トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 15話あらすじ コン・ユ 鬼

スポンサーリンク

「トッケビ‐鬼‐」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「トッケビ―鬼―」15話あらすじ

ケベックの街で金髪の男性に”また会ったね”と挨拶され、会ったのは2度目だと気付いて驚くウンタク。
アクセサリー売りの女性から声をかけられ、”そのネックレスは10年くらい前にある男性に頼まれて私が作ったものだ”と聞き、驚くウンタク。
ネックレスの文字が、フランス語で”神が定めた運命”という意味だということを聞くウンタク。

ウンタクの元に行こうか行かまいか、行って混乱させたら・・・と迷うシン。
だが結局、ウンタクの旅行先のカナダに行ったシン。
カナダに繋がった扉の前でウンタクとばったり出くわし、驚くシンw
ウンタクには、”出張で・・・”と誤魔化すシン。

”奢る”と言いながら、サンドイッチで済まそうとするウンタクに不満を漏らすシンw
肉を食べたいと言うシンに、”私は肉が好きじゃない”と言うウンタク。
”好きなくせに・・”と言うシンに、”どうして知っているの??私の身辺調査でもしたの?家柄が釣り合うかどうか??誰が代表と付き合ったと言ったの??”と怒り出すウンタク。

ケベックの街を知っている様子のシンに、”来たことがあるんですか?”と尋ねるウンタク。
”初恋の人と来た。でも別れた。私が長い間遠くに行ってて、すごく辛かったのか私の事を忘れていた。。”と話すシン。
”元々初恋は叶わないものよ。すごく好きだったのね。その女性は忘れたのに、代表は忘れられないのね”と言うウンタク。
”ええ、一日も、一瞬も”と言うシン。
”落ちてくる楓の葉を捕まえられると、一緒に歩いていた相手との愛が叶う”と話すシンが、その時葉を掴んだと聞き、”それ信じるの?叶わなかったじゃないの!”そのシンの初恋の相手に嫉妬して怒り出すウンタクw

シンに対する疑問が湧いてくるウンタク。
”もしかして・・10年くらい前に会ったことがありますか?”とシンに尋ねるウンタク。
”僕を気に入った?”と尋ねるシンに面食らうが、”気に入った”と言って今まで男性との縁が無かったことを話すウンタク。
改めてシンに奢る約束をするウンタク。

レストランで、やってくるシンを待つウンタク。
以前、シンが見たウンタクの未来と同じ光景で、ウンタクが待っていた”代表”はシンの事だった。嬉しくてにやけるシンw
このレストランにも”初恋の人と来た”と聞き、また気分を害すウンタクw

ドクファに会いに行き、”この人の連絡先を教えて欲しい”と監視カメラに映るワンヨの画像を見せるソニ。
9年ぶりのソニからの着信に、驚くワンヨ。

ケベックのガイドブックに、見覚えのある墓の風景の写真を見つけるウンタク。
何かを思い出して墓に向かい、シンと同じ顔の写真が飾られている墓を見るウンタク。
現れたシンに、”この人(墓の写真の人)は代表ですか?代表は幽霊なの?だから目の前に見えてたの?”と尋ねるウンタク。
まだ死んだ人が見えるのか??と驚くシンに、”まだ?私がどうして幽霊を見えるのを知っているの?もしかして名前はキム・シンなの?どうして私が花嫁だと書くの?一体あなたは誰なの??キム・シンなんでしょ!”と混乱するウンタク。
”違う・・・”と誤魔化して去るシン。

ソニと待ち合わせをし、初めて会う人の振りをするワンヨ。
この間道端で涙ぐんでいたワンヨの姿を覚えていたソニ。
名前を訪ねるソニに、”ワンヨ”と名乗るワンヨ。
”監視カメラに映るイケメンに会いたかった。でも映像の方が良いわね”と言うソニw
”寒いから泣きながら歩くのは止めて。顔が凍ってしまうわ”と言って帰ろうとするソニに、”会えて嬉しかった・・”と言うワンヨ。
帰りながら、”私も嬉しかった・・・キムウビンさん。。”と涙を流すソニ。

9年前、アルバイトのウンタクがなかなか来ずに心配していたソニ。
ウンタクの知り合いの子供を、自身のチキン屋で雨宿りさせるソニ。
”神が問題だ。前世の思い出させたかと思うと記憶を消そうとされる”と、神の悪口を言うソニ。その子供に乗り移っている神。
”忘却は神の配慮じゃないのか?辛くさせまいと”と言う子供に、”私の店では神でも水はセルフだ。私の人生なのに神が思う通りにして何が配慮よ。自分の人生は自分で処理するからそんな奴は消えて欲しいわ”と批判するソニw
”はい・・・よくわかりました・・・”と答える子供。飛び立つ蝶。

5年前、ワンヨの後輩死神が引越しし、その空いた部屋に引っ越しして来たウンタク。
ウンタクとの再会に驚くソニ。ソニの事を覚えていないウンタク。

神によって記憶が消されなかったソニは、現代に戻って来たシンや、道端で会ったワンヨの事もすべて分かっていたのだった。
”私の忘却は私の平和だと考えるあなたへ・・・ぜひ次の生で、待つのは短くて会うのは長い縁で””顔を見たから良い。キム・ウビン、或いはワンヨのあなた・・・さようなら”とワンヨへのメッセージをPCに泣きながら打ち込むソニ。

ウンタクの事を考え、”浅はかだった。忘れたなら忘れても良い人間だ・・”と落ち込むシン。

”落ちてくる楓の葉を捕まえると一緒に歩いてた人と愛が叶う”とシンに言ったのは自分だったことを思い出すウンタク。
シンの事を全て思い出し、急いで街角にあったろうそくの灯を消すウンタク。
”会いたいの!!”と泣くウンタクを捕まえ、キスをするシン。

夢じゃないかと、シンの顔を触り続けるウンタク。
”夢じゃない”とウンタクを抱きしめるシン。
ソニのことは一方的に見ただけだと話すシンに、”社長はすごくお金を儲けてビルのオーナーにもなった”と話すウンタク。
死神ワンヨは以前と同じ家に住んでいて、本当に友情が生まれてしまって・・と話すシン。

飛行機で帰国したウンタクを出迎え、ウンタクと一緒に過ごすシン。

家に現れたウンタクに驚く死神ワンヨ。
”久しぶりだな。ラジオは良く聞いている”と話すワンヨに、”29歳になった”と話すウンタク。
ウンタクがまた死神から召喚される9の付く年齢だと分かり、表情が暗くなるワンヨ。

今まで世話になった精神科の先生に、”今まで生かせてくれてありがとう。幸せになる方法を思い出した”と挨拶するウンタク。
シンと一緒に幸せな日々を過ごすウンタク。

朝方夢を見て、シンと再会したのが夢なんじゃないかと不安になったウンタク。
現れ、そんなウンタクを落ち着かせるシン。

スポンサーリンク

朝ウンタクの部屋から出て来たシンを訝しがるソニ。
ソニは、シンの記憶の無い振りをする。
ソニの目から、ソニとワンヨが楽しそうに笑っている姿が見えて喜ぶシン。

死神やトッケビだという事を証明してみてと言い出すドクファ。
”それなら人間でもできる”とマジックだと思って馬鹿にするドクファに怒るシンとワンヨw
復讐のためにNASAに通報しようとするドクファの携帯は凍ってしまうw

突然、家の前に叔母が現れて驚くウンタク。
”ご飯を食べさせろ”と要求する叔母。

店やアパートを売り、引越しをする予定のソニ。
カナダで全てを探し当てて、彼氏も見つけたとソニに報告するウンタク。
”その男性をいつか紹介したい”と言うウンタクに、”部屋から降りて来たのを見たからいい”と断るソニ。

カナダで再会した金髪の男性が幽霊だったことに気付き、また幽霊が見えだしたことに気付くウンタク。
シンから、”朝鮮時代後期に会った初恋の相手もウンタクだった。自分も知らずに未来のウンタクを見た”と聞くウンタク。
シンの初恋の相手が全て自分だったと分かり、喜ぶウンタク。

初雪の日に現れた高麗時代の姿をしたシンを”かっこよかった。高麗男”と話すウンタク。
”高麗男の花嫁になってくれるか?”とウンタクにプロポーズするシン。

第16話(最終回)に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「トッケビ‐鬼‐」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント