スポンサーリンク

たった一人の私の味方 第71,72話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「たった一人の私の味方」71,72話予告動画

「たった一人の私の味方」71,72話あらすじ

ドランを許さず、デリュクとは離婚させると意地を張るウンヨン。
意見の対立するジングクと喧嘩し、自分たちのの離婚話にまで発展させしてしまうウンヨン。

スイルの家に遊びに行っていたクムビョンは、ドランが帰らないと分かり、自分もスイルの家に泊ると言い出す。
仕方なく、デリュクも一緒に泊ることにする。

離婚を言い出したらジングクから謝るかと思っていたウンヨンだったが、ジングクが離婚を了承して当惑する。
意地になって引けないウンヨンは、離婚して慰謝料を貰ってイリュクとダヤと一緒に暮らすと言い出す。
ジングクの会社をを夫イリュクに継いで欲しいダヤは、そうなるとデリュクとドランに会社を握られてしまうと慌てる。

スイルの事が好きな認知症症状のクムビョンは、スイルの気を引くために美味しい朝食を作る。
”兄さん(スイル)は顔の綺麗な女性が好き?料理上手な女が好き?綺麗な女性とは3年だけど、料理上手の女とはずっと暮らすんですって”と料理上手の自分をアピールするクムビョンw

ジングクの家から追い出され、当分の間はスイルの家に住むことになったドラン。
そんなドランに、”この状況を何とかするから、信じて待って”と話すデリュク。

ホンジュから電話がかかって来るスイル。
”ホンジュ”という女からの電話に、嫉妬して怒り出すクムビョンw

顧問弁護士から、ジングクとの協議離婚についての書類を渡され、当惑するが、意地になって引き下がれないウンヨン。
その様子を見て、慌ててイリュクに報告しに行くダヤ。
いつもの夫婦喧嘩ではないことが分かり、デリュクに連絡するイリュク。

刑務所内での集団リンチから助けてくれたスイルに、大きな恩を感じているドンウォン。
面会に行ったドンウォンは、スイルがもう出所していることを知って驚く。
街角で見かけたのがスイルだったと確信し、スイルの生活の後ろ盾をしようと考えるドンウォン。

ドランやデリュクの助けは借りたくないスイルは、中古のフードトラックを買い取って、車でパンを売って商売しようと考える。

ドランに、”お前はチュンシムの電話番号知っているだろう?”と電話を掛けさせるクムビョン。
チュンシム(ホンジュ)に、今スイルの家に居ると話すクムビョン。
急いでそのスイルの家に駆けつけるホンジュ。

スイルの家に居るドランに、”お父さんに会えたこと、本当におめでとう””これからカン先生とドランさんにこれから幸せなことだけあることを祈るわ”と応援するホンジュ。

クムビョンから、”ホンジュという女知ってる?””カン運転手の彼女らしいの”と尋ねられ、当惑するホンジュ。
スイルが”ホンジュ”を”彼女”と言ったと聞き、気分の良いホンジュw
スイルを奪った”ホンジュ”を見つけたら、髪の毛を引き抜いてやると怒るクムビョンw

スイルを目撃した付近を手下と共に探すドンウォン。

スイルのために美味しいドジョウ汁を作るクムビョン。ホンジュもそのドジョウ汁を食べてから帰ることにする。
美味しいと食べてくれるスイルに喜ぶクムビョン。
そこで、ホンジュをつい”ホンジュ”と呼んでしまうスイル。
”チュンシム、お前がホンジュなのか?二人は私に隠れてホンジュというニックネームを付けて呼んでたのか??”と言い出し、”悪い女!友達の男を取るなんて!!”と怒ってホンジュに掴みかかるクムビョンww

スポンサーリンク

第72話あらすじ

ミランもドランも独立してしまい、寂しくて元気の無いヤンジャは、たまにやって来るミランに大喜びする。
そんなヤンジャに、胸が痛むミラン。

病院のスタッフたちから、ミランがよく病院にやって来ると聞くホンシル。
”二人が病院でもキスしたりして視線に困る””先生は奥さんの事が本当に好きみたいだ”と話すスタッフたちに、ショックを受けるホンシル。
ゴレが男性を好きなはずなのに・・・と混乱し、ホンジュに報告するホンシル。
”アメリカでは知らない間柄でもキスをする”と話し、宥めるホンジュ。

離婚書類まで作成するジングクとウンヨンを説得しようとするデリュクたち。
”お前に本当に疲れた。短い人生、各自生きよう”とウンヨンに言うジングク。その言葉に怒るウンヨン。

このままジングクとウンヨンが離婚してしまうと困るダヤは、ドランに電話をかける。
”義姉さんたちのせいでお義父さんとお義母さんが離婚するのよ!離婚するなら義姉さんがしなさいよ!!”と激怒するダヤ。ショックを受けるドラン。

急いでジングク邸に駆けつけるドラン。
ウンヨンの前に跪き、”私のせいなら離婚しないでください。その全てが私のせいなら私が離婚します。デリュクさんと別れます”と話すドラン。驚くデリュク。
デリュクとドランを結婚させたくなかったウンヨンだったが、結局はドランを受け入れ、可愛がろうとしていた矢先に大きく裏切ったドランを許せないのだった。
”本当に申し訳ありません。でも、私はお父さんに28年ぶりに会いました。私にとって世界に一つだけの血縁です。私はお父さんを知らないふりをして生きることが出来ません。だから、私はデリュクさんと別れます。お母様が言うとおりにします。申し訳ありません”と泣いて謝罪するドラン。
そんなドランを外に連れ出すデリュク。

今回の件でもドランを大事にするデリュクの姿を見たジングクとウンヨン。
”二人を離婚させるのは、親としてすることじゃない”とウンヨンをなだめるジングク。デリュクを愛するウンヨンは、今回も自分が折れることにする。
泣くウンヨンに、”離婚しようと言った言葉は、俺が全て申し訳なかった。本心じゃないってことはお前だって知ってただろう”となだめるジングク。

勝手に離婚すると言い出したドランに、”俺に相談も無く離婚するなんてもう言わないで。付き合うのも2人ですることだけど、別れるのも一人でするんじゃない”と話すデリュク。
ウンヨンが、クムビョンを連れてドランと一緒に家に戻ってくるように言っているとデリュクに連絡するジングク。喜ぶデリュクとドラン。

ドランの様子を心配していたスイルは、ドランが家に戻ることになったと聞き喜ぶ。
クムビョンを連れ、デリュクと一緒にジングクの家に戻るドラン。

ドランを許して受け入れてくれた母ウンヨンに感謝するデリュク。

ドランが家に戻って来て元通りになり、納得いかないダヤ。

正気に戻ったクムビョンは、ドランが家に居るのを見てウンヨンがドランの事を受け入れたと分かる。
喜び、”全て良くなる。心配するな”とドランに話すクムビョン。

デリュクと結婚させた時より、今回の事が辛かったとドランに話すウンヨン。
ドランに心を開いた途端に、スイルが父親だという事実を隠して裏切っていたことに大きなショックを受けたウンヨンだった。
”正直に言って。まだ隠していることがあるの?”と尋ねるウンヨンに、”ありません。。”と答えるドラン。
スイルとは目立つようには会うなと話し、”当分の間は、カン運転手が親戚だと周りに知られたくない”と話すウンヨン。
そんな風にでも受け入れてくれたウンヨンに礼を言うドラン。

ゴレが本当にゲイなのか疑いを深めるホンシル。
自身の店に、ゴレの相手だと思っているスンジュンが現れる。
”妻のお母さんへのプレゼントを買いに来ました”と妻、娘まで連れて来たスンジュンに、”お前・・結婚してたの?”と驚くホンシル。

ゴレの相手だと思っていたスンジュンには結婚して二人も子供が居るという事実を知り、慌ててゴレに会いに行くホンシル。
”お前、男を好きじゃなかったの??スンジュンと付き合っていたんじゃなかったの??”と言うホンシルに、驚くゴレw
”そんな誤解をどうして?だったらどうして俺がミランと結婚するんですか?”と言うゴレに、ショックで倒れるホンシル。

トラックでのパン販売を始めるスイル。そこに駆けつけるドラン。
だが、ガラの悪い連中がやって来て”場所代”を要求されるスイル。
”それ不法でしょう??”と抵抗するドラン。スイルがお金を出さないと分かると、その連中たちはスイルの店をめちゃくちゃにし出す。
その連中とスイルが揉めている所に現れ、その連中を追い払うドンウォンと手下たち。そのドンウォンの登場に驚くスイル。
スイルと再会できて喜ぶドンウォンは、”兄さん!!”とスイルに抱き着く。それを見て、”知り合いなの・・?お父さん”と言うドラン。
スイルが娘と再会できたと分かり、喜ぶドンウォン。顔をこわばらせるスイル。

第17話につづく。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました