スポンサーリンク

マイヒーリングラブ~あした輝く私へ~(私の愛の治癒記) 第45,46話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「私の愛の治療記」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「私の愛の治療記」45~48話予告動画


※韓国では4話連続放送です。

「私の愛の治療記」45,46話あらすじ

チウが孫のチユだと確信しているヒョシル。
警察でした遺伝子検査で、ジェハクと合致した人間は誰なのかと納得できず、チウを連れて警察に行くことにするヒョシル。

誰が間で何かしたんじゃないかと疑い、警察に怒るヒョシル。
警察の遺伝子検査に手違いがあったとは考えられず、チウが嘘を付いているんじゃないかと疑う刑事。怒るヒョシル。
他の機関でチウと一緒に受けた遺伝子検査の結果を刑事に突きつけるジェハク。
事実をハッキリさせるために、再びここで検査をしたいと話すチウ。
再度遺伝子を採取し、この間した遺伝子検査の検体と同一の物か確認して欲しいと話すジェハク。
だが、以前のジェハクの遺伝子はすでに廃棄の申請済だと話す刑事。
ソンジュが遺伝子の廃棄に同意したと分かり、驚くジェハクやヒョシルたち。
”もう娘は見つかったから破棄しても良いかと・・・”と誤魔化すソンジュ。
廃棄の手続きが取られたジェハクの遺伝子はまだ廃棄されていないことが分かり、廃棄を中止するように話すジンユ。青ざめるソンジュ。
警察で、再び遺伝子検査するチウとジェハク。

気分の沈むチウを外に連れ出し、気分転換させるジンユ。
“チユは1981年10月14日生まれだ”と、チウの本当の誕生日を教えるジンユ。
チウのリクエスト通り、漢江のコンビニで一緒にラーメンを食べることにするジンユ。
”こんな日が来るのをずっと待っていた。誰が何といっても俺の妹チユだ。だから不安になるな”とチウに話すジンユ。

迷子のチウをサムスクが見つけたのが5月だったから、チウの誕生日のごちそうはいつも5月に用意してくれていたサムスク。
”私の本当の誕生日はいつなのか気になっていたけど・・秋だったのね・・”と呟くチウ。
”私がある部屋で、真珠のネックレスをかけて遊んでいた事を時々思い出す。夢だったような気もするけど。。”とジンユに話すチウ。

姉チウが、イユの実の姉だと分かったチュチョル。
自身がイユと付き合う事で、チウが困ることになるんじゃないかと懸念するチュチョル。
難しい状況だが、これからも付き合っていくことにするチュチョルとイユ。

チュチョルの元コーチであるカン館長の家で、居候させてもらうことに決めたサムスク。
カン館長の娘ヘスも合宿先から帰って来て、サムスク達と一緒に食卓を囲む。

チウの夫ワンスンを食事に招待することにするヒョシルたち。自分たちは招待されずにがっかりするイボクw
親を探すように背中を押してくれた舅ブハンに感謝するチウ。
ブハン達の家から出て行くことを決め、荷物をまとめるウンジュ。
ハヌルを保育園に預けて働くつもりのウンジュ。

スポンサーリンク

第46話あらすじ

ミヒャンの電話番号を”インターネット”という名前で登録しているワンスン。
ワンスンの携帯に来たミヒャンのメールを、インターネットの勧誘DMだと思うチウ。
どうして携帯にロックをかけているのか尋ねるチウに、”店の子供の客がいたずらするから・・”と嘘で誤魔化すワンスン。

チウに、真珠のネックレスをかけて遊んでいた記憶があることをヒョシルたちに話すジンユ。
”もしかして、お前のネックレスで遊んでいたのでは?”とソンジュに言うジェハク。
”何か思い出しているのでは??家に連れてこなくては。連れてきて少しの記憶でも思い出さなければ”と話すヒョシル。
自身の真珠のネックレスで遊んでいた幼いチユの姿を思い出し、”チユが覚えていたら・・あの日の事まで覚えていたら・・”と不安で震えるソンジュ。

ハヌルを連れ、ブハン達の家を出て行くウンジュ。
新生活で物入りなウンジュに、家の中の物を持って行かせるブハン。ハヌルに帽子を編んでプレゼントするチウ。
平気な振りをするがハヌルが気になり、寂しそうに見送るイボク。

ヒョシルの孫娘が見つかったと聞き、祝いに駆けつけるユンギョン。
図々しく顔を見せるユンギョンに腹を立てるヒョシル。
”訴訟を取り下げろ”と言うヒョシルに、”そうしたら、私に機会をくださいますか?”と言うユンギョン。
”ジンユの気持ちを取り戻す自信がある。やり直せる。以前の様に戻って幸せに暮らしたい”と話すユンギョン。
弁護士を呼んで、接近禁止の申請をしなければと怒るヒョシル。

ウンジュのアパートで、引っ越しを手伝うチウ。
ウンジュの携帯だけでは不安に感じ、家の電話も工事をして引いてやるブハン。

社員対象に新プロジェクトデザインの人気投票をするが、チウのデザインが1番になる。
それが気に入らず、チウに辛く当たるデザイン室長。
その様子を見て、”イム作家(チウ)が誰だか知ったらデザイン室長は気絶するだろうな。ジンユに言おうか?怒れって”とチウに話すチョンチーム長w

携帯に登録してあるチウの名前を、”私の妹チユ”に替えるジンユ。
今回の遺伝子検査は担当刑事が直接機関に持って行ったから心配しなくていいとジェハクに話すジンユ。

チウがハンスグループの娘だと知ったジョンスンは、チウを呼び出し、何でも力になると話す。
ジョンスンに、ウンジュが家を出て行ったことを話すチウ。
事務所にミヒャンが現れたのが分かり、チウと顔を合わさないように慌ててミヒャンを連れ出すワンスン。

食事に招待したチウとワンスンを連れて帰るために、ジョンスンの事務所の前に車を停めるジンユ。
そこでミヒャンと揉めるワンスンの姿を見て、二人の仲を察して怪訝な表情になるジンユ。
チウにはワンスンたちの姿を見ないようにするジンユ。

第47話につづく。

韓国ドラマ「私の愛の治療記」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました