スポンサーリンク

韓国ドラマ 優雅な母娘 第49,50話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「優雅な母娘」49,50話あらすじ

”チャ・ミヨンさんをご存知ですか?”とインチョルから尋ねられ、”知らない人だ”と答えるキャリー。
”30年前にソウル刑務所で服役させてたでしょう?”と言われ、”私を調査したんですか?”と不快感をあらわにするキャリー。
”人を探していて偶然に・・”と弁明するインチョル。
インチョルが死んだことになっている”チャ・ミヨン”を探していると分かり、驚くキャリー。

”貧しい時代に家賃を払えなくて詐欺罪で訴えられて服役した”と自身がソウル刑務所に服役していたことを認めるキャリー。
”ミヨン姉さんね。思い出したわ。悔しく家族を失って冤罪まで被ったと辛そうにしていたことを覚えている。酷く昔の事だから忘れていたわ”と話すキャリー。
”どうしてミヨン姉さんを探すんですか?”と尋ねるキャリーに、”昔知り合いの先輩の奥さんだった。会って話があって・・”と答えるインチョル。
死んだはずのミヨンをどうして探すのか?自身を疑っているのか?と詮索するキャリー。

誘導尋問しようとするインチョルに、ミヨンは火事で死んだことを話すキャリー。
”亡くなったんですか??”と驚くふりをし、”私が間違ったことをした。許しを得たかったのだが、永遠に機会を失ったな。。”と呟くインチョル。

ユジンに腹を立て、”ユジンの母親”を侮辱するウナ。
自身の母親についてウナが調査したことが分かったユジンは、”また(母親に)忠告する機会をあげます。母さんは韓国に居る”と話すユジン。

インチョルは、チョン・ミエ、ミヨンと同部屋だった人物を探すが、見つけた2人のうち1人は病気で意思疎通も出来ない状態だった。

キャリーから、ジェニス(ユジン)の父親は化粧品の研究員ではなかった事を聞くヘジュン。
”ジェニスの母親”の事を尋ねられ、”事業をされているようだ”と答えるキャリー。
キャリーに、”ファッションパークの予定地に一緒に行きましょう”と提案するヘジュン。
ヘジュンとジェニスが見に行っていたら十分だと、断るキャリー。
ファッションパークに興味深々のキャリーが視察を断ることに驚くヘジュン。

自身の子供を作らないという条件で、ジェイグループの前身ジェイ化粧品の婿となったジェミョン。
だが、外に隠し子を作っているジェミョンは、その子を将来ジェイグループの後継者にしようと企む。
トランポリンで遊ぶ息子の動画を見ながら、喜ぶジェミョン。
その様子を見るセラ。慌てて隠すジェミョン。
子供の動画を楽しそうに見るジェミョンが早く孫の顔を見たいのかと勘違いするセラ。

キャリーのマフラーを取ろうとするウナに、”ミヨンの物よ”と拒否するソル看護師。
”ミヨン?・・このマフラーはミヨンがくれたの?”と苛立ちながら尋ねるウナ。黙るソル看護師。

”チャ・ミヨンの事を言っているの???””忌々しいのにどうしてその名前を言うの!!”とソル看護師を責めるウナ。
車いすから倒れて泣くソル看護師。
そのウナの怒鳴り声を聞き、慌ててソル看護師の病室に入るキャリー。
”この方の保護者は??”とキャリーに尋ねられ、”この方です・・”とウナを指す看護師。焦るウナ。

ソル看護師がキャリーがくれたマフラーを”ミヨンの物だ”と言ったとウナから聞き、驚くインチョル。

ララ皮膚科の中国進出のためにンジェイグループではなく、ノラファッションと手を組むことにしたウナに憤慨するジェミョン。
ノラファッションと手を組んで、いずれはノラファッションを手にれるつもりだと話すウナ。
そうなったらデトックスラインも再び手に入れることが出来ると話すウナに、喜ぶジェミョン。

ノラファッションの経理課長と親しくなり、情報を得ようとするヘジュン。
ワーキングママの経理課長とその子供に親切に接するヘジュン。

刑務所でミヨンたちと一緒の同部屋だった女性の一人と連絡が取れ、急いで会いに行くインチョル。

キャリーと一緒に施設のボランティアで赤ちゃんの世話をするユジン。
”私は生まれた時何キロだった?”とユジンから尋ねられ、”3㎏に満たなかった・・”と言葉を濁すキャリー。
産んで育ててくれたことを感謝するユジンに、複雑な思いのキャリー。

ミヨンたちと同部屋だった女性は、チョン・ミエの名前も覚えていなかった。
”写真は無いの?”と言われるが、持っていないインチョル。
ミヨンの事を尋ねると、その女性はミヨンのことを思い出し、ミヨンと仲の良かったチョン・ミエの事も思い出す。
ミヨンとチョン・ミエは実の姉妹のように仲が良く、出所後も一緒に住んでいたようだと聞き、驚くインチョル。

ミヨンとチョン・ミエが仲が良かったことをインチョルが知ったと、キャリーに報告するデニー。

スポンサーリンク

第50話あらすじ

美人のミヨンを覚えていて、そのミヨンの仲良しだったミエの事も思い出した女性。
その話を聞いて驚いたインチョル。

キャリーとミヨンが刑務所で一緒で親しかったとインチョルから聞き、驚くウナ。
ミヨンの代わりに復讐するためにキャリーが自分たちに近づいたのか?と疑心暗鬼になるウナ。
ソル看護師の発作が出だしたのも、キャリーと出会ってからで、自宅に脅迫電話や変な荷物が届いたのもキャリーに出会ってからで、これらは偶然じゃないんじゃないかと不安になるウナ。

キャリーに気を付けろと、ジェミョンに忠告するインチョル。
キャリーが刑務所で、ミヨンと実の姉妹みたいに仲が良かったと聞き、驚くジェミョン。
そんなにミヨンと仲が良かったなら、自分たちについての話を聞いていて自分たちに良い感情は持ってないはずだと話すインチョル。
復讐するために現れたのかと考えるインチョルに、”30年ぶりに友情のために?”とその話に信じられないジェミョン。
キャリーから投資を受けたのはすでに1000憶近くあり、今更手を切るのは難しいジェミョン。

キャリーが詐欺の前科者だと聞き、驚くユンギョン。
その上、ミヨンと同部屋ですごく親しかったようだと話すウナ。
”これは偶然だろうか?ミヨンが私たちの話をしないだろうか?ミヨンにとって仇なら、キャリーも私たちを良く思わないはずだ””子供が死んだことや特許を奪われたことを復讐しようと近づいたのではないか”と話すウナに、”代わりにキャリーが??”とその話を信じられないユンギョン。
ユンギョンに”当分の間、キャリーとは一緒に行動するな”と話すが、”キャリーの家には行ってみよう”と言うウナ。

もしかしたらキャリーが借名してジェイグループの株式を取得している可能性もあり、キャリーが保有している株式を調査することにするジェミョン。

オ秘書を呼び出し、”キャリーとソル・ミヒャンは元々の知り合いなんでしょう?”と尋ねるウナ。
”叔母が療養院に居るせいで知り合った。叔母はソル・ミヒャンさんを可愛がっている”と答えるオ秘書。
”何のためにソル・ミヒャンに近づいたのか教えて。謝礼はたっぷりする”とオ秘書を買収しようとするウナ。
”私は社長(キャリー)の私的なことで知っていることは無い””直接調べてください”とお金を受け取らずに断るオ秘書。

仕事で遅くなったノラファッションの経理課長の子供の面倒を代わりに見るヘジュン。
そんなヘジュンに感謝する経理課長。

インチョルがチョン・ミエの写真を入手したようだとキャリーに報告するデニー。
開発規制地域グリーンベルトについての記事を出すように指示するキャリー。

”ジェイグループ、野党国会議員との癒着によってグリーンベルト開発の特別恩恵疑惑”という記事を見て青ざめるインチョルやジェミョン達。
インチョルは記事の出先を調査し、カン議員が出した資料が浮かび上がる。
この間、キャリーが会いに来た国会議員はカン議員じゃないかと考えるインチョル。

世論の様子から、グリーンベルト解除は延期になるだろうとジェミョンに話すヘジュン。
そうなるとファッションパーク建設も中断され、そうなると多額の損害を出してしまうと頭を抱えるジェミョン。
そんなジェミョンに会いに行くキャリー。

この間、ファッションパークを見に行こうと誘ったが断ったキャリーが、まるで工事中止になるのを知っているかのようだったと感じるヘジュン。
”変じゃないか?キャリーが投資する度に良くない事が起こる””今日も記事が出たらすぐ来たじゃないか”と疑うヘジュンに、”キャリーが問題に関連している根拠は何?”と誤魔化すユジン。

”ここまでの縁のようだ””ここで整理をしましょう””グリーンベルト解除できなかった場合は契約通り、着手金の500憶を返さなければならない”と迫るキャリーに、焦るジェミョン。
慌てるジェミョンに、”私が一つ譲歩しましょう。一旦、あの土地を渡しに名義移譲してください”と迫るキャリー。応じざるを得ないジェミョン。

あの日、キャリーがやはりカン議員に会いに来ていたことが分かるインチョル。
今回の記事で、国会議員インチョルの立場も危うくなり、自身の病院にも飛び火するんじゃないかと恐れるウナ。

子どものために、会社を辞める決心をしたノラファッションの経理課長は、ヘジュンに会社の話をすることにする。
”カン社長は雇われ社長に間違いない”と話すが、実際の社長が誰なのかは知らない経理課長。
資金が流れているのは中国ではなく、”カナダの女性”だ聞き、驚くヘジュン。

ヘジュンから話を聞き、ノラファッションのバックに居るのはキャリーじゃないかと考えるインチョルたち。

ノラファッションの真のオーナーが誰だかそのうち明らかにするつもりだが、ジェミョン達が探せないようにカナダの資金ルートを閉じるようにオ秘書に命じるキャリー。

ジェニス(ユジン)とキャリーが現れたのが同時期で、同じカナダ出身というのが引っかかるヘジュンは、ジェニス(ユジン)と繋がっているのはノラファッションのカン社長ではなく、キャリーじゃないかと疑い出す。

第51話につづく。

韓国ドラマ「優雅な母娘」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました