韓国ドラマ 18アゲイン 第16話 最終回あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「18アゲイン」JTBC公式メイキング映像


韓国ドラマ「18アゲイン」16話 最終回あらすじ

元の姿に戻ろうと願いを込めてゴールを何度も決めるが、高校生の姿のままのデヨン(ウヨン)。

韓国大のスカウトが決まる試合に出ていないデヨン(ウヨン)を見て、”どうしてここに居るのよ??”と驚くダジョン。
”また私が壊したの・・?””また私がお前の人生を壊したんじゃないの・・””知らないふりをしたらよかった・・お前だと分かっても・・”と泣くダジョン。

デヨンがバスケを諦めたことをダジョンはデヨンが”犠牲”になったと考えていた。
デヨン自身もそう考えたこともあったが、もう一度若くなって考えてみたら違っていた。

バスケの試合で勝つよりも、子供たちが初めて歩いた時がもっと嬉しくて、子供たちから”パパ”と呼んでもらった時が幸せだったと話すデヨン(ウヨン)。
その瞬間、高校生だった見た目が、元通りの中年デヨンに戻っていた。
”お前は俺の人生を壊したのではなく、俺にチャンスをくれたんだ””あの時の選択は俺の人生最高の選択だった。俺はそのチャンスを絶対に逃さない””お前は初恋で最後の女性であり、俺の人生だ。愛している”と話すデヨンに、涙を流すダジョン。
”会いたかった・・”と元通りになったデヨンにキスするダジョン。

シウが出場するセリム高の試合を見に行くデヨンとダジョン。
だが、シウたちのセリム高は相手チームに大差を付けられ、負けていた。
試合を見に来れないと思っていたデヨンが来てくれ、驚くシウ。

負け試合になって覇気の無いチームメイトたちに、”父さんが初めて試合を見に来たんだけど、必ず勝ちたいんだ”と話すシウ。
その言葉を聞き、気を入れ替えて頑張って試合をすることにするチームメイトたち。

チーム連携がうまくいき、相手チームの得点に迫るセリム高。
終了間近に逆転ゴールを決めて勝利したシウに、”よくやった・・”と抱きしめるデヨン。

この間、ダジョンの悪口を言って絡んで来た不良女生徒とまた遭遇する。
突き飛ばそうとした女生徒を交わしたシアだったが、その女生徒がはずみで転んでしまう。
それを見ていた女子生徒の父親が、シアを叱り、謝罪を求めて来る。納得できないシア。

そこに現れ、状況も知らずにシアを謝らせようとしたその女生徒の父親を責めるデヨン。
真相を明らかにし、女生徒とその父親に謝らせるデヨン。

”どうして来たの?”と言うシアに、”会いたくて来た””ごめんな・・待たせて”と抱きしめるデヨン。

離婚したことで傷つけてしまった事をシアとシウに謝るデヨンとダジョン。
”お前たちが許してくれるなら昔みたいに一緒に暮らしたいんだが・・”と話すデヨンに、喜んで賛成するシアとシウ。

”チョン・ダジョンの衝撃的な動画”がネットに投稿され、世間の話題になる。
その動画とは、ダジョンがJBC局内で盗撮プロデューサーを捕まえた時の映像だった。
その動画をネットに上げたのはユミだった。
ユミはしらばっくれるが、同僚たちにもユミの仕業だとバレていた。

動画の勇敢な姿が話題になり、好感度も上がって仕事の依頼が殺到するダジョン。
スケジュールが一杯になっててんてこ舞いのダジョンを、自身がマネージャーになって支えることにするデヨン。

仕事に行った局でユミと遭遇するダジョン。
動画をネットに上げたのはユミだと分かっていたダジョン。
もしかしたらユミにも迷惑がかかるかもしれないのに、どうしてネットに上げたのか尋ねるダジョン。
今までダジョンに対して失礼なことをして来たし、助けてくれたダジョンが酷い目に遭って申し訳なかったユミ。
礼を言うダジョンに、”もし、私のお姉さんが同じ目に遭ったらどうするか考えて、思いついたのがあれしかたなかった”と話すユミ。
同僚だった頃より、仲良しになったダジョンとユミ。

遠目から、自分が来るのを待つダジョンを幸せそうに眺めるデヨン。
高校生の姿だった頃のように、変な言い訳をせずにダジョンに会えることなども幸せに感じるデヨンだった。

シアの進学の事で、ヘイン先生と会って話をするデヨン。
当然、父親のデヨンはシアが大学に行かないことに反対していると覚悟していたヘイン先生は、デヨンのシアの意思を尊重する考えに安心する。
帰り際、”今までお世話になりありがとうございました”と礼を言うデヨン。
初対面のデヨンに、会ったことがあるように感じるヘイン先生。

いつも一緒にいてくれたウヨンが”アメリカに帰る”と言ってセリム高を去ってしまい、寂しい思いのシウ。
そんなシウに、”これから俺がウヨンの代わりに友達になったらダメか?””これからはシウが必要な時には父さんが傍にいる”と話すデヨン。喜ぶシウ。

”俺が若返って学んだことが一つある””年を取ってもまだまだ学ぶことが沢山あるって事を””後悔だと思ったらそこで終わりだが、学びだと考えるからまた始まりだった””これからも学ぶつもりだ。仕事でも人生でも会いでも・・””だからまたやりたいことを探してみる”と話すデヨンに、嬉しいダジョン。
ダジョンと一緒にしたいことも沢山あるデヨン。

ジフンから、デヨンと一緒に来るように試合の招待チケットを受け取るダジョン。
ソヨンの命を助けてくれたデヨンに感謝の意を伝えたかったジフンだった。
クリスマスの日に事故に遭って亡くなったのが、ジフン兄だったことをデヨンに話すダジョン。

成長したソヨンと対面し、ソヨンと一緒にジフンの試合を観戦するデヨンとダジョン。
勝利インタビューで、”ソヨン!叔父さん勝ったよ!”と言うジフンに、喜ぶソヨン。
ソヨンの父親になろうと無理せず、ソヨンの気持ちを考えて”良い叔父さん”になろうと頑張っているジフン。

球場で出くわしたジフンに、”ファンです”と握手を求めるデヨン。
そんなデヨンに、”ありがとうございます。ホン・デヨンさん・・”と言うジフン。

ヘイン先生を諦めないトクジンは、ヘイン先生が大好きなアイアンマンを特注して変身することにする。
学校を去ったウヨン(デヨン)から、トクジンは実の父親ではなく”本当の父親が見つかったためアメリカに帰る”と聞いていたヘイン先生。
辛い事情のある様子のウヨンを助けて、父親になってやっていたトクジンに、感動したヘイン先生だった。
もうトクジンを”(ウヨンの)お父様”ではなく、”トクジンさん”と呼ぶヘイン先生。
”気持ちの温かい方ですね””これからは辛いことがあったらいつでも私に言ってください。これからは私が力になります”とトクジンの手を取るヘイン先生。
”本物のアイアンマンにはなれないけど、ヘイン先生の心の隙間を埋められるように努力する”と話すトクジンにキスをするヘイン先生。

スポンサーリンク

2年後ーーーーーーー

セリム高の同窓会に向かうシア。
医大生となって忙しくシアとろくにデートも出来ないジホ。
ジホとシアが付き合っているのが分かり、ショックを受けるチャソンw

韓国大のバスケ選手として人気のシウ。
彼女のソミは女性ファンにも微笑みかけるシウに不満で喧嘩も多かった。ソミを放すつもりないと、安心させるシウ。

急に高校を去ってしまい、音信不通のウヨンを恋しがる同級生たち。
ウヨンを心配する同級生たちに、”心配するな。元気にされているだろう”と話すジホ。
ウヨンに敬語を使うジホに驚くシアw

デヨンは”体育教室”を開き、子供たちにバスケットボールを教えていた。

仕事を順調にこなすダジョン。
ユミたちから、ホチーム長が局長に昇進したことを聞くダジョン。
今でも元同僚たちとは仲の良いダジョン。

体育館に連れて行き、高校生の時にダジョンに付き合ってくれと言った時のように、”ゴールを決めたら願いを聞いてくれ”とダジョンに話すデヨン。
”ダジョン、俺とまた結婚してくれ!”と言いながら、ゴールを決めるデヨン。
最初の結婚では出来なかった結婚式を挙げようと話すデヨン。
”お前のウエディングドレス姿を見たい”と言うデヨンに、”今着ても綺麗かな・・”と不安になるダジョン。
”俺の目にはお前が一番綺麗だ。これからも同じだ”と話し、指輪を渡してプロポーズするデヨン。

”チョン・ダジョン再婚”はネットニュースにも流れ、話題になる。
そのニュースを見たジフンは、”二人の幸せを願います”とコメントを書き込む。

デヨンとの再婚を決めたダジョンを、ダジョンが今までやりたがっていたパラグライダーに連れて行くエリン。
今まではエリンから誘われても”子供たちが小さいのに私に万が一のことがあったら・・・”とパラグライダーに興味があっても出来なかったダジョン。
ダジョンにパラグライダーを体験させ、再婚を祝うエリン。

友人たちに囲まれ、結婚式を挙げるデヨンとダジョン。
2人の再婚を祝い、温かく見守るダジョン母とデヨン父。

結婚式の会場に、以前ラジオを修理して上げた老人が現れたことに気付くデヨン。
遠くからデヨンに、”喋らないように”とこっそりとジェスチャーするその老人。

幸せな結婚式が終わり、日常が始まる。
日常には幸せなことだけではなく、当然喧嘩をしたり失望する日もあるデヨンとダジョン。

だけど以前とは違い、話しをしてお互いを理解することが出来るようになった二人。
縁の切れていた父親ともダジョンのおかげで関係回復し、ダジョンに感謝するデヨン。

これからもずっと繋いだ手を離さないデヨンとダジョン。

韓国ドラマ「18アゲイン」おわり。

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました