スポンサーリンク

韓国ドラマ 優雅な母娘 第47,48話あらすじ

スポンサーリンク


韓国ドラマ「優雅な母娘」47,48話あらすじ

ソル看護師に新生児の名前ベルトを見せて、反応を窺うウナ。
ベルトを見て怯えるソル看護師に、”すっかり忘れていると思ってたのに・・””30年前のことを覚えているの??”と苛立つウナ。
”私はしなかった”と言うソル看護師に、”私はしていない。お前がしたんだ。だから苦しんでいるんじゃないの。忘れろって言ったでしょ!!”と怒鳴るウナ。

ウナがソル看護師を”全部忘れろ!”と怒鳴って刺激したと報告を受け、驚くキャリー。

このままソル看護師をこの療養院に置いておくのは不安なウナ。
”地下病棟がダメなら、他の病院に転院させる”と苛立つウナに、”そんなに不安ならソ院長(ウナ)の家に移したらどう?”と言う療養院院長。
キャリーが”ソル看護師の保護者”に会いたいと言っていたと聞き、焦るウナ。

キャリーこと”チョン・ミエ”、ミヨンと刑務所で一緒の部屋だった2人を探し出すインチョル。

セラが結婚して家を出た後にソル看護師を家に連れてきたら良い、それまでどこかに預けられる場所は無いかとインチョルに相談するウナ。

キャリーのレストランで楽しそうな笑い声を聞くジェミョン。
笑って楽しそうに話していたのがキャリーとジェニス(ユジン)だと分かり、驚くジェミョン。
”監視”のためにジェニス(ユジン)に会っている事、”カナダのことを話していたら笑うことが多かった”と誤魔化すキャリー。納得するジェミョン。
特許盗取の件でヘジュンを犠牲にしたとユンギョンから責められているジェミョンは、キャリーに助けを求める。

情報を得るためにノラファッションの職員に近づこうとするヘジュン。

本部長だったヘジュンはファッションパーク部署のチーム長、商品開発チームのチーム長だったセラは、物流チームの平社員に降格となる。

ジェニス(ユジン)の母親は化粧品会社の研究員だったらしいとヘジュンから聞き、もしかして昔特許を奪われた人間かもと疑うジェミョン。

”いつからうちの会社に興味があったんですか?ジェイ化粧品の時代から?”とユジンに尋ねるヘジュン。
”一所懸命身辺調査したみたいだけど、直接調べてみたら”と相手にしないユジン。

物流チームへの左遷が気に入らず、ヘジュンと同じ部署に異動させてほしいとジェミョンに掛け合うセラ。”この際会社を辞めたら?”と話すジェミョンに、受け入れないセラ。
”一旦は懲戒委員会に従いなさい”と宥めるジェミョン。

キャリーからダウンコートをプレゼントされ、笑顔になるソル看護師。嬉しいキャリー。

キャリーとユンギョンは療養院でダウンコートをプレゼントする奉仕活動をする。
それを院長から聞き、”ユンギョンがソル看護師に会ったら・・”と焦るウナ。

ファッションパークの建設予定地の様子を見に行くユジンとヘジュン。
現場の土にパンプスがはまってしまい、倒れそうになったユジンをとっさに助けるヘジュン。
地面に作られた二人の靴の形を見て、イクソン洞での出来事を思い出すユジンとヘジュン。
寒そうなユジンに、自身のマフラーを掛けるヘジュン。

屋上の監視カメラ映像の件をデニーに尋ねてみようかと考えるセラは、デニーを食事に誘う。

ユンギョンを連れて、ソル看護師の病室に行くキャリー。その場面に遭遇し、驚くウナ。
ソル看護師が元看護士だと聞くユンギョン。
”どこかで見たことがあるような・・”とキャリーに話すユンギョン。その様子を見て焦るウナ。

”孤児でも愛するかと尋ねたのを覚えている?””あの時どうしてそんなことを尋ねたの?”と言うユジンに、驚くヘジュン。
意味無くただ質問しただけだと誤魔化すヘジュン。

ソル看護師に会ったことがあるような気もするが、思い出せないユンギョン。
キャリーから、”あの患者は以前小児科で働いていたらしい”と聞き、”ウナと一緒に仕事していた看護師かしら?”と考えるユンギョン。
ウナが何を隠しているのか、なんとしてでも探し出したいキャリー。

”ジェイグループに何か恨みでもあるのか?復讐心から俺に近づいたのか?”とユジンに尋ねるヘジュン。

スポンサーリンク

第48話あらすじ

”ジェイグループに恨みがあるのか?復讐心から近づいたのか?”と問われ、”小説でも書いたらどう?”と誤魔化すユジン。

酒を飲みながら、””どうしてみんなジェニス(ユジン)を好きになるのか?”とデニーに絡むセラ。
自分たちでヘジュンとユジンを引き離そうと提案するセラ。
”ママに屋上の映像を送ったのはお前でしょ?”と言うセラに、”知ってるなら、ユジンを苦しめるのは止めろ。次はネットに流すかもしれない”と警告するデニー。

セラを物流チームに左遷させたことを不満に思い、ユンギョンに会いに行くウナ。
療養院でしたボランティアの事が気になり、それとなく聞き出そうとするウナ。
”患者のソル・ミヒャンさんって知ってる?”と尋ねられるが、”私がどうして知ってるのよ??”と慌てて否定するウナ。
”どこかで見たことがある気がして・・小児科の看護師だったというから、ウナの下で働いていたのかと思って””(その患者が)私の事を知っているような気がして”と話すユンギョンに、焦るウナ。

本物のチョン・ミエが祀られている寺に行き、ミエの位牌に挨拶をするキャリー。
”母さんのいるカナダに一緒に行こう”とミエに言われた言葉で、助けられたキャリー。
カナダでミエの母親に会ったら、ミエの代わりに娘となって孝行しようと考えていたキャリーだったが、ミエの母親とは会えなかったことをミエに報告する。

一刻でも早くソル看護師を転院させたいが、なかなか転院先が見つからずに焦るウナ。

翌日、ヘジュンが貸してくれたマフラーを返すユジン。それに気づき、嫉妬するセラ。

ジェニス(ユジン)の父親は化粧品研究員ではなく、化粧品には全く関わらない人間だったと報告を受けるヘジュン。
混乱するヘジュンは、キャリーを頼ることにする。
”ジェニス(ユジン)には私が聞いてみるわ”と快諾するキャリー。

鉢植えのローズマリーの香りを嗅ぐヘジュンに、亡き夫ミョンホの姿が重なるキャリー。
思わず”ミョンホさん・・”とつぶやくキャリーに、驚くヘジュン。

ワン会長支援でララ皮膚科が中国進出をすると、ジェイグループではなくノラファッションと手を組むこととなり、悩むウナ。
だが、契約破棄すると莫大な違約金がかかるため、ノラファッションを選択することにするウナ。

ヘジュンがジェミョンの実の息子ではないことをネタに、破談できないように脅したことをユジンから突きつけられ、驚くウナ。
自分は言ってないと否定し、”ヘジュンがどうやって知ったのか私も気になる”と誤魔化すウナ。
ウナがヘジュンに話し、破談にしたら全てを明らかにすると脅したと考えるユジン。
それを口外したら、ヘジュンがダメージを受けるだろうと脅すウナに、’ヘジュンがダメージを受けたらセラも無事ではない。ジェミョンの実子ではないと明らかになったら、ヘジュンがセラと結婚する意味が無くなるから”と言い返すユジン。

不動産のことで他の国会議員に会いに来たキャリーは、インチョルの事務所も尋ねる。
”尋ねたいことがあります。チャ・ミヨンさんをご存知ですか?”とキャリーに尋ねるインチョル。

第49話につづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました