韓国ドラマ 最高の離婚 キャスト・登場人物紹介

スポンサーリンク

韓国ドラマ「最高の離婚」キャスト登場人物紹介です。

「結婚は本当に愛の完成なのか?」
現代の複雑な結婚事情をモチーフに、年々急増している熟年離婚とシングル族世相を風刺し、韓国に存在する愛、結婚、家族の男女の考えの違いを愉快で真剣に共感してみようという趣旨で企画されたラブコメディ家族ドラマ。

韓国版「最高の離婚」あらすじ一覧はこちら→

チョ・ソンム チャ・テヒョン

36歳。小難しく神経質な男性。
人の多い場所、人々が好きな場所、人々が熱狂するトレンド、すべてが好きではない。
ドストエフスキーが好きで、古典的なヨーロッパ映画を好む。すっきりとしたのが好みで、飲み会は苦手。
猫と一緒に静かに本を読んでコーヒーを飲みながら長崎カステラを楽しみたい。大学時代には音楽をしたこともあるが、何らかの理由であきらめた。
時々人生を振り返って、この道以外の道があるだけだと考えていた。
結婚も同じだった。結婚後ソンムはフィルが何から何までそれとは正反対にあるという事実を知ることになる。
結婚は長い長い拷問であり、結婚生活は一生の演劇みたいだ。本当の自分を失って毎日ため息をついて小言を言って、自分の人生はこのように終わるのだろうか?

カン・フィル ペ・ドゥナ

35歳。フィルという名前は”心の赴くままに”のような意味の”フィトゥルマトゥル휘뚜루마뚜루”の略語。
ゆったりして余裕があって、ポジティブでいつも明るい表情。
家の2階でゲストハウスを運営し、体育補助教師をして足りないお小遣いをカバーしている。
たくましく、気さくで、健康・・・の延長線のお節介、散らかしがちで、ちょっとそそっかしい。
シンクに漬かったはさみをそのまま取り出してキムチを切ったり、洗面台でうがいした水をやたらと散らしたり・・。
そんなフィルがソンムと離婚になった発端は、あきれることに長崎カステラの一片のせいだ。だが果たしてそれが本当の理由だろうか?

ジン・ユヨン イエル

36歳。ソンムの大学時代の彼女。
内気に見えるが、実際には非常に意思がしっかりしていて直接的で自分の世界を守ることを知った堅固さがある。
自由な魂の所有者であるジャンヒョンに会って、”愛はするのではなく溺れる”であることを知り、彼と独特の結婚生活を維持している。

イ・ジャンヒョン ソン・ソッグ

36歳。何を考えているかどうか、いや、考えているのかどうかもよく把握できない。
典型的に言うなら”魔性の男”あるいは”悪い男”とすることができるが、そんな言葉は彼を正確に説明はできない。
本人は他人に興味を持っていないが、じっとていても人々を引き寄せる妙なオーラがあり、母性本能を刺激する天真な面がある。美大の講師として学生たちからも人気が高い。
結婚に全く似合わない人間だが、意外にユヨンの結婚の提案は、直ちに受け入れて今までよく暮らしている。それなりの方法で・・

スポンサーリンク

コ・ミスク ムンスク

76歳。ソンムの祖母。カフェ運営。
ミスクはソンム祖父の再婚相手で、ミスクとソンムは血のつながりはない。ソンム祖父の暴力性のせいで離婚した。
ソクムとフィルと、フィルの妹マルと格別の間柄で、賢く温かい言葉をかける。

チョ・グホ チェ・ジョンウ

64歳。ソンム父。

ペク・ミヨン ナム・キエ

61歳。ソンム母。

チョ・ソギョン ユン・ヘギョン

41歳。ソンムの姉。

コ・ミョングン チョン・ジスン

45歳。ソギョンの夫。

コ・ソンビン コ・ジェウォン

10歳。ソギョンの息子。

カン・チュウォル ユ・ヒョングァン

62歳。フィルの父親。

イ・ジョンヒ ファン・ジョンミン

59歳。フィルの母親。

カン・マル キム・ヘジュン

29歳。フィルの妹。

チュ・スギョン ハ・ユンギョン

29歳。マルと一緒に屋上の部屋に住んでいる。

イム・シホ ウィ・ハジュン

29歳。バンドのリーダーであり、マルの友人。
シンプルでゆったりとした性格がフィルとよく合う。大学時代からの音楽をしていてソンムとも知り合い。

ペク・チャンジン シン・ソンミン

29歳。医大レジデント。マルの元カレ。

韓国ドラマ「最高の離婚」あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント