スポンサーリンク

韓国ドラマ ある春の夜に(春の夜) あらすじ5,6話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「春の夜」キャスト・登場人物紹介はこちら→ 「春の夜」全話あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「春の夜」5,6話あらすじ

”僕の事どうして知ってるの??”と尋ねるウヌに、”どうして知ってると思う?””ウヌが当ててみて”と話すジョンイン。
”うーんと・・お母さん・・?”と答えるウヌ。
そのウヌの言葉に驚き、”どうしたんだお前??”と叱るジホ。
悲しそうなウヌに恐竜の絵本を見せるジョンイン。

”驚いたでしょう?今までこんなこと無かったのに・・”とジョンインに謝るウヌ。
”驚いたわ。ジホさんがダメなパパで””失敗はジホさんがしたじゃない。叱ることじゃないわ”と答えるジョンイン。
幼い頃に親の思いのままに叱られた時、悔しくて家出したくなったと話し、ウヌに謝る様に言うジョンイン。
ウヌに、”さっきはゴメンな””ウヌが悪くないのに叱ったじゃないか・・”と謝るジホ。”お父さんだから”と許すウヌ。

図書館に来ているジヌに気付いたヨンジュに、”薬局の・・””ギソクの後輩”と説明するジョンイン。

シフンのカードの請求や銀行からの督促状がたくさん届き、ため息をつくソイン。
周りには見栄を張ってお金を使うシフン。

ウヌに絵本をプレゼントするジョンイン。
帰りの車の中、”さっき図書館でどうしてお母さんって言ったんだ?””叱ってるんじゃない。初めてだったから尋ねてるんだ”とウヌに話すジホ。黙るウヌ。

両親に”ウヌが母親につて尋ねたことが無いか?”と尋ねるジホ。母親について尋ねたことは無いウヌ。
もしウヌが尋ねたら事実通りに話すと言うジホ母。
ジホの事を心配し、ウヌを自分たちで育てようとしているジホの両親。

マンションの階段で出くわし、薬局のジホが上の階に住んでいることを知るヨンジュ。
ジョンインが気にしていた”上の階のイケメン”はジホの事だと分かるヨンジュ。

”絵本ありがとう””そして、友達になってくれたことも”とジホからメッセージを受け、顔がほころぶジョンイン。
そんなジョンインの顔をスマホで撮り、”そんなに彼氏が良いの?w”とからかうジェイン。

シフンの歯科医院は人気が無く、医院のテナント料も滞納していた。
友人弁護士に連絡をし、妻ソインと共同名義になっているマンションの処分方法について相談するシフン。

次の編成で、単独アンカーの番組を上司から打診されるソイン。
ソインもマンションを売りに出そうとしているが、ローン担保になっていて処分に頭を悩ませる。

”薬剤師が上の階に住んでいるのをどうして隠してたの?”とジョンインに尋ねるヨンジュ。
怪しむヨンジュに、”ギソクの後輩だってば””友達になったの。ただの友達”と誤魔化すジョンイン。
ジョンインの怪しい様子に”これは事故だわ”と驚くヨンジュ。

ジホのいる薬局に行き、”ストレスに効く薬あるか?彼女が最近神経質になって・・”と話すギソク。
ジョンインとジョンインの親にと、ジホおすすめの栄養剤を購入するギソク。
”結婚の話を出したからかな・・”とつぶやくギソクに、”結婚するんですか?”と尋ねるジホ。
”しないと。付き合って長いからな・・””結婚話をし始めたとこだ・・”と話すギソク。

ギソクが薬局に来てからジホの様子がおかしくなったのに気づき、あまり気分の浮き沈みの無いジホなのにおかしいと感じる薬剤師のヘジョン。

スポンサーリンク

第6話あらすじ

周りからもジョンインとギソクの結婚はいつなのかと尋ねられるテハクとクォン理事長。
焦るテハクと、二人の結婚に乗り気じゃないクォン理事長。

ジホの薬局で買った栄養剤をジョンインに渡すギソク。
”ジホには子供がいるんだって。若い時に付き合った女が子供を産んで逃げたようだ。海外に行ってしまって探す事も出来ないそうだ”と話すギソク。
”まぁ、似たような境遇の人と出会えばいいだろう””よくしてやれば良かったのに。何をして女が逃げたんだ”と言うギソクに苛立ち、”良くしてあげたら逃げないの?””良くするとかの問題じゃないでしょう?気持ちが変わったのに”と言うジョンイン。驚くギソク。

夜、外出しようとするジェインに早く帰ってくるように小言を言うジョンイン。
ジョンインの部屋に行こうとするギソクに、”今日はちょっと・・””ジェインもいるし”と電話で断るジョンイン。
ジェインが外出する姿を目撃し、ジェインを口実にジョンインに拒否されたことが分かるギソク。

ジホに、栄養剤を受け取ったと電話をするジョンイン。
初めて電話でジョンインの声を聴き、”ジョンインさんの声はこうなんだな・・”と呟くジホ。
ジホとの電話の途中、ギソクからの着信が来るジョンイン。それが分かり胸を痛めるジホ。

ジョンインのマンションにおかずを作って持って行った母ヒョンソンは、そこでジェインと出くわす。
勝手に留学を止めて帰国したジェインに怒るヒョンソン。
それを知らないテハクは、ジェインに電話しようとする。
ジェインが韓国に帰国していることは内緒にして誤魔化すヒョンソン。

ソインのマンションに遊びに行き、お小遣いをもらうジェイン。
昔から義兄シフンの事が嫌いで避けているジェイン。

ギソクと連絡を取り、酒を飲むシフン。
患者が多くなったから歯科医院を大きくしようとしていると、融資の話を持ち出すシフン。
ギソクに”家族同様だから・・”と融資の審査を簡単にして欲しいと頼むシフン。

友人ヨンジェに、”付き合いたい人が居た・・”と話すジホ。
”どうしてダメだったんだ??”と尋ねるヨンジェに、”電話での声がイマイチだったんだ。。”と誤魔化すジホ。

帰り道、ジョンインの姿を見かけて離れた場所から電話をするジホ。
”ジョンインさんの姿が見えて・・声が聴きたくて・・”と言うジホに戸惑うジョンイン。
”心配しないで。これ以上は進まない。こんなことも負担になるならこれからしない”と話すジホ。
”私もどれくらいからダメなのか良く分からない・・だから心苦しい”と言うジョンインに、”僕がどうしたら良い?”と尋ねるジホ。
”何が出来るの?”と言うジョンインの傍に行こうとするジホ。そんなジホに戸惑い、”来ないで”と止めるジョンイン。

電話を切った後もジホの事が気になって落ち着かないジョンイン。

ギソクに会いに、銀行の前まで行くジョンイン。
そのジョンインに気付き、話しかけるヒョンス。
これからジホに会いに行くヒョンス。
”ジホにも彼女が居ないとダメだな”と話すギソクに、”俺の勘だけど、女が居る”と話すヒョンス。驚くジョンイン。

”誰なんだ??どんな女だ??”と尋ねるヒョンスに、”良い女だ”と答えるジホ。
ジホの様子に、”本気で嵌ったんだな”と驚くヒョンス。”おかしくなるまえに止めた””止めようとしている”と話すジホ。
”理由は何だ?”と言うヒョンスに、”辛くなるのが目に見えているから。彼女が”と答えるジホ。

一緒に食事をしても、会話の弾まないジョンインとギソク。
ジョンインが結婚について”時間を置こう”と言ったことは、前向きに捉えているギソク。
”努力するわ・・”と言うジョンインに、”俺たちの関係が努力しないといけないほど悪くなってたのか・・?”とショックを受けるギソク。
”もしかして他に誰かいるのか?”と言うギソクに、動揺するジョンイン。
”・・・居ないわ”と言うジョンインに、”居ない?確かか?”と納得しないギソク。

酔ったジホは”一度だけ・・ただ一度だけ俺が思う通りにしたら罰を受けるかな?”とヒョンスに呟く。

図書館で働くジョンインに会いに行くジホ。
本棚の間からジョンインの顔を覗くジホに、気付くジョンイン。

ジョンインに連絡なしで図書館にやって来たギソクに、ジョンインの居場所を案内するヨンジュ。

ジホの姿を探していたジョンインは突然ギソクに呼び止められ、動揺する。

第7話につづく。

韓国ドラマ「春の夜」キャスト・登場人物紹介はこちら→ 「春の夜」全話あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました