スポンサーリンク

韓国ドラマ 18アゲイン 第1話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「18アゲイン」あらすじ1話

高校生の頃のホン・デヨンは女子学生からの人気を集める将来有望なバスケの選手だった。
有名大学のスカウトが見守る重要な試合があるが、試合前に彼女ダジョンから妊娠したと告げられる。
その大事な試合を放棄し、ダジョンの元に向かったデヨン。
大学生、バスケット選手としての未来より、ダジョンとお腹の子供を選択したデヨンだった。

そして、18年後・・・
ダジョンから離婚を言い渡されるデヨン。
ダジョンたちと住んでいた家を追われ、高校からの親友でゲーム会社代表のトクジンの豪邸に転がり込んでいるデヨン。
暴力を振るったわけでも、浮気されたわけではないのに突然ダジョンから離婚要求されて納得できないデヨン。
今回会社で昇進したら、ダジョンの気持ちも変わると考えて諦めないデヨン。

フリーのリポーターをしているダジョンだったが、長年の夢はアナウンサーになることだった。
”年齢や学歴、経歴不問”というJBCアナウンサー採用試験を受けるダジョン。

洗濯機の修理技師をしているデヨン。
無礼な客にも頭を下げて耐え、真面目に働いて来たデヨンは、今回こそは昇進すると期待する。

修理に行ったある顧客の家で、”若くなりたいですか?”と書かれたパンフを見たデヨンは、”当然若くなりたい”と呟く。
そこで壊れたラジカセの修理も頼まれ、仕方なくそれも修理してあげるデヨン。
”全部直せるみたいなのに、どうして洗濯機だけ直すんだ?”と尋ねられ、”私の人生も直せればいいんですが・・”と話すデヨン。
”俺が直してやろうか?”と言う顧客に、”ありがとうございます””でも私の人生だから、私が直さなければ”と答えるデヨン。

高校生になった子供たちを呼び出し、御馳走するデヨン。
デヨンとダジョンの子供は双子のシウとシアで、デヨンたちの母校セリム高校に通っていた。
幼い頃バスケが上手だった息子シウに、高校でもバスケをやらせたいデヨンだが、”関心が無い”と話すシウ。

顧客満足度の高い優秀社員となり、半年に一度の昇進発表を期待するデヨン。
だが、”室長”に昇進したのはデヨンよりも後輩の社員だった。
その上デヨンはプサンに転勤を命じられる。
優秀社員で勤続年数の長い自分ではなく、コネがある後輩が先に昇進し、納得できないデヨン。

今回昇進しなければダジョンと離婚が決定的になってしまうと焦るデヨン。
”学歴が無いなら人脈でも作らないと!”と今まで会社の飲み会にあまり顔を出さなかったデヨンを批判する上司。
その上侮辱までされ、我慢できずにその上司に頭突きを食らわして会社を辞めるデヨン。

塞ぐデヨンの様子を見て、昇進できなかったことに気付くダジョン。
”どっちみち昇進は関係無かった・・”と話し、明日の離婚調停にはちゃんと来るように話すダジョン。
”俺は離婚したくない”と言うデヨンだったが、何も言わずに家に入って行くダジョン。
今まで家族4人で楽しかったことを思い出したダジョンは、急いで追いかけようとするが、すでにデヨンの姿は無かった。

高校バスケ大会でMVPを取ったデヨンのトロフィーは、母校に飾られていた。
ガラスに映る自身の姿を見ながら、”お前はどうしてこうなったんだ・・”とため息を突くデヨン。

”最後だ・・これが入ったら願いが叶う””ホン・デヨン、戻ろう”と願いを込めてバスケゴールにシュートするデヨン。
シュートの瞬間、体育館が停電してゴールが決まったか分からないデヨン。

コンビニに立ち寄ったデヨンは、そこで娘シアが働いていて驚く。
外見が18歳に戻ってしまったデヨン。
勉強もせずに勝手にアルバイトをしているシアを叱るデヨン。
そのデヨンが誰だか分からず困惑するシア。
窓に映る若返った自身の姿を見て、驚くデヨン。
そのデヨンを見て、”イカれた奴”だと恐れるシア。

親友トクジンの家に戻るが、なかなかデヨンだと信じてもらえないデヨン。
高校時代のデヨンの写真と見比べ、それが若返ったデヨンだと分かるトクジン。
すっかり18歳の頃に戻ったデヨンに驚くトクジン。
母校の体育館のバスケットゴールで願い事をした事をトクジンに話すデヨン。

若くなったデヨンに、”若くなったじゃないか。希望のある年齢に。若くなったお前の夢は何だ?”と尋ねるトクジン。
バスケットボールをして輝いていた高校時代の自分自身を思い出すデヨン。
叶えられなかったバスケットボール選手の夢をこれから叶えることに決めるデヨン。
トクジンに”父親”となってもらい、母校セリム高校に入学することにするデヨン。

離婚調停のために裁判所に行くのを忘れていたデヨン。
離婚調停をすっぽかしたデヨンに腹を立てるダジョンだったが、JBCからアナウンサー採用試験の筆記試験に合格したと連絡が来て大喜びする。

帰宅するダジョンを遠くから見ているデヨンとトクジン。
ウキウキで帰宅する様子のダジョンを見て、”俺が言っただろう??絶対に浮気している”と言うトクジンw
そんなダジョンの様子を見て、もう子供も大きくなったし、これからは自分自身の人生を生きようと決めるデヨン。

トクジンに書類を準備してもらい、母校セリム高校に入学するデヨン。
デヨンは”コ・ウヨン”と名乗り、トクジンが”父親”の振りをする。
今まではホームスクーリングをしていたことになっている”ウヨン”。
翌日からセリム高校に通うことになるウヨン(デヨン)。

シアの友達のボベは、バスの妊婦席に座っているおじさんに、立っている妊婦と代わるように話す。
だが、逆ギレして席を譲ろうとしないおじさん。
そこに現れ、そのお腹の出たおじさんの事を”妊婦だから座っていてください”とわざと庇うウヨン(デヨン)。
周りから笑われ、居たたまれなくなってバスから降りて行くおじさんw
そのバスに居合わせたが、ウヨン(デヨン)の顔は見えなかったダジョン。

シア、シウと一緒のクラスに入ることとなったウヨン(デヨン)。
バスで迷惑おじさんをやっつけたウヨン(デヨン)がやって来て、喜ぶボベ。
ウヨン(デヨン)の顔を見て、この間コンビニにやって来た”イカれた男”だと気づき、驚くシア。

”次の調停には来なければ、養育権を放棄することだと思うから”と電話で言うダジョンに、”ダメだ”と慌てるデヨン。

JBCアナウンサー採用試験の面接に挑むダジョン。

トイレの掃除用具入れに閉じ込められていたシウを偶然助けるデヨン。
シウが学校でいじめを受けていることが分かり、腹を立てるデヨン。
”誰にやられたんだ??”といきなり怒るウヨン(デヨン)に、”初めて会ったと思うけど・・俺たち知り合いだった?”と驚くシウ。
”コ・ウヨンだ。お前のお父さん(デヨン)の友達のトクジンおじさん知ってるだろ?俺の父親だ”とシウに自己紹介するウヨン(デヨン)w
”トクジンおじさんは結婚してないじゃないか・・’と驚くシウに、”結婚したけど、母さんが内緒にすることにした”と誤魔化すウヨン(デヨン)。

ウヨン(デヨン)に礼を言い、報復されるから助けたことを口外しないように話すシウ。
誰からいじめられているかは言わないシウ。

1人で昼食を取るシウに、”どうして虐められているんだ?”と尋ねるウヨン(デヨン)。”気にするな”と答えるシウ。
シウを虐めているのは、バスケ部主将のチャソンだと分かり、そのチャソンを呼び止めるウヨン(デヨン)。
”お前、ちょっと叱らないといけない”とチャソンに宣戦布告するウヨン(デヨン)

ーーー2001年
母親からも中絶を勧められるが、お腹の中の赤ちゃんを殺すことは出来ないと抵抗する高校生のダジョン。普通に大学に進んで欲しいダジョン母と衝突して辛いダジョン。
デヨンも父親から反対され、赤ちゃんを産めば自分だけじゃなくダジョンの将来も壊すことになるかと悩んでいた。
”辛いだろう・・俺たち赤ちゃんを諦めるか?現実を考えてみよう”と話すデヨンに、”嫌よ””諦めるのが現実?辛いの?辛いならお前の人生を生きろ”と拒否するダジョン。

そんな時、ダジョンのおなかの赤ちゃんの心音が聞こえなくなったと分かり、慌てて病院に駆けつけるデヨン。
医師からも、稽留流産で手術して出さなければならないと聞かされるデヨン。泣くダジョン。
”ごめん・・パパが悪かった・・”と動かないお腹の赤ちゃんに泣きながら話すデヨン。
そうしていると赤ちゃんの心臓が再び動き出した。喜ぶデヨンとダジョン。
こうして双子の親となっていった二人。

第2話に続く。

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました