スポンサーリンク

韓国ドラマ 18アゲイン 第4話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「18アゲイン」4話あらすじ

エリンの初恋の相手は、高校でバスケットの花形選手だったデヨンだった。
デヨンと仲の良いダジョンに最初はムカついて懲らしめようとしたエリン。
だが、上級生からカツアゲされているところをダジョンに助けられ、それ以来ダジョンと親友になったエリンだった。

それから11年後、アメリカ帰りでソウルの有名司法事務所に所属しているエリート弁護士のエリンは、
高校の同窓会に顔を出し、デヨンと再会するのを楽しみしていた。
だが、エリンや同窓の女性たちは、すっかりくたびれたおじさんになっているデヨンに落胆する。

シアへの侮辱発言に黙って居れず、チャソンに殴りかかるジホ。やり返すチャソンの腕を止めるデヨン。
だが、その喧嘩を教師に目撃されて職員室で説教を受けるチャソンとジホ。
バスケ部の顧問として、喧嘩の事をチャソンの父親に連絡するイルグォン。

年増で子持ちのダジョンを早く辞めさせたいアナウンサー局の局長。
インターネットの掲示板にはダジョンに関する悪意のコメントも沢山書き込まれていた。
だが、ダジョンへの批判コメントに、ダジョンを庇うコメントもあった。
そのコメントはシアが書き込んだものじゃないかと考えるダジョン。

母ダジョンは晴れて念願のアナウンサーになったが、高校時代に妊娠したということがインターネットで拡散されて非難されていた。
学校内でも噂になっていて、シウたちの耳にも入って来る。
シアたちを心配して”大丈夫?”とメッセージをするダジョンに、”大丈夫””何ともない”という返事をするシアとシウ。

自身の事を悪く言われるのは平気だが、母ダジョンの事を侮辱するのは許せないシア。
友人からチャソンとジホの騒動を聞いたシアは、チャソンに一発食らわせる。
そして、二度とシウに手を出さないように警告するシア。

就業後、アナウンサー局での飲み会が突然開催される。
ダジョンだけには、”必ず参加”と念を押すホチーム長。

その飲み会とは、選手がアナウンサーのダジョンに水をかけてしまって非難を浴びている球団の依頼によるものだった。
水をかけた選手が、ダジョンから水をかけられて許してもらう動画を撮ってネットに上げ、事態を収拾しようとする球団の意向だった。
仕方なくその選手に水を数滴掛け、上手にその場を終わらせるダジョン。

スター投手のジフンに、単独インタビューを頼みたいムン局長。
ジフンはそのインタビューを了承するが、インタビューアーは花形新人のユミにさせるつもりのムン局長。
その飲みの席からダジョンを外し、ユミを座らせてアピールさせるムン局長。
”私のインタビューはダジョンアナウンサーがしてくれたら良いんですけど”と言うジフンに驚き、”おばさんよりは若い子のほうが絵面が良い”と慌てるムン局長。
”私がおじさんなので、おばさんが気楽です”とジフンが話し、ジフンの単独インタビューはダジョンが担当となる。

ダジョンの事を心配をしているシウに、”気にするな”と話すウヨン(デヨン)。
でも気にしてしまう様子のシウに、”だったらお母さんに電話を一本しろ””心配で電話をした。大丈夫か?と、親は辛い時にはそういう言葉がすごく慰めになるんだ”と話すウヨン(デヨン)。

帰宅したシウは、ウヨン(デヨン)に言われた通り、ダジョンに電話をすることにする。嬉しいダジョン。

ジフンの単独インタビューが出来ることはとても嬉しいが、自分自身の力で現状を打開したいダジョン。
”ここまでです。ありがたいですが、自分の事は自分でします”とジフンに話すダジョン。

自分のためにチャソンと喧嘩してくれたジホに、”自分の事は自分でする。だから次からはあんなことしないで”と話すシア。
チャソンとの喧嘩で怪我をしたジホの顔を手当てするシア。

小学生の時、父親が居ないことでいじめられていた時にシアが助けてくれた時の事を思い出すジホ。
ジホを虐めていた男の子に殴りかかって仕返ししたシアだった。
高校生なのにアルバイトするシアを心配するデヨン。
シアにはアルバイトを止めて欲しいが、小言を言わずに友人ウヨンとして話をしようと努力するデヨンw
”何か問題があるからお金が必要なんじゃないよな?”と尋ねるウヨン(デヨン)に、”私が何の問題を起こすのよ!!”とイラつくシアw
シアのためにお弁当を買って置いて行くウヨン(デヨン)の行動を怪訝に見るジホ。

自宅で、”どうしてお前のせいで俺が教師ごときに一言言われないといけないんだ??”と父親から殴られるチャソン。
また体面を傷つけたらバスケットを止めさせると警告するチャソン父。

若い新人ユミやジャヨンにしつこく酒を強要する局長たちを見かね、酒の相手を買って出るダジョン。
”おばさん”と侮辱する局長たちの酒の相手もして奮闘するダジョン。
そんな頼もしいダジョンに感心するジフン。
ダジョンの接待ですっかり上機嫌になって帰って行く局長。
ダジョンの事が気に入るジフン。

インタビューのためにと、ダジョンの電話番号を教えてもらうジフン。
ダジョンへの悪質コメントに対抗した擁護コメントに、自身も匿名で擁護コメントを書き込み、ダジョンを応援するジフン。

帰りの遅いダジョンを心配し、自宅近くでダジョンを待つウヨン(デヨン)。
酔っぱらったおやじたちに絡まれるダジョンに遭遇し、すぐにダジョンを助けるウヨン(デヨン)。

家までダジョンを送って行くウヨン(デヨン)。
家に入るダジョンに、”頑張れ!やっと叶った夢なのに、ここで疲れたらダメじゃないですか。シアとシウの心配はせずに仕事に集中して。あいつらは俺が傍で面倒見るから”と話すウヨン(デヨン)。
”ありがとう”と微笑むダジョンに、”悪質コメントは気にするな””俺は責任を取った母親はスゴイと思う”と話すウヨン(デヨン)。
”スゴいんじゃなくて、当然の事よ””(高校時代の妊娠を)失敗だと言う人はちょっと憎いわ。私は祝福だと思うのに”と言うダジョン。
そんなダジョンに、自身がデヨンだと言おうとするが、言えないウヨン(デヨン)。

家のポストにデヨンの”退職証明書”が届き、デヨンが釜山に出張に行っているのは嘘だと分かり、驚くダジョン。

スポンサーリンク

球場に向かい、ジフンの単独インタビューをするダジョン。
途中でそこに打球が飛んでくるが、とっさの瞬発力でそのボールをキャッチするジフン。

体育の授業中、突然腹痛を起こして倒れるシア。
それに気付き、急いでシアを背負って病院に連れて行くウヨン(デヨン)。

インタビュー後、シアが病院に運ばれたと連絡を受け、急いで病院へ向かうダジョン。

シアは、ストレス性の胃痙攣だった。
病院のベッドで眠るシアに付き添うデヨン。
シアが幼い頃、怪我をしたシアを病院に連れて行ったことを思い出すデヨン。
シアの頭を撫でている時、目を覚まして驚くシア。
怒って文句を言うシアに、”他の男にもそうしないといけないぞ??分かったか??”と念を押すウヨン(デヨン)w

デヨンからの電話口から担任ヘインの声が聞こえ、自身も病院に行くことにするトクジン。
トクジンと同じビルで働いているエリンもそれを知り、ウヨン(デヨン)に会いに病院に行くことにするw

駆けつけて来たダジョンに、途中で仕事を抜けて来たんじゃないかと心配するシア。
ずっと胃が痛くても我慢していた様子のシアに、痛いならどうして言ってくれなかったのかと母親として悲しい思いのダジョン。
仕事も始めて忙しいダジョンに気を遣って言えなかったシア。

ウヨン(デヨン)がシアを病院まで運んでくれたと知り、礼を言うダジョン。
トクジンに、”息子をちゃんと育てたわね””私達、親戚関係になる?”と冗談を言うダジョン。
それを聞き、飲んでいたジュースを吹き出すウヨン(デヨン)とエリン。
好きなヘイン先生の前でジュースまみれになり、プライドが傷ついて帰って行くトクジンw

シアの治療代は、すでにもうイルグォンが払って行っていた。それを負担に感じるダジョン。

電話をかけても、”まだ釜山にいる”と言って仕事をしている振りをするデヨンに呆れるダジョン。
シアの胃痙攣のことを話しても”ああ、胃痙攣か。うちの同僚も胃痙攣が多いから知っているけど、休んだら良くなる。心配するな”と言うデヨンに、腹を立てるダジョン。
”あなたはいつも何か起こっても、忙しいとか疲れたとか言い訳して逃げるじゃない。私達が必要な時は居なかった”と怒るダジョン。
”・・本当にそう思うのか?”と納得できないデヨンに、”気にしないで。もう私たちにはお前は必要ない”と言うダジョン。

コンビニアルバイトを代わってくれたジホに礼を言うシア。
何か悩みがあっても一人で抱えるシアに、寂しい思いのジホ。
ストレスを溜めて胃痙攣になったシアに、”聞いてやることは出来る。辛いことがあるなら吐き出せ”と話すジホ。
そのジホの言葉を聞き、母ダジョンも辛いことがあったら吐き出さなければならなかったと考えるシア。
何があっても一人耐えている母ダジョンを見て、心を痛めていたシアだった。
”どうしておじさんだけ憎むんだ?”と尋ねるジホに、”見てわからない?こんな日にもやって来ない””父さんは私達が必要な時には居なかった”と話すシア。
そのシアの話を聞いてしまい、ショックを受けるウヨン(デヨン)。

両親の離婚について悩んでいたシア。
デヨンとダジョンが喧嘩をするたびに、”失敗で”生まれた自分のせいじゃないかと思っていたシア。
そして結局離婚することになり、やっぱり自分のせいじゃないかと考えるが、本心はできれば自分のために我慢して離婚をするのは止めて欲しいシアだった。

仕事を辞めたのに”出張”と嘘を付くデヨンを、もう信じられなくなるダジョン。

離婚調停の最終日、もしデヨンが法廷に現れなくても離婚は確定する。
やはりデヨンは現れず、デヨン抜きで法廷で判決を受けることになるダジョン。
突然その法廷に現れたウヨン(デヨン)に驚くデヨン。

_______
暴力が悪いとは知っているが、チャソンを殴ったジホ。
職員室で先生から殴った理由を問われ、”我慢するなって言われた”と呟いたジホ。

それは小学生の頃、シアの父デヨンから”暴力は良い事じゃないが、我慢しちゃいけない時もある””それは大事なものを守らないといけない時”と聞いたからだった。

第5話につづく。

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました