知ってるワイフ 第7話あらすじ

スポンサーリンク

チソン主演 韓国ドラマ「知ってるワイフ」登場人物・キャスト紹介はこちら→ 「知ってるワイフ」あらすじ一覧はこちら→

「知ってるワイフ」7話予告動画

「知ってるワイフ」7話あらすじ

残業をして支店に二人きりになるジュヒョクとウジン。
”代理・・一つ確認したいことがあるんですが”と言って、ジュヒョクの手を自分の頭の上に載せるウジン。
一緒に夕食を食べるために、ジュヒョクを迎えに銀行まで来たヘウォンはその光景を見て戸惑う。
”頭に何か付いていたから・・・”とヘウォンに誤魔化すジュヒョク。
ヘウォンに自己紹介をするウジン。
目の前のウジンが、この間ジュヒョクの車に名札を落としていた”ソ・ウジン”だと分かるヘウォン。
”ウジン”という名前から、それが男性社員だと思っていたヘウォンは気分が悪い。

ジュヒョクにドキドキする自身に戸惑うウジン。
一人で焼酎を飲みに来たウジンが、悩みがあるのかと考えるジュウン。
ジュウンに詳しいことは話せないウジン。

イワシ炒めを食べながら、婿のジュヒョクが好きなおかずだったと思い出すウジン母。

ウジンとジョンウは外勤を命じられて出かけていく。
また母親が居なくなったと連絡を受け、家に寄ってから銀行に戻ることにするウジン。
看病人の目を盗んでまた自宅から抜け出してしまったウジン母。

新しく出来上がったチラシが出来上がった。内容はファンがチェックした。
そのチラシを配るようにファンに指示するビョンチーム長。

ジュヒョクにおかずを持って、銀行に現れるウジン母。驚くジュヒョク。
ジュヒョクを”娘婿”と呼ぶウジン母を、ヘウォン母でJKグループの奥様だと勘違いして挨拶をするチーム長や支店長w
急いでウジン母を送り届けることにするジュヒョク。
”ウジンと暮らすのは大変だろう?性格が強いから・・”とジュヒョクに話すウジン母。
ウジンが、ジュヒョクの事を”命の恩人”だと言ってたことを話し、ジュヒョクを有難く思うウジン母。
急に父親が亡くなり死ぬほど辛かったが、もしジュヒョクがいなければ耐えられなかったと母親に話したウジンだった。
”お義母さん・・・どうして私を覚えているんですか?私が全部変えてしまったのに・・”と尋ねるジュヒョクに、”娘婿だから当然覚えているだろう”と答えるウジン母。
バニラアイスクリームを食べたいウジン母は、コンビニ前で車を止めさせる。
アイスクリームを頬張るウジン母を見ながら、”バニラアイスクリームを好きなことを知らなかった。私はどうしてこんなに知らないことが多かったのか・・”と呟くジュヒョク。
母親を探し回っていたウジンは、コンビニの二人を見つけて驚く。

ビョンチーム長に急かされ、嫌々チラシを配りに行くファン。
その新しいチラシを見て、驚くチャンチーム長。
”お客様に・・”のはずが、”お客の奴に・・・”と誤字があったのだったw
配りに行ったファンを急いで連れ戻しに行き、配ったチラシを回収するビョンチーム長w
やっと誤字に気付いて驚くファンw

コンビニで見た母親とジュヒョクの姿を、すごく自然だと感じたウジン。
”本当に前世はうちの母さんの娘婿だったんじゃないですか??”と冗談を言うウジンに、驚くジュヒョク。

誤字のあるチラシをみんなでシールで修正することになる。

大学構内でヒョンスに会うが、無視されるヘウォン。

外勤先に戻ると、困る納入業者を手伝うジョンフの姿を見るウジン。
それで汗をかき、ウジンから離れて歩くジョンフ。鼻が利かないから大丈夫だと言うウジン。
”答えを聞かせて欲しい”と言うジョンフ。
”私のどこが好きなんですか?”と尋ねるウジンに、”笑うところ、突拍子もないことを言うとこ、親孝行なとこ、その他いろいろ・・”と答えるジョンフ。
”OK、付き合ってみよう”と言うウジン。
”100%の気持ちじゃないけど代理(ジョンフ)は良い人だし、一緒に居たら楽しいし・・”と言うウジンに、”引っかかるなら一カ月だけ付き合ってみるとか。俺は自信がある”と言うジョンフ。
付き合っているのは社内には内緒にすることにする二人。

家に帰らず、サンシクの店でうどんを食べるジュヒョク。
ジョンフとウジンが付き合うことになったと聞き、ショックを受けるジュヒョク。
結婚記念に予定しているペンション旅行に、合宿みたいに3対で行かないか?とみんなを誘うサンシク。
お姫様のようなヘウォンを連れて行くのは嫌なジュウン。
ウジン母も週末遊びに行っておらず、ウジンも参加することにする。

スポンサーリンク

ウジンの大学入試の時の事を思い出すジュヒョク。
ウジン父が亡くなって大変だったが、大学受験に臨んだウジン。
だが、落ちてしまって浪人生となったウジン。
勉強していると思っていたのに、ウジンがアルバイトしているのを見つけて叱るジュヒョク。
生活費のために、学費のためにアルバイトをしていたウジンだった。
”先生は何の資格で私を叱るの?私は何でもないんでしょ?彼女にもしてくれないのに!””私たちは何でもないじゃないの”と言い返すウジン。
そんなウジンにキスをしたジュヒョク。

ヘウォンも一緒にペンション旅行に行くことになった。
異動してきてもうジョンフと付き合うようになったウジンはずる賢いタイプじゃないかと悪く言うヘウォン。
想像していたペンションとは違って、不自由で文句を言うヘウォン。

”ジョンフの事が好きなのか?”と尋ねるジュヒョクに、”好きだから付き合うことになった。顔もかっこいいし、性格も面白いし、一緒に居たら寂しくないように気を使ってくれる”と話すウジン。

エアコンの効きが弱いと、エアコンの温度をどんどん低くするヘウォン。
エアコンアレルギーのウジンは咳が出る。

みんなで酒を飲みながらバーベキューをして楽しむ。
社員が使う秘密掲示板の”ビハインド”について話をし、そこには上司の悪口や社内の不倫なども書き込まれると話すジョンフ。面白がるヘウォン。
ウジンに対抗して、いつもは飲まない焼酎を飲み出し、酔いつぶれるヘウォンw

”結婚は生活だ””好きすぎて死にそうな人とは結婚してはダメだ。傷つく”と話すジュウンに、”みんなそう言うけど、私は好きな人と結婚したい。壊れる時は壊れて、傷ついたとしても”と話すウジン。
ウジンは夜中、高熱を出す。

解熱剤を飲んでも熱が下がらないウジン。
ウジンはいつも決まった解熱剤しか効かなかったのを思い出すジュヒョク。
明け方だったが、その薬を買いに急いで近くの薬局を周るジュヒョク。

やっとその薬を手に入れてペンションに戻ったジュヒョクだったが、丁度ジョンフがウジンを救急病院に連れて行くところだった。薬は渡せなかったジュヒョク。
病院で処置を受け、熱が下がるウジン。

ウジンを病院からペンションに連れ帰るジョンフ。
到着しても助手席で眠っているウジンのシートベルトをそっと外すジョンフ。
その様子を外から見て、ウジンにキスをしていると誤解してショックを受けるジュヒョク。

2006年の500ウォン硬貨を探し始めるジュヒョク。
銀行にも行き、銀行にある500ウォン硬貨の中から2006年の物を探し出すジュヒョク。

第8話に続く。

チソン主演 韓国ドラマ「知ってるワイフ」登場人物・キャスト紹介はこちら→ 「知ってるワイフ」あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント