャリー。
亡き父ミョンホに産んでくれた礼を言い、これからは母親(キャリー)を自分が守ると話すヘジュン。

以前、自分の実の母親は未婚の妊婦で、亡くなって川に散骨されたと聞き、自分の実の母親だとは確証が無いけどこの川に来たことをキャリーに話すヘジュン。
この川で会っても、ヘジュンを息子と分からなかった自身を悔やむキャリー。
キャリーが実の母親だという事を自分が知っていることを、ユンギョンは知らないまま居て欲しいと話すヘジュン。
そう願うヘジュンに同意し、ユジンにもヘジュンとの親子関係は内緒にすると約束するキャリー。

お金が無くなり、またユジンに連絡して来るキム・ヒジョン。
ウナたちが捜索願を出してしまい、昔の職場にも戻れないキム・ヒジョン。
”ヘジュンはジェイグループの血縁ではない””ク・ジェミョン会長でも、その奥様の子供でもない”と話すキム・ヒジョンに、驚くユジン。

3年前と同じようにイクソン洞でデートをするヘジュンとユジン。
”俺たち、結婚しよう”と言うヘジュン。
軽くプロポーズするヘジュンに不満のユジンに、”今度正式にプロポーズする”と約束するヘジュン。

”キャリーはどんな人?”と尋ねるヘジュンに、”同じ女性として可哀そう・・尊敬できる””ベットで気楽に眠ったことが無く、復讐が終わるまで楽に寝ることは出来ないって・・”と話すユジン。
ヘジュンが入院している時にキャリーが、これ以上大人たちの事情で子供たちを苦しめることが出来ないと、もう復讐を止めたことを話すユジン。

デニーと一緒に食事をしながら、ヘジュンを2度も殺そうとしたことを告白するセラ。
そんなセラを可哀そうに思うデニー。
デニーはキャリーの養子で、実の両親はもう亡くなって居ることを知り、驚くセラ。

今月内にヘジュンと結婚式を挙げるようにユジンに話すキャリー。

医療機器の店で寝泊まりするジェミョンに腹を立て、早く離婚届に判を押すように迫るユンギョン。

亡き父ミョンホの事を考えるヘジュン。
ジェミョンからの連絡を受けるが、無視するヘジュン。

ユンギョンから離婚を迫られ、ヘジュンを頼るしかないジェミョン。
会長の席ではなく、本部長で居るヘジュンに小言を言うジェミョン。
キャリーにちゃんと謝罪し、罪を償うようにジェミョンに言うヘジュン。
以前とは違って冷たい態度のヘジュンに、”キャリーが実母だと言うことを知ったのか??”と勘繰るジェミョン。
育ててくれた父親が実の父親を殺した張本人で、これからどうしたらわからず、非常階段で一人で泣くヘジュン。

ヘジュンとユジンの結婚の件で、ユンギョンと会って話をすることにするキャリー。

キム・ヒジョンと会い、ヘジュンがユンギョンの子供ではなく、”赤ちゃんがすり替わった”と聞き、驚くユジン。

第85話につづく。

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました