韓国ドラマ 18アゲイン 第13話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「18アゲイン」13話あらすじ

突然のウヨン(デヨン)のキスに驚き、ウヨン(デヨン)の頬を叩くダジョン。
それを見ていたヘイン先生も驚き、ウヨン父であるトクジンをにらみつけるw

急いで帰ろうとするダジョンを車で送ることにするジフン。
そのダジョンの後を追いかけようとするウヨン(デヨン)を呼び止めるエリン。
”全部話す。俺がデヨンだという事を””ダジョンをこれ以上騙せない”と話すウヨン(デヨン)に驚くエリン。

ダジョンを送って行ったジフンは、ウヨン(デヨン)がダジョンを追ってきたことに気付く。
ウヨン(デヨン)からダジョンを守ろうとするジフン。
”第三者は口出すな”とジフンに怒るウヨン(デヨン)に、”私の彼氏よ”と嘘をつくダジョン。
”嘘をつくなよ”と言うウヨン(デヨン)に、”嘘じゃない”と、ダジョンの手を引いて行くジフン。

”彼氏だ”と言ったことをジフンに謝るダジョン。
これからもウヨン(デヨン)の前では彼氏の振りをしようと話すジフン。

ウヨン(デヨン)の父親であるトクジンに、”昨晩の事は私が謝る””大人として私が気を付けなくてはならなかったのに・・”と謝罪に行くダジョン。
良い関係になりそうだったヘイン先生からは距離を置こうとメッセージが来て、ショックを受けるトクジン。
トクジンの息子ウヨンが、シアたちの母親ダジョンにキスしたことに大きなショックを受けているヘイン先生。
ウヨン(デヨン)のせいでヘイン先生から拒絶されたと分かり、ダジョンの前で”あいつは本当の息子じゃない!!”と叫ぶトクジンw

ちょっとウヨン(デヨン)にときめいてしまっていたと告白するダジョンに驚くエリン。
3年前は、”夫にはときめかない”とエリンに話していたダジョン。
ウヨン(デヨン)とははっきりと線引きしようと決心するダジョン。

これからはもう近寄らないようにウヨン(デヨン)に話すダジョン。
”偶然会ったとしてもお互いに避けるようにしよう”とまで言うダジョンに驚くウヨン(デヨン)。

生徒たちと進路面談をするヘイン先生。
”私は大学には行かない”と言うシアに驚き、”親には相談したの?””進学問題は大事なことだから親と必ず相談して”と話すヘイン先生。
その二人の話が聞こえ、驚くウヨン(デヨン)。

”本当に大学に行かないのか?””やりたいことが他にあるのか?”と尋ねるウヨン(デヨン)に驚くシア。
シアにはメイクアップアーティストになる夢があることを知るウヨン(デヨン)。

エレベーターの中でユミのスカートの中を盗撮している男に気付き、捕まえるダジョン。
その男性は力のあるプロデューサーで、盗撮をしたことが分かっても何も言えない他のアナウンサーたち。
その映像を確認したユミも何も言えなくなるが、そのプロデューサーを捕まえて警察に突き出すダジョン。

”ただ私が謝って終わりにすればよかったのに・・”と話すユミに、”娘の事を思い出したから・・””もし娘が同じ目に遭って、助けてくれる人が誰も居なかったら一生消えない傷になると思って・・お節介したのならごめんなさい”と話すダジョン。

ダジョンのMCで好評だった離婚番組”危機の夫婦”は正式な番組として編成されることになったが、そのMCはダジョンではなく女優が起用されることとなった。
ショックを受けるダジョンや、デヨンたち。

ダジョンが番組から外されたことが分かり、ダジョンに会いに行くジフン。
そのジフンとダジョンの姿をこっそりと撮るカメラマン。
そのカメラマンに気付き、カメラのメモリーカードを没収するジフン。
今までもそのカメラマンに嘘の記事をでっちあげられていたジフンは、”ダジョンさんに手を出したら、記者も新聞社も全部名誉棄損で訴えるからな”と脅すジフン。

パンプスの修理を出したダジョンに、”それならスニーカーじゃなくてパンプスをプレゼントすればよかった”と話すジフン。
以前パンプスをくれた”ファン第一号”が、ジフンではないことが分かるダジョン。

以前、ダジョンと歩いて花びらを捕まえた公園に行くジフン。
”あの時の願い事、ダジョンさんにあげるよ”と言って、ダジョンの手のひらに指輪を置くジフン。
兄が突然亡くなってから、一緒に居てくれる人や悩みを聞いてくれる人は誰も居なかったジフン。
そんなジフンは、ダジョンの笑顔が好きで、ダジョンがこれから笑うことばかりあるようになることが”願い”だった。
”ダジョンさんは辛い時に思い出す人が居る?”とジフンから尋ねられ、いつも辛い時にはデヨンに慰めてくれていたことを思い出すダジョン。

ダジョンの辛い時に、いつも思い出す人になりたいと話し、ダジョンの事が好きだと告白するジフン。
”ごめんなさい・・””ジフンさんは本当に良い人よ””これはジフンさんのせいじゃなくて・・”と断り、指輪を返すダジョン。

帰宅するダジョンを見ながら、電話をするウヨン(デヨン)。
番組から外されたダジョンを心配するデヨンに、”心配する振りしないで!!辛い時に一度も傍にいなかったじゃないの!法廷にも来なくて!!”と怒るダジョン。
”傍にいたんだ・・お前の傍にいたんだ・・”と言うデヨンに、”嘘言わないで!!”と怒って電話を切るダジョン。

レジのお金を盗んだと、コンビニのオーナーから疑いを掛けられるシア。
連絡を受けて急いで駆けつけるダジョン。
証拠もなくシアを疑うオーナーに、”私はシアがお金を盗んだとは思いません””この子が盗ったと決めつけず、もう一度探してみてください””それでも無かった場合は私が弁償します”と話し、頭を下げるダジョン。

初めてシアがコンビニアルバイトしている事を知ったダジョン。
”実は、メイクアップの学校に行こうと思って・・学費のために”と話すシアに、驚くダジョン。
大学進学しないと言うシアに、”世間に出たらお前にいくら実力があっても、書類で評価されるのよ!”と怒るダジョン。
”私の話を聞かずに、すぐ怒るの??””私は1年前から色々調べて慎重に決定したのよ!ママはこの分野のことを知らないじゃないの!””私が何とかするから口出さないで”と怒るシア。
”私はお前が習いたいこと、食べたいこと、やりたいことを全部やらせようと思って努力しているのに!”と怒るダジョンに、”また、そうやって暮らしているのは私のせいだっていう話し?””私も知ってる。ママとパパの失敗で私が生まれたことを””だから荷物にならないように努力しているじゃないの!ママとパパの人生のお荷物なんでしょ!””ずっと興味なかったくせに、今さら興味あるふりしないで”と言うシア。ショックを受けるダジョン。
二人を遠くで見ていたウヨン(デヨン)もショックを受ける。

シアの言葉で傷ついたダジョンを抱きしめて慰めたいデヨンだったが、ウヨンの姿のデヨンはそれも出来なかった。

家でシアと話をするダジョン。
話も聞かずに怒ったことを謝り、シアたちを産んだことを”失敗”ではなく、自分の人生にとって二度とない祝福”だと考えている事を話すダジョン。謝るシア。
これからはシアの話を先にちゃんと聞くから、何でも話して欲しい、関心が無いわけじゃないと話すダジョン。
自分の場合は学歴が無くてしたいことが出来なかったけど、シアの目指す”メイクアップアーティスト”は学歴よりも”経歴”が重要だと調べて分かったダジョン。
シアの大学に行かないという決断を尊重することにし、その代わり、メイク学校の学費は用意するからアルバイトを辞めるように話すダジョン。

スポンサーリンク

”探している人を見つけた。名前はホン・デヨンさんだ”という連絡がジフンの元に入る。

今までシアとシウのためにコツコツと貯金をしていたデヨン。
”お前のお父さんから渡すように言われた”と話し、その通帳をシアに渡すウヨン(デヨン)。

銀行に行って、その通帳の通帳記入をするシア。
シアたちが生まれてずっと、何か一歩成長する度にデヨンがお金を貯金してくれていたことが分かり、泣くシア。

お金を取ったという疑いは晴れるが、コンビニアルバイトを辞めるシア。

電話を掛けて来たシアに、”釜山に居る”と嘘をつくデヨン。
”パパ・・会いたい・・”と泣きながら言うシアに、”ごめんな・・シア”と泣くデヨン。

突然家にやって来たジフンに驚くシア。

ダジョンに会って、ちゃんと話をすることに決めるデヨン。
デヨンとの待ち合わせの公園にやって来たウヨンに驚くダジョン。
デヨンの携帯から”ダジョン・・俺はデヨンだ。コ・ウヨンではなくホン・デヨンだ”と話すウヨンに驚くダジョン。
ーーーー
知人の結婚式に出席し、新婦のウエディングドレス姿を羨ましそうに見るダジョンに気付くデヨン。
今からでも結婚式を挙げようかと話すデヨンに、それよりもそのお金で家族旅行に行ってシアとシウに思い出を作ってやりたいと話すダジョン。
ーーーー

ウヨンを見ていたら、以前ときめいていた頃のデヨンを思い出してしまうダジョン。
ウヨン自体にときめいたのか、ウヨンがデヨンに顔や行動が似ているからときめいたのかわからず、混乱していたダジョン。

第14話につづく。

韓国ドラマ「18アゲイン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました