私の愛の治療記 キャスト・登場人物紹介

スポンサーリンク

韓国ドラマ「私の愛の治療記」キャスト・登場人物紹介です。

優しい娘、嫁であり妻でありたいと思うことは一度もなかった。
しかし家族にどっぷり犠牲になった、国家代表級スーパーワンダーウーマンの陽気で爽快な奮闘記☆

「私の愛の治療記」あらすじ一覧はこちら→

イム・チウ ソ・ユジン

38歳、義弟の弁護士事務所事務長・熱血アルバイター。
損をして生きれば祝福受けると教えられ、耐える者に祝福があると学んだ。
”優しく、損をして、我慢して生きる”なぜ私だけ?とそんな風には考えたことが無い。
見ないふりをして通り過ぎても良かったが、母は私を引き取って育ててくれた。恩返しをしたかったのは当然のことだった。
だが、自分自身を家族のために犠牲にしてきた彼女が爆発する。
恐るべき爆音と共に家族脱退という4文字が飛び出して夜空を彩り、家々がめちゃめちゃになった。

チェ・ジンユ ヨン・ジョンフン

39歳、ハンスグループ常務。
今でも覚えている。母の手をつかんで父の家に初めて入ってきた日を。昨日の自分は今日の自分ではなかった。
その日、姓を変え名前を変え性格も変えた。
父の名前と父の家の高く頑丈なフェンスのおかげで、自分に満ちて挑戦的、豪快で、好奇心旺盛、愉快で勤勉な人間となった。
ある日、イム・チウという女性が目の前に現れた。どこに行っても現れる不思議な女性だ。

バク・ワンスン ユン・ジョンフン

35歳、チウの夫、フードトラック運営。
赤ちゃんの頃から母の言葉を本当によく聞いている。しかし、何でも後回しにする性格に加え、機転、忍耐力、実力もない人になってしまった。
母親の手に引かれて「完勝」に向かっていた彼は、司法試験に何度も落ちて完勝から離れ始めた。
それで始めたフードトラックもまだ自分の道なのかどうかわからない。このような人生にも完勝の可能性が一つあった。妻のチウだった。

スポンサーリンク

イ・サムスク ファン・ヨンヒ

57歳、チウの母親。美容室運営。
その日に限って市場に寄りたかった。出会った5歳の子供をそのまま置いて来ることが出来なくて家に連れてきた。
ただでさえ貧しい暮らしだったが、夫は事業をするたびに失敗し、酒を飲んで過ごして交通事故でこの世を去った。
その後のサムスクの苦労は計り知れなかった。
ソウル郊外の美容院に定着するまでがむしゃらにも生きた。チウが居なければ打ち勝てない歳月であった。

イム・チュチョル イ・ドギョム

34歳。チウの弟。ハンスグループ保安要員。
体育大学入学後、テコンドー国家代表選抜戦を無事通過して国家代表としての夢を膨らませていたある日、悪性リンパ腫の診断を受けて夢をあきらめた。
その後、100回を超える願書申し込み、100回を超える不合格。 そのたびに姉チウが常に十分理解してくれた。

イム・ジュア クォン・ソヒョン

32歳、チウの妹。美容室補助
目が無いお金を追って倒れる時はドタバタとしっかり倒れる。その時はためらうことなく隠れてしまうのが得意だ。

ソン・ジェヨン ソ・ジュンソプ(ショリ)

28歳、美容室補助→院長

ジョン・ヒョシル パン・ヒョジョン

82歳、ハンスグループ名誉会長。
貧乏だった頃の縫製働きからグループの名誉会長になるまで、最善を尽くすと心に決めて生きてきたが、娘と孫娘を順番に失い、そのまま崩れてしまった。
死んだ娘の代わりをしてくれた孫娘がいなければ80どころか60も生きていないだろう。

チェ・ジェハク キル・ヨンウ

63歳 ハンスグループ社長。
妻を無くした後は半分の空が、娘を失ってしまい残りの空さえ崩壊した。
そんな地獄のような世界の光になってくれた人が、今の妻ソンジュだ。 全て終わったと思っていたが彼女は私を起き上がらせた。
その手を握ったのは人生で最高の幸運で、最も良い選択だった。
そしてソンジュのおかげで得られた息子ジンユと娘のイユまで、これぐらいなら幸せではないか? これで十分だと思っていた・・・

ホ・ソンジュ チョン・エリ

61歳、ジェハクの妻、ジンユの母。
再婚した夫の前妻の母と一緒に住むほど品が広く善良。
前妻の母を実母のように仕える素晴らしい娘、厳しい子供を助ける国民の母、世界かけがえのない賢く美しい妻、賢明な母親。これはソンジュについて回る誇らしいニックネームだ。
笑顔で世界の平和と和やかな家庭のために生きていた。
誰かを憎んだことがない。嘘も悪いこともしたことがない。一度を除いては・・・

チェ・イユ カン・ダヒョン

29歳。ハンスグループデザイナー。
ハンスグループの一人娘でありチェ・ジンユの妹。 財閥の一人娘にふさわしくない気軽さと謙虚さ、特有の健康で明るい元気さで周辺を明るくしてくれる存在だ。
ところがある日、私よりも輝く人が現れた。ハンスグループ保安要員であるイム・チュチョル。 真っ直ぐでハッキリとした性格の末娘が事を起こし始めた瞬間だった。

コ・ユンギョン ファン・ソニ

31歳。ジンユの離婚した妻。
留学時代ジンユに出会い、炎のように燃えて同棲を始めてキップムを妊娠した。
しかし、すぐに利己的な性格だけが目立って忍耐強さが見られない人となった。 一日が過ぎるとより乱暴になった。
結局、ジンユと離婚して自由に飛んで行った。
そんなある日、米国の生活を整理して韓国に戻って来る。まるで何事もなかったように。

チェ・キップム パク・イェナ

7歳、ジンユの娘。

パク・ブハン キム・チャンワン

64歳。チウの義父。

キム・イボク パク・ジュングム

60歳。チウの義母。

パク・ジョンスン イム・ガンソン

34歳。チウの義弟。弁護士。
身も心も最小限に動かして最大の効果を得ようというのが人生の基本的な態度だ。
勉強も仕事も効率的に無駄無く、よくこなす。勉強もぴったり100点に合う分だけ頑張って100点を取って、それだけではなく恋愛も効率を計算しながら損をせず過ごす。

ヤン・ウンジュ ソ・ジュヨン

24歳。ジウの義妹。
優しく、正しく、か弱い。 おとなしい。そして意志が強い。
一度決めた決心はなかなか変えず、自分が決めた事には最善を尽くして責任を負う。

ホン・ソニ シム・ジンファ

38歳。チウの友人。 カフェ”コーヒーヘブン”の社長
チウの高校時代の友人。 3年前に離婚して小学校5年生の息子を一人で育てているシングルマザー。

チャン・ミヒャン キム・ソラ

35歳。ワンスンの高校の同級生。
ただ一日を生きるのも、楽しく愛され幸せに暮らそうというスタイル。
しかし残念ながら、夫はそのようなミヒャンの好みに応じてくれず、外に視線を向けたミヒャンの目にワンスンが丁度入った。
高校の時、全校で一番の思い出のイケメンであるバク・ワンスン。あの子と遊ばなければならない。

「私の愛の治療記」あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント