完璧な妻 第13話あらすじ ユン・サンヒョン

スポンサーリンク

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「完璧な妻」13話予告動画

「完璧な妻」13話あらすじ

開かずの間に貼られた数々の写真を見て、ウニがジョンヒのストーカーだと分かるジェボク。
ボングからジョンヒがウニと婚約式を行うことを聞き、慌てて駆けつけるジェボク。

”婚約がダメなんじゃない。この女だからダメなんだ”とウニと婚約しようとするジョンヒを止めるジェボク。
このまま婚約しようとするジョンヒに、”見ないといけないといけないものがある。婚約したければ何日かしてしろ”と説得するジェボク。
必死なジェボクの説得に、婚約を延期することを決めるジョンヒ。

ジェボクから、ウニの隠し部屋の写真の事を聞くジョンヒ。
ジェボクがジョンヒに何を吹き込んだのか気になるウニ。”(ジェボクの話は)ヘオクの治療の話だった”ととぼけるジョンヒ。

ウニ母である執事の知り合いであるパク社長夫人を探すようにボングに頼むジェボク。

ジェボク達の不穏な動きに気付き、慌てて家に戻って隠し部屋の写真を隠そうとする執事。
だが、ウォンジェやジョンヒ母などが来たため、片づけられない執事。

ジョンヒが婚約式を中止し、機嫌の悪くなるウニ。
猛スピードで飛ばすウニの運転に恐怖を感じるジョンヒ。
着信音が鳴ったジョンヒの携帯も窓から捨ててしまうウニ。
”俺と結婚して幸せになるんじゃないのか?ウニさんが助けてくれるんでしょう?最高の男にしてくれるんでしょう?”と暴走するウニを説得するジョンヒ。
ウニの車が対向車とぶつかりそうになるのを慌てて回避するジョンヒ。
”本心なの?私と幸せに暮らしたい?”と尋ねるウニに、頷くジョンヒ。喜んでジョンヒを抱きしめるウニ。

電話のつながらないジョンヒを心配するジェボク。

ウニとジョンヒは二人だけで婚約式を行う。
指輪の交換をしながら、”愛しているわ、ジョンヒさん・・永遠に・・死んでも・・”と言うウニ。

帰って来たジョンヒの婚約指輪を見るジェボク。
こっそりとジョンヒに”すぐに3階の作業室に行け”というメモを渡すジェボク。

ジェボクのメモの通り、その3階の部屋に入り、例の壁を見るジョンヒ。

ジョンヒの動きが気になるが、ジョンヒ母に捕まり動けないウニ。

”見たでしょう??ウニはあなたのストーカーだったのよ!!”と3階から降りてきたジョンヒに話しかけるジェボク。
”何言ってるんだ?お前は被害妄想か?写真??何の写真だ??”と言うジョンヒの手を引いてあの部屋に入るジェボク。
そこのジョンヒの写真は消えていた。驚くジェボク。

ジョンヒの写真が無くなっていることを驚くウニと執事。
誰が写真を撤去したのかわからず、困惑するウニ。

昔のウニの夢に見て、うなされるジョンヒ。

ウニの”前夫ギョンウに殴られた”顔に痣のある写真を思い出したジェボクは、その写真が本物なのか鑑定をボングに頼む。

”78億”の彼女からの着信を無視するボング。怒る”78臆”

あの写真が無くなったのは、ブライアンが自分を助けてくれるためにしてくれたんだろうと考えるウニ。

本当はあの写真を見ていたジョンヒ。
ウニが昔、自身をストーカーしていた”ムン・ウンギョン”だと気づいているジョンヒだったが、”勝ち抜かなければ・・・”と決意する。
気付かない振りをし、ウニを利用して成功するつもりのジョンヒ。

ジウクと下校したチェリーは、ウニの部屋の扉が開いていることに気付く。
ウニのドレッサーの上にあったチョコレートをつまみ食いするチェリー。

大事にしていたジョンヒからのプレゼントのチョコレートが少なくなっていることに気付き、ショックを受けるウニ。
口を動かしていたチェリーが、チョコを食べたことに気付くウニ。
”吐き出せ!!”とチェリーを掴んで揺さぶるウニ。その姿を見て驚くジェボクやウォンジェたち。
”児童虐待で訴える”と言うウォンジェに、”窃盗罪で訴える”と言い返すウニ。
ウニのチョコレートをチェリーが盗み食いしたことをジェボク達に話すジヌク。

そのチョコレートはジョンヒからもらったもの?”とウニに尋ねるジェボク。”ええ・・プレゼント”と答えるウニ。
いくらジョンヒから貰ったものでも、ウニが子供のチェリーにした態度を窘めるジェボク。
チェリーが盗み食いしたことを謝り、チョコレートを山盛り買って返却するウォンジェ。

”ねえ、消えろおばさん!020321って何?何かの日付?”と玄関の暗証番号の事をウニに尋ねるチェリー。
”その日はウニさんの誕生日じゃないでしょう?何かジョンヒと関連があるの?”と尋ねるジェボク。
”何の話?昔からその番号だった”と誤魔化すウニ。

2002年3月21日はまだジョンヒとジェボクが出会う前の日付だった。
ジョンヒの卒業アルバムなどをチェックするジェボク。
ある写真を見つけ、その020321はジョンヒのライブの日付だということが分かるジェボク。

そのジョンヒのライブのチラシを見ながら”私があなたに最初に捕らわれた日・・その日は自分自身が生まれ変わった日。。”とライブの事を思い出すウニ。

ボングがパク社長夫人を探し出し、執事の話を尋ねるジェボク達。
”会長を誘惑して娘を生み、その次に息子を生んだ。娘はよく精神病院に入っていた。顔は全部直したようだ。道で会ってもわからない””娘ウンギョンのせいで死んで生き返った男がいるらしい”と話すパク社長夫人。
その男性はジョンヒの事か?と考えるジェボク達。

今までチョ部長に虐められていた仕返しに、同じように怒鳴って罵倒するジョンヒ。
ナミと付き合っていたことは本当かと尋ねると、頷くチョ部長に、”嘘つき!嘘つき!”と怒鳴るジョンヒ。

”ウニが暴行された写真”をサムギュも持っていた。
ジェボクが”ウニが殴られた写真”を持っていると、ウニにチクるサムギュ。
ウニの写真は偽造されたものなのに、ジェボクに”専門家に依頼したが、これは本物だ”と言うサムギュ。
サムギュを呼び出し、”どうして偽物なのに本物だと言うんだ?買収されたのか?”と迫るボング。焦るサムギュ。

スポンサーリンク

ジョンヒがウニと婚約したことをボングから聞いたナミ。
ナミに、”ブライアンとはどういう関係だ?付き合っているのか??”と迫るジョンヒ。”関係ないでしょ?婚約までしたのに”と言い返すナミ。
”誰が俺を誘惑しろと言ったんだ??”と問い詰めるが、”言えない”と黙るナミ。

”ムン・ウンギョン”について知らないふりをするジョンヒを怪しむボング。
そのジョンヒは、”お前は怪しい。ジェボクの横で企んでいる感じだ。それともジェボクを好きなのかな?”とボングに言う。
”さあね。。どっちでしょう?”ととぼけるボング。

”私は本当に一生懸命生きているのに・・私にどうしてこんなことが起こるのか・・どこから間違ったのか・・”と泣くジェボク。
”ジェボクさんは悪くない・・よく耐えているし、これからも耐えられるし、俺もいるし”と慰めるボング。

昔、ムン・ウンギョンが大学新聞でジョンヒのライブについて書いた記事を見つけたウォンジェ。
それを見て、ウニ(ムン・ウンギョン)がジョンヒの大ファンだったことが分かるジェボクとボング。
ウンギョンの同窓生を呼び、ウンギョンについて話を聞くジェボク達。
”ク・ジョンヒという男子学生に一方的にハマり、付きまとっていた。だんだんストーカーになっていってミザリーみたいだった”と証言する同窓生。

”ジョンヒの大学時代に付きまとっていた女性”についてジョンヒ母に尋ねるジェボク。
”知らない”と言うジョンヒ母に、”知らないはずはないでしょう?そのせいでジョンヒは休学までしたようなのに。いつも私に自慢していたジョンヒを好きなお金持ちの娘は、その女性じゃないの??”と問い詰めるジェボク。それでも”知らない!”と言うジョンヒ母。

ウニと話をしようとするジェボクを心配してやって来たボング。何かあったら味方をすると近くで待機するボング。
ムン・ウンギョンの書いたジョンヒの記事を見せ、”顔も名前も変えたからジョンヒは分からないようだが・・ウニさんがそのストーカーだと知ったらどうなるか?”と迫るジェボク。
”駄目よ・・ジョンヒさんが知ったらダメ・・”と焦るウニ。
”全部吐き出して、楽になろう”とウニに迫るジェボク。
ジョンヒも家に戻ってきて、うろたえるウニ。

”悪かったわ・・許して・・ジョンヒさんには言わないで。。私を助けて。。”とジェボクにすがるウニ。

第14話に続く。

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント