王(ワン)家の家族たち 第31話あらすじ 

スポンサーリンク

「ワン家の家族たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「ワン家の家族たち」31話あらすじ

サンナム、クァンバクの結婚の日取りを決める日。
初めての両家の顔合わせだ。
サンナムとクァンバクはこじんまりと質素な結婚式をすると発表する。
両家への贈り物もしないと決めている。
サンナム父とワン家のおかあさんは意見が合わずw

あれからドンのことが気になっているヨンダルは、
母親の使いを自らかって出て、ワン家を訪問する。
こっそりとドンの部屋に侵入してるところに、ドンが帰ってきてお互い驚くw
ドンの態度にイラつくヨンダル。

サンナム父とおかあさんの口撃は続くw
そして嫁オーディションの事までワン家に知られてしまう。
おかあさんはクァンバクがサンナム父と同居することに反対。
サンナム父もワン家のおかあさんを見て、あんな母親と知ってたら結婚を許さなかったと言い出す。

スポンサーリンク

サンナムが家に帰ると、門の前にはサンナムの母親が待っていた。
いままでのことを謝りに来た。いつも会いたかったという母親。
サンナム父は、結婚の贈り物のしきたりを省いて質素にというのも気に入らない。
新婦側から貰えるものは貰わないと。という父親に、
お互いに要らないお金は使う必要がないというサンナム。
もうあの女の言いなりになっている!と怒るサンナム父。
スンジョンはサンナムに父親に少し譲歩しろとアドバイスをする。
母親に会ったことはスンジョンには言えなかったサンナム。

セダルとミランが別れ、マンションを出ていけなくなったセダル母とヨンダルは、ホバクに化粧品サンプルなどあげたり料理をしてゴマをする。
私達が出て行ったら、セダルを許してくれる?とホバクに聞くが離婚の意志は固く、早く家を探してください。と冷たくあしらわれてしまう。

ミンジュン父の退院の日。
看病に来ていたスンジョンにいろいろ命令して失礼なスバク。

この間見かけた道でお父さんを探すパントン。
帰りが遅くなってホバクに怒られる。

追い出されるのが嫌で、隠れるように帰ってくるセダル母とヨンダル。
帰ってきたらすぐ寝たフリをするw

スンジョンはクァンバクに、手塩にかけて一人で育ててきた息子が結婚するのに何もなかったらサンナム父も寂しいから、高価なものじゃなくていいから何かした方がいいとアドバイスをする。
ホバクに相談しても、何もしないと後でしこりが残るから義父だけには何かした方がいいんじゃないかと言われる。

ヨンダルは道端でドンに会う。
でも、もうドンはヨンダルに声をかけない。
ヨンダルはドン会いたさにピザを注文する。
でも、ドンは近所の子供を使って届けさせたw
文句を言いにドンに会いに行くが、
お前も気分が悪いかもしれないが、俺も汚れたような気分だ。お互いキレイに忘れよう。と言われるヨンダル。

クァンバクに船長になりたいことを告白するヘバク。
ワン家の家族、特におかあさんは、賢いヘバクは判事になると思い込んでいる。
法学部じゃなく、海洋大学にもう合格したというヘバク。
世界で一番のカッコイイ女性船長になるという。

会社のお金の50万ウォンを父親に内緒にして母親に渡すサンナム。
その金でソウルにマンションを借りる母親。

セダルは工事現場で仕事をしている。
給料が出たので子供たちにお菓子を買ってこっそり玄関の前に置く。
夜は地下道で新聞紙にくるまって寝ているセダル。
今までのホバクに対する仕打ちを思い出していた。

ホバクにいろいろ気を遣うセダル母とヨンダル。
離婚する気持ちに変わりはないホバク。
冷たいホバクに怒り出すセダル母。おまえがそんなにキツイからお前の母親もお前を嫌がるんだ!と言われる。

おかあさんの化粧品店の前まで来るセダル。
とっさに隠れるが、おかあさんに見つかってしまう。

サンナムの家を尋ねるワン家のお母さん。
サンナムの父と話をするが、何から何まで意見の合わない二人。
お互い気にいらないため言い合いになってしまう。
この結婚はなかったことにしよう!という二人!

32話につづく。

「ワン家の家族たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました