スポンサーリンク

韓国ドラマ 一度行って来ました 第81,82話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「一度行って来ました」81,82話あらすじ

突然のダヒとジェソクの結婚話に当惑するヨンダルやオクブン達。

ガヒから、ダヒたちが親に結婚の許しを得にやって来たと聞き、驚くナヒ。

ジェソクと付き合って日は浅いが、どれくらい大事な人かとヨンダルとオクブンに説明するダヒ。
”ダヒを内助する”と話し、結婚の許しを得ようとするジェソクを、とりあえず家に帰すヨンダル。
またユンジョンの息子と結婚させるのは大反対のオクブン。

”同盟”を組んでいたのに、勝手に結婚の許しを得に行ったジェソクに腹を立てるギュジン。

どうせすぐに耳に入ることだしと、ユンジョンにも直接話に行くジェソクとダヒ。
ジェソクと付き合っていたのはダヒだったと知り、ダヒに騙された思いのユンジョン。
二人の結婚に大反対し、二人を家から追い返すユンジョン。

オクブンに連絡し、会って話をすることにするユンジョン。
ジェソクとダヒの結婚はとんでもない事で、再びお互いに親戚関係になることが考えられない二人。
破談になった事があるダヒを”傷もの”扱いするユンジョンに、キレるオクブン。
お互いに”私の子供はやれない!!”と言い合いになり、喧嘩別れする二人。

ダヒたちがユンジョンにまで結婚の許しを得に行ったと分かり、怒るオクブン。
”ユンジョンが、破談になって傷のある嫁は受け入れられないって!!”とオクブンから聞き、ショックを受けるダヒ。

ジェソクとダヒの交際を知りながらどうして止めなかったんだと、ギュジンを責めるユンジョン。
元々ギュジンとナヒとの結婚も反対だったユンジョンは、ジェソクの結婚相手は自分が選ぶと決めていた。その上、元嫁ナヒの妹ダヒとの結婚はあり得ないユンジョン。

傷つくダヒは、屋台で一人酒を飲む。
ダヒと連絡が付かず、心配するジェソク。
家から居なくなったダヒは、ジェソクと会っていると思っているナヒたち家族。
ギュジンから連絡を受け、行先の分からないダヒを心配するナヒたち。

酔っぱらったダヒは、ユンジョンを訪ねて家に行く。
”社長(ユンジョン)・・・私を大目に見てくれませんか””私はジェソクさんじゃないとダメみたいで。・・社長のこともすごく好きで。楽しく暮らせると思うんですが・・だけど、ダメですか?本当に私じゃダメですか?”とユンジョンに懇願するダヒ。
”私の方こそ頼むわ。私はダヒさんの事好きだった””だけど、うちのジェソクはダメだ。知っているでしょう?私が息子たちに欲が多いことを”と、ジェソクと別れてくれるように頼むユンジョン。
”頑張りますから”とすがるダヒに、”お願いだから・・”と、泣きながら諦めるように言うユンジョン。
ユンジョンと一緒に酒を飲み、そこで寝てしまうダヒ。

スポンサーリンク

第82話あらすじ

朝、目覚めたユンジョンは、そこにダヒがいて驚く。
またユンジョンが二日酔いで食事をしないかと心配して朝食を用意したダヒ。
帰り際、”私は本当にダメですか?”と尋ねるダヒに、”ごめんなさい・・ダヒさんはあまりにも資格を備えてない”と拒否するユンジョン。ショックを受けるダヒ。
ユンジョンが良くぶつけるテーブルの角も、ユンジョンが痛くないようにガードを付けて帰ったダヒ。
それを見て、余計に胸が痛むユンジョン。

朝、やっとダヒから電話が来て、安心するジェソク。
ダヒが昨晩ユンジョン邸に泊まったと聞き、驚くジェソク。

ヒョシンに、自身の気持ちを正直に話すことにするガヒ。
”私はお前が好きだ””だけど、私の感情よりもジフンの事が一番大切だ””だから・・時間が欲しい”と話すガヒに、”俺もそういう考えだった”とガヒの気持ちを理解しているヒョシン。

ジェソクと話をすることにするダヒ。
落ち込む様子のダヒに、”母さんがまた酷いこと言ったのか?”と心配するジェソク。
”私達・・別れないといけないようだ”と話すダヒに、驚くジェソク。
”社長(ユンジョン)は、私がどうしてもダメだって。。すごく足りないんだって・・ジェソクさんの相手として。傷のある嫁は嫌だって”と話すダヒ。
母ユンジョンは俺たちにも毒舌なんだと話すジェソクに、”その言葉のせいじゃなくて・・社長が泣いてた。私の手を握って泣きながら頼まれた・・ジェソクさんのお母さんを泣かしてまで・・出来ない””どうして私たちの事だけ考えられるの・・社長はジェソクさんのお母さんなのに”と泣くダヒ。
”だけど、俺は別れることは出来ない””元に戻ろう。結婚せずにただ付き合おう”と話すジェソクに、”それももう駄目じゃないの・・”と言うダヒ。
ダヒを抱きしめ、”ダメだ””ごめん。。俺が欲深かった。結婚はやめよう。だけど別れようと言わないで。お願いだから”と泣くジェソク。

今までダヒが優しく親切にしてくれていた事を思い出し、胸が痛むユンジョン。
ユンジョンに会いに行くジェソク。
”今になって、兄さんの気持ちが分かる。母さんから義姉さんへのきつい言葉を横で聞いている兄さんの気持ちがすごく分かるよ!””母さんはどうしてそんな人になった??””ダヒが別れようって!!泣きながら・・私たちの気持ちのせいで母さんを泣かせることは出来ないって・・””俺は別れられない””俺は覚悟していた。でも母さんが最後まで反対するなら、それで俺たちが別れないといけないなら、おれはまた韓国を出て行って帰って来ない””脅迫じゃない。ここに居られない。それくらい俺に絶対的な人なんだ、ダヒは!!””親戚関係だったとか、何か足りないとか、傷とかじゃなくて、ただ人、ソン・ダヒを見てくれないか”と説得するジェソク。何も言わずに部屋に入るユンジョン。

翌日、ジェソクに電話をするユンジョン。
”週末、食事をしに来るように言え。ダヒさんに”と話すユンジョンに、驚くジェソク。
ユンジョンがダヒとの仲を許してくれたのかと考え、喜ぶジェソク。
その喜ぶジェソクの姿を見て、複雑な思いのナヒ。

喜んでダヒに連絡するジェソク。
ユンジョンから食事に招待されたと話すジェソクに、驚くダヒ。
ジェソクと別れなくて良いと分かり、喜ぶダヒ。

ジェソクとダヒの結婚を許すことにしたユンジョンは、”こんな事ならオクブンに傷ものとか言わなきゃよかった・・・”と後悔する。
腹を決め、オクブンと話をすることにするユンジョン。

一緒に食事をしても、浮かない顔のナヒが気になるギュジン。
ユンジョンからジェソクとダヒの結婚の許しが出たのは嬉しいが、姑ユンジョンと上手くできなかった自分とダヒを比較して落ち込んでしまうナヒ。
今までは嫁姑の仲が良くなかったのはユンジョンのせいが大きいと思っていたが、自分のせいも大きかったと考えるようになったナヒ。
”もう少し自分が気持ちを開いて接していたら・・””少しもしようとしていなかった”と自責するナヒ。
”母さんとお前の間に、一番間違っていたのは俺だ”と話し、ナヒを抱きしめて慰めるギュジン。

オクブンとの待ち合わせに行く途中で、ギュジンの車に気付くユンジョン。
車の中で、ナヒと抱き合うギュジンを見つけ、驚くユンジョン。そんなユンジョンに気付き、驚くギュジンとナヒ。
ギュジンとナヒがまた付き合っていることが分かり、怒るユンジョン。
そこに出くわし、”また付き合っているってどういうこと??”とギュジンとナヒを問い詰めるオクブン。

第83話につづく。

韓国ドラマ「一度行って来ました」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました