完璧な妻 第3話あらすじ ユン・サンヒョン

スポンサーリンク

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「完璧な妻」3話予告動画

 

「完璧な妻」3話あらすじ

浮気がジェボクにバレ、土下座するジョンヒ。ナミにも土下座を要求するジェボク。

ジェボクがクローゼットの中から二人の姿を見ていたことを知り、驚くジョンヒ。
ナミと”寝ていない”と誤魔化し、往生際の悪いジョンヒw
ジョンヒに離婚を申し渡し、ナミに”賠償を請求する。徹底的に社会から抹殺する”と迫るジェボク。
自分が悪かったと謝ってすがるジョンヒに、”付いてくるな!当分の間目の前に現れるな!”と怒鳴るジェボク。

”奥さんと別れて私と結婚して”と言うナミに、”それは・・・”と黙るジョンヒ。
そんなジョンヒに失望するナミ。

チョ部長の仮病を暴いたが、暴漢に襲われて携帯電話や財布も奪われたボング。
ボングは病院に戻るが、もうチョ部長は他の病院に転院した後だった。

若い時に、具合が悪くなって病院に運ばれた時に慌てて駆けつけてきてくれたジョンヒの姿を思い出すジェボク。
ナミを心配して駆けつけてきたジョンヒの姿と重ね合わせ、傷つくジェボク。

帰り道、靴がマンホールにはまって壊れ、転げて服を汚してしまうジェボク。
屋台で食事をするジェボクに気付き、車を停めてジェボクに駆け寄るウニ。
服を汚しているジェボクに、自分の服を貸すウニ。
運動に行くつもりだったからと、ウニは車に積んでいたトレーニングウェアに着替える。
ウニが着ていた高級服や靴を借り、着替えて帰ることにするジェボク。

チョ部長への暴力事件を起こしたジョンヒは、会社を辞めなければいけなくなった。

車で送ってくれて遅くなったウニに、”ご主人が待っているんじゃ?”と心配するジェボク。
”主人は毎日帰りが遅くて・・・”と答えるウニ。
ウニの靴をはいているジェボクに、”良い場所に連れて行ってくれるだろう。私の靴が・・お姉さんにはこれから良いことばかり起きる”と言うウニ。

ジェボクの元に行き、チョ部長の仮病の証拠を掴んだがその携帯を失くしたことを話すボング。
ボングが法律事務所をクビになったと聞いた・・と言うジェボクに、”契約満了になっただけだ”と認めないボングw
裁判実績も良くないボングが次に行く法律事務所が決まらないことも知っているジェボク。
チョ部長は転院して行方が分からないと言うボング。チョ部長や部長夫人に電話するが、繋がらなくなっていて驚くジェボク。
”ご主人はもしかして浮気しているの?相手は会社の女性??”と詮索するボングにイラつくジェボク。
”これは、浮気相手が以前チョ部長と付き合っていて、ジェボク夫に乗り換えてしまったからじゃないか??”と勝手に推理するボングw

ジョンヒに電話をかけ、居なくなったチョ部長の行方を調べるように言うジェボク。
ジョンヒへの告訴を取り下げたが、もう連絡がつかなくなったチョ部長。
知り合いに電話をかけ、チョ部長の行方を捜すジョンヒの姿を陰から見ているナミを雇った女性。

襲われて倒れてからご飯を食べていなかったボングにカップラーメンをおごるジェボク。
ジェボクはジョンヒからのメールでチョ部長が告訴を取り下げたことを知る。
”それは詐欺を暴いた俺のおかげだ!”と言うボング。
ボングのほどけた靴ひもを結んでやり、お礼を言うジェボク。

例の”アルバイト”と登録してある女性に電話をかけて呼び出し、会うナミ。
ジョンヒを誘惑して多額の報酬を受け取っていたナミだが、その報酬のお金を女性に返し、”これ以上ジョンヒを騙したくない・・”と言い出すナミ。
お金でナミを叩き、”お金を返せば良いと思っているの?もっとお金を受け取ろうとずるい作戦を・・”と怒り出す女性に、”ジョンヒを愛している”と言うナミ。
”愛??どうして誘惑したのかバラそうか?あの男に?それでも良いの?お前がどんな女なのかバラそうか?しっかりしろ”とナミに凄む女性。

今度の引越しを機に、ジョンヒと離婚をしようと考えるジェボク。
離婚して子供たちに会えなくなるのは耐えられないジョンヒはジェボクにすがる。
ジョンヒに対する怒りが抑えられないジェボクは、ボクシング施設に行き、ジョンヒを叩きつけるww
”どうしてそうしたの?どうして私を騙したの・・・!”と泣くジェボク。

ジェボクの家を出て、安モーテルに泊まることにするジョンヒ。
ジェボクや子供たちに申し訳なく、ナミとの別れを決め、思い出の写真を消去しようとする。
だが、ナミにも未練があってできないジョンヒw

ジェボクはずっと転居先を探しているが、子供が転校を嫌がるのもあって条件に合う家はなかなか見つからない。

ジェボクの壊れた靴を修理したと、ウニから連絡を受けるジェボク。
服を返す用事もあり、ウニの家に行くことにするジェボク。

靴ひもが外れ、ジェボクが結んでくれたことを思い出すボング。

母親の見舞いに顔を出したボングは、そこにいる見知らぬ男(ジョンヒ)の姿を見る。
ナミとは血の繋がらない”兄”のボング。
昔、ナミ父と駆け落ちした母親を、捨てられたと恨むボング。
”私は遠くに行くから、母さんの面倒を当分の間見て”と言うナミに、”どうして俺が?お前の母親を??”と拒否するボング。
ナミの育ての母であるが、ナミとも血のつながらない母親。
二人が言い合いをしているときに現れるジョンヒ。
”お兄さんでしょう?・・・”とボングに話しかけるジョンヒに、”兄さんじゃない。新しい彼氏”とボングを紹介し、別れを切り出すナミ。
”おじさん、もしかして妻帯者か?”とボングに尋ねられ、黙るジョンヒ。
ジョンヒと別れるために、ボングに協力してもらうナミ。

”お母さんの容態が悪い・・兄さんにすごく会いたがっている”と当分の間病院に来れない自分の代わりに顔を出してほしいと話すナミ。
首を縦に振らず、悪態をついて帰るボング。

ウニの家に洋服を返しに行くジェボク。
ウォンジェに借りて壊してしまった靴が、新品のようになっていて驚くジェボク。
不動産屋から”家が見つかったが、2か月後になら入居可能だ”と言われ、がっかりするジェボク。
”二か月だけここに住んだら”と言い出すウニ。
ウニから強く勧められ、ウニの家に住むことにするジェボク。
もうジェボク家族たちのために壁紙も替えてあり、驚くジェボク。

ドアの暗証番号も変えたナミ。
ナミの母親にも”遠くに行くからもう顔を出せない”と挨拶を済ませたジョンヒ。
ナミの部屋から荷物を持って出て行こうとするジョンヒ。
“最後に・・・”とジョンヒをベッドに誘おうとするナミから逃げて行くジョンヒw

スポンサーリンク

公園で土下座し、”ジェボクが許してくれるまでこのままでいる”と言うジョンヒ。
無視するが、外には雨が降り出し、公園に居るジョンヒの事が気になるジェボク。
”ジョンヒの事を愛しているのか?”と自問自答し、結局、公園にジョンヒを迎えに行くジェボク。
“私に謝って許しを乞う理由は何?非倫理的な行動に対する反省?それともまだ私に愛が残っているからなの?”と尋ねるジェボクに、”夫として申し訳ない気持ちもあるが、愛しているからだ。申し訳ないからだ。本当に本当に愛している”と答えるジョンヒ。
ジョンヒの事をまだ愛しているジェボクは、子供たちのために離婚は思い留まり、今回はジョンヒを許すことにする。喜ぶジョンヒ。

ミシンで沢山の”K&H”の刺繡をするウニ。

ジェボクの引越しの荷物の中から、学生時代のジェボクが当時の彼氏ギョンウと写っている写真を見つけるヘラン。
すっかり忘れていて、久しぶりにその写真を見るジェボク。

ウニに呼び出され、ウニの自宅に向かったジェボク。
ウニの表札の隣に”チャ・ギョンウ”と掛かっている表札を見て驚くジェボク。
”まさか・・・そんなはずは・・”と思い直したジェボクだが、居間に飾ってあるウニの結婚写真を見て驚く。
ウニの隣に写るのは元カレのギョンウだったのだ。
この間来たときはこの写真ではなく、絵が飾ってあって分からなかったジェボク。

二階から降りてくるギョンウ。慌てるジェボク。

第4話に続く。

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント