韓国ドラマ 最高の離婚 あらすじ 13,14話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「最高の離婚」キャスト登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高の離婚」13,14話予告動画

「最高の離婚」13,14話あらすじ

ソンムに、”あなたは自分自身に囚われているから、他人を見ないんだ。見ないから居ないと思うんだ。居ないと思うから配慮が無い”””私はあなたが好きな本や映画を全部見たけど面白くなかった””でも面白かった。ああ、あなたはこんなことで笑ってたんだと、そんなことを知って行くの面白かった。あなたにとってはあなたがすべてだろうけど”と批判するフィル。
自分でも、そんな自分自身に気付いているソンム。
そんなソンムを”一緒に外に出よう”とキャンプに誘うジャンヒョンw
”あなたたちは新婚旅行にも行ってないじゃないの”と”離婚旅行”に賛成するミスク。

離婚したソンムとまだ一緒に暮らすフィルを気遣うミスクの優しい言葉に、泣くフィル。
”私が先に言いだしたんだ。私が悪かったの・・私がよくしてあげれなかった・・”とミスクに謝るフィル。

気は乗らないが、ミスクに薦められてフィルと一緒にジャンヒョンたちとキャンプに行くことにするソンム。

SNSのカフェの写真に写ったスギョンを見つけ、幼い頃からの友人ソニが訪ねてくる。驚くスギョン。
スギョンの友人を初めて見るマル。

”言って、婚姻届出さなきゃいけないんじゃ?”と言うフィルに、”ただ・・このままでいいかなと思って。好きだということだけで・・”と言うユヨン。驚くフィル。
”幸せなら・・・関係ないよね。幸せ?”と尋ねるフィルに、微笑むユヨン。

ソンムが初めてフィルを連れて来た時の事を思い出すミスク。
その時、ソンムが明るく笑ったのを初めて見たミスク。
ソンムが、家を売りに出していることを知ったミスクは、”この家は売らない。私が買うことにした”と不動産屋に話す。

ジャンヒョンに、”奥さんは幸せなんだって。愛しているから、このままでも幸せなんだって”と話すフィル。
”ひょっとすると誰かを幸せにするって言うのはバカみたいな話かもしれないな。自分が愛していれば幸せだから・・”と呟くジャンヒョン。
”だったら、不幸せだったら愛してないの?””ジャンヒョンさんは幸せ?””だったら二人ともお互いを幸せにしてるのね。愛して”と話すフィル。

ミリが新しく働きだしたネイルショップに通うことにしたドング。
そんなドングが心苦しく、ソンムを好きなことを話すミリ。
”・・先輩もミリさんの事を?”と尋ねるドングに、ホテルに誘っても断られたことを話すミリ。
ショックを受け、泣くドング。

テントを立て、寝るチームを決めるためにゲームをする4人。

スポンサーリンク

第14話あらすじ

夜、火を囲んで話をするソンムたち4人。
同じキャンプ場に来ていた新婚夫婦がソンム達に話しかける。
その新婚夫婦の妻は、ジャンヒョンとフィル、ソンムとユヨンが夫婦だと思っていた。
”ご主人のどこが好きですか?”と尋ねるその妻に、”よく見えない。だけど一つだけはっきり見えるのは、愛しているんだなと思うこと。問題が無いわけじゃないけど、何を考えているのか、何が痛いのか・・見えないから難しくて、不安で・・””だから目を見なければならない。目を見たら、愛しているんだな・・と分かることが出来る”と話すフィル。
そしてユヨンも話し出す。
”この人は誠実で嘘も付けない。意図無く他人をよく傷つけて、それに気づかない・・・驚く時が多い””黙黙と自分の仕事をして責任を取って地に足を付けて生きている。傍に居ると楽ね。私がそのまま生きられるというか・・”と話すユヨンの話を考えるフィル。

酔ってアドバルーンを捕まえようとするフィルに慌てるソンム。
”あんなに大きくて何も見えない。他人になると良く見えるのに、どうして見えない??もう遅くなったけど”と必死に紐を引き寄せるフィル。

今まで友達は居ないと言っていたスギョンが、訪ねてきた友人と会って夜遅く帰ってきた。
”子供の頃の教会の友達””聖歌隊だった”とマルに話すスギョン。

紹介で会うことになったマルを、食事にとラーメン屋に連れて行く男性。
そこで美味しくラーメンをすするマルに、”見た目と違うんですね。女性は私の職業や車を知ったら期待するようだ。ラーメンを食べようと言ったら失望するみたいなのに。マルさんは違うんですね。一種の試験だ”と言う男性。
そんな勝手に”試験”をする男性にムカつき、黙って食事代を出して帰るマル。

”離婚して何が一番辛かった?”と尋ねるジャンヒョンに、”家族ね。まだ両家に話せてない”と話すフィル。
家族を悲しませてしまう事に胸を痛めているフィル。

ソンムが風邪気味で、キャンプ場ではなくホテルに泊まることにする4人。

婚姻届の事を謝り、”家に帰ったら再び書くことが出来る。もう一度チャンスをくれ。今度は一緒に区役所に行こう”とユヨンに話すジャンヒョン。”うん・・”と答えるユヨン。

”家に帰ったら婚姻届を出す。婚姻届の証人になって欲しい”と、ソンムとフィルに話すジャンヒョン。ユヨンを心配して複雑な気持ちのソンム。
そんなソンムの表情を見たフィルは心がざわつく。
酔っているフィルは、”どうしてあなたが心配するの??””あなたがユヨンさんを見るときは、動物のビデオを見るときと同じ明るい表情をする””そんな人と結婚すべきだったのに。あなたはユヨンさんと結婚したらどうだっただろう?”とソンムに言う。

自身の悪い部分は分かっているが、浮気癖のあるジャンヒョンよりひどくはないと思っているソンム。
”自分しか愛せない男性より温かいんでしょう。少しの間だけでも・・”と言うフィルに、”愛が何だ??”と怒鳴るソンム。
”いつでもどこでも私を一番先に考えてくれる感じ・・”と泣くフィル。

朝、目覚めると同じベッドに居るソンムとフィル。
昨晩酔ってベッドインしてしまった事に気付き、慌てる二人。

第15話につづく。

韓国ドラマ「最高の離婚」キャスト登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント