たった一人の私の味方 第85,86話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「たった一人の私の味方」ビハインド動画

「たった一人の私の味方」85,86話あらすじ

久しぶりにアメリカから帰国してきたダヤ叔父は車を運転するスイルに遭遇し、驚く。
だが、無期懲役のスイルがいるわけないと、見間違いだと考えるダヤ叔父。

独身時代に勉強していたアナウンサーになるための勉強を再び始めることにするミラン。

スイルの家から泣きながら帰ってきたクムビョンに驚くジングク達。
クムビョンの話から、スイルとホンジュが暮らし始めたと分かり、驚くダヤたち。
ウンヨン達から問い詰められ、それが事実という事を認めるドラン。

ホンジュがスイルの過去を知っても、受け入れたことが分かるデリュク。
父スイルのすべてを受け入れてくれたホンジュに感謝するドランだったが、他の人がスイルの過去を知ってしまったら・・と心配する。

実家に帰り、ホンジュがスイルと暮らし始めたとホンシルに話すダヤ。ショックを受けるホンシル。
ホンジュに、ホンシルと会って話をするように言っていたスイル。だが、怒ったホンシルがスイルの家に突然押しかけて来る。
“ウンジュ、アメリカに居るはずのお前がどうしてここに居るんだ??”と怒り、ホンシルを連れ帰ろうとするホンシル。
”ここが私の家なのにどこに帰るのよ!””カン先生と私は結婚する仲よ。だからここが私の家よ”と言うホンジュに、衝撃を受けるホンシルとダヤ。
怒るホンシルに、”アメリカに帰れなかった。カン先生ほど好きな人に死ぬまでに出会えそうにはない””私は一人で一生寂しく死にたくない。カン先生と結婚して幸せに暮らしたい”と話すホンジュ。

スイルとホンジュが結婚するとダヤから聞き、驚くドランとウンヨン。
これからホンジュが”嫁の母親”になると分かり、ウケるウンヨンw
嫁ドランの親なのに今まで家に一度も招待していないスイルを食事に招待しようと、ウンヨンに話すジングク。

スイルに電話をし、ホンジュと結婚することを確かめるドラン。
ウンヨンがスイルを正式に家に招待してくれると分かり、感激するドラン。

ウンヨンを”この妾!”ダヤを”妾の娘!”といつも罵倒して暴力を振るうクムビョンを、説教するドラン。
”母さんが姉さんに望むのがこんなことだと思う?””もう母さんがいないのに父さんが一人で寂しく暮らすのが良いの?父さんが愛している人じゃないの。それなら憎くても認めないと”と説得するドラン。

結婚を記念して良い場所にマンションを買おうかと言い出すホンジュだが、首を横に振るスイル。
結婚式は止めて、ただ暮らし出したらよいと考えるスイル。
後からホンジュが後悔した時に、いつもすぐに別れられるようにしておくほうがいいと話すスイルに、”一生一緒に居る””後悔しない”と言うホンジュ。

昔、刑務所のスイル(ヨンフン)に面会に行き、”どうして弟を殺したんだ??”と責めた時の事を思い出すダヤ叔父。
”何も思い出せない・・””分かりません・・”と答えるスイルに、”目撃者もいて、証拠もあるのに!!””そこから一生出られないようにしてやる!!”と激怒したダヤ叔父だった。

認知症のクムビョンは、家族を集め、”妾と妾の娘がこの家で暮らすことを認めることにした”と話す。驚き、喜ぶジングク達。
もうウンヨン達の髪の毛を掴んだりしないとミョンヒ(ドラン)と約束したと話すクムビョン。
これからはクムビョンから”妾の女”ではなく、”おばさん”と呼ばれるようになり、喜ぶウンヨン。こうしてくれたドランに感謝するウンヨンとジングク。
またウンヨンがドランを可愛がるようになり、面白くないダヤ。

母ホンシルは父親が殺された事件の事を教えてくれないため、叔父にその事件の事を尋ねるダヤ。
その事件に関する処理はダヤ叔父が全てして、当時ショックを受けて寝込んでいたホンシルはほとんど知らないままだった。
”お父さんは、生命の危機を感じて助けを求める人を助けようとして亡くなったんだ・・””その殺人犯は無期懲役で刑務所にいるじゃないか。法の裁きを受けたんだ”とダヤに話す叔父。

後から一人で叔父と会い、犯人の名前や年齢や職業などを尋ねるダヤ。
そんなダヤに、”犯人は無期懲役を受けて一生刑務所に居る。ダヤがそんな事を知っても価値は無い”と話すダヤ叔父。

スポンサーリンク

第86話あらすじ

叔父の話を聞き、父親を殺した犯人の事を忘れることにするダヤ。

ミランから、ホンジュとスイルが結婚すると聞き、驚くヤンジャ達。
”ドランが億万長者の娘になるのね??”と気付くヤンジャw

家の夕食にスイルが招待されているが、”叔父に会う”と嘘を付いて出て行くダヤ。
ジングク邸に正式に招待されて緊張しながら準備をするスイル。そんなスイルの気分を解すホンジュ。

食事をしながら、ホンジュと結婚することになったスイルを祝うクムビョンやジングク達。嬉しいドラン。

不貞腐れて実家に戻るダヤ。
よく気が変わってドランを可愛がるウンヨンへの愚痴をホンシルに言うダヤ。
無期懲役の判決を受けた人間が模範囚となって出所しているというニュースを見て、驚くダヤ。
”もし父さんを殺した男も釈放されて近くに居たら?”と言い出すダヤに、その事については考えないようにと話すゴレとホンシル。

ネットで父親が殺された事件の記事を見るダヤ。
帽子をかぶってマスクをしているその犯人の写真を見て、スイルの顔が思い浮かぶダヤ。怖がるダヤを慰めるイリュク。

ホンシルの家にホンジュを送って行くスイル。
ホンシルに、スイルとの結婚を祝ってほしいと話すホンジュ。
前夫フレディとの結婚もホンシルには祝ってもらえなかったホンジュは、今回は認めて祝って欲しいのだった。
ホンジュが幸せになることだけを願うホンシルだったが、またホンジュが不幸になるんじゃないかと考える。
そんなホンシルに、”幸せになる自信がある。今からでも幸せになりたい。他の誰でもなく、姉さんに祝ってほしい”と話すホンジュ。
”今度は幸せにならなきゃだめだ。未亡人にもならず、裏切られずに”と話し、ホンジュを抱きしめるホンシル。

ホンシルが自分たちの結婚を祝ってくれたと分かり、喜ぶスイル。

スイルとホンジュたちの衣装合わせに付き合い、一緒に食事をするドランとデリュク。
偶然、同じレストランに来ているダヤ叔父。

空港に向かう車に乗るダヤ叔父は、横断歩道を渡るスイルを目撃し、慌てて追いかける。
そのスイルの姿を、”弟を殺した男に間違いない”と確信するダヤ叔父。
ホンシルに言ったらまた倒れるかもと考えるダヤ叔父は、ゴレとダヤに電話をかける。
ゴレは診察中で電話が取れず、ダヤと電話がつながる。

叔父から、”俺がお前たちの父親を殺した男を見たようだ。ゴレにあの男が釈放されたのか調べろと伝えろ。あの男が出てきたようだ”と言われて驚くダヤ。
ホンシルには内緒で、ゴレに伝えるダヤ。
”名前はキム・ヨンフンで・・”と叔父から聞いた情報をゴレに伝えるダヤ。
信頼できる友人の親戚の刑事に、調べてもらうことにするダヤ。分かったらすぐ言うようにと言うゴレ。

連絡を受け、父親を殺した犯人が刑務所から出てきていることが分かり、驚くダヤ。

スイルのパン屋で、スイルとホンジュの結婚式が行われる。
ウンヨンやデリュク、ホンシルやゴレ達も駆けつける。

”キム・ヨンフン”についての調査結果を受け取るダヤ。
そこには、スイルの写真が入っていて驚くダヤ。
”キム・ヨンフン”が”カン・スイル”と改名した文書も入っており、父親を殺した犯人がドランの父親スイルだと分かり、衝撃を受けるダヤ。

第87話につづく。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました