トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 14話あらすじ コン・ユ 鬼

スポンサーリンク

「トッケビ‐鬼‐」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「トッケビ―鬼―」14話あらすじ

剣が抜かれたシンの体は消えて行く。
”行かないで!!””愛している・・・”と泣くウンタクに、”俺も・・愛している・・”と言葉を残して消えて行くシン。
号泣するウンタク。

神は残された人々からシンに関する形跡や記憶を消してしまう。
慌てて、シンの事をノートに残そうとするウンタク。
シンの事を忘れまいと、”その人の名前はキム・シンで・・・・背が高くて・・初雪には戻って来る。約束を守るだろう。忘れてはいけない。その人の花嫁だ”と殴り書きするウンタク。

罪を償ったシンは、神から天上に行くように言われる。
だが、天上に行かず、地上に残りたいと神に頼んだシン。
雨となって、風となって、初雪となってウンタクの元に戻ることを願うシン。
天上でも地上でもないところで彷徨うシン。

月日が流れ・・・

ウンタクはラジオのプロデューサーになる夢を叶えていた。
シンからもらったネックレスをしているが、どうやって手に入れたのか、いつから持っているものかもわからないウンタク。
弁護士になった学級委員長と良い友達になっているウンタクは、ソニのチキン屋で酒を飲む。
もう幽霊は見れなくなっているウンタク。

理由もわからないがすごく悲しくなり、一人号泣するウンタク。

初雪の日、ケーキのロウソクに火を灯すウンタク。
”何を忘れたのか?誰を忘れたのか?・・どんな約束を忘れた?こんな深い悲しみを残して・・助けて”とウンタクはロウソクの灯を消す。
9年の間、彷徨っていたシンは、ウンタクのその召喚によって地上に蘇る。

高麗時代の武将の姿のまま戻って来たシン。
シンはウンタクを思わず抱きしめるが、ウンタクはシンの事が分からなかった。
ウンタクの社員証を見て夢を叶えたのが分かり、喜ぶシン。
シンを時代劇に出ている俳優だと勘違いするウンタクw
神は配慮として残された人々からシンの記憶を消してしまったが、それで平和ならいいと納得するシン。 

チョンウグループのビルに行き、ドクファに声をかけるシン。
だが、”叔父”だと名乗る武将姿のシンを不審者だと思うドクファw
キム社長もシンが分からない。
そんなシンの事が気にかかるドクファ。

ソニの店の前からソニの顔を眺めるシン。そのシンに気付くソニ。

死神ワンヨは唯一シンの事を覚えていた。驚くシン。
”すごく遅くなったが・・9年前言わないといけなかったが・・900年前に言わなければいけなかったが・・・王妃を、私の高麗を守ったお前を守ることが出来なかった罪を許してくれ。愛されたがその誰をも愛さなかった罪を許してくれ””とシンに謝罪して許しを乞うワンヨ。頷き、ワンヨを許すシン。
9年間、ソニとは会わずに暮らしていると話すワンヨ。
ウンタクとは再会したが、覚えていなかったことを話すシン。

突然家にやって来たドクファに慌てるワンヨとシン。
ワンヨの友達だと誤魔化すシンw

ウンタクは、自身のラジオ番組で流す気象情報を2度を22度と打ち間違い、上司に怒られ責任を取ることを覚悟する。
だが、外では桜が咲き、気温も本当に22度となっていた。
その突然の異常気象に驚いて外に出たウンタクは、そこでシンの姿を見る。

カフェのテーブルのロウソクを消し、知らずにシンを呼ぶウンタク。
目の前に現れたシンを見て、なぜかわからないが涙が出てくるウンタク。
”ある人に呼ばれて来たが、その人が来ても俺を分からなくて・・・”と話すシン。
財布を持って来なかったシンは、ウンタクにドリンクを奢らせることとなってしまうw

お金が必要になるとワンヨを頼ったシンだったが、キム社長やドクファを訪ねて正体を明かすことにする。
そのシンがユ会長の遺言にあった”キム・シン”だとわかったキム社長は、シンに必要なものを全て用意する。
”叔父だ”とドクファに話すシン。

問題が起き、ウンタクのラジオからスポンサーが全て降りてしまう。
”スポンサー提携を実現させないとクビだ!”と上司から怒鳴られるウンタク。

古本屋でシンに再会し、驚くウンタク。
楽しそうな高校生を見て。”良い時だわ・・・”と言うウンタクに、笑うシン。
今度また出くわしたら通報すると、シンを不審がるウンタク。
スポンサー探しで困るウンタクに、”スポンサー契約をする。あそこの会社の一番偉い人だ”とチョンウグループの家具会社を指さすシン。

シンに頼まれ、ウンタクのラジオ番組のスポンサー契約にサインするキム社長。
本当にシンが会社の代表だとわかり、驚くウンタク。
シンの連絡先を知らず、キム社長に自身の電話番号をシンに伝えてもらうことにするウンタク。

9年前、自身がノートに殴り書きした”キム・シン”は誰なのか考え、悩むウンタク。

以前のソニのチキン屋が入っていたドクファ所有のビルに、ウンタク宛てのエアメールが届いた。
”こんな手紙が届いた”と、その手紙をシンと死神ワンヨに見せるドクファ。
それはウンタクがカナダのホテルで投函したあの手紙だった。
宛先がウンタクになっているが、そのウンタクが誰なのか分からないドクファ。

現在ウンタクはソニ所有のアパートの一室に住んでいた。
ワンヨに、ソニ会いに行ってその手紙を託けるように言うシン。
ソニのチキン屋に向かう死神ワンヨ。
何度も店に行くが、ソニはいつも不在だった。
仕方なく、スタッフに手紙を託すワンヨ。

帰り道、ソニと出くわすが、ワンヨに気付かずに行ってしまうソニ。
9年ぶりに見たソニの姿に涙ぐむワンヨ。

”以前のチキン屋が入っていたビルオーナーに頼まれたあるイケメンが持って来たらしい”とウンタクにその手紙を渡すソニ。
”店の監視カメラで確認したけど、本当にイケメンだったわ・・”と話すソニw
ソニの以前のチキン屋の記憶も無いウンタク。
自分が書いたらしいエアメールの自身の宛名に戸惑うウンタク。
中身は、亡くなったお母さんに向けたウンタクが書いた手紙だった。
”私の安否を尋ねてくれる人が現れた”とお母さんに嬉しく報告した高校生のウンタク。
そこには”カナダに来た”と書いてあるが、ウンタクは今までパスポートも取ったことも無く、怖くなる。
手紙の中に出てくる”おじさん”がノートにある”キム・シン”なのか?と考えるウンタク。

スポンサーリンク

現在、家具会社代表”ユ・シンジェ”として別名で生活しているシン。
シンからの電話にもそれが”キム・シン”だとは気付かないウンタク。
シンからの電話に、喜ぶウンタク。その姿を見て喜ぶシンw
デートすることになるシンとウンタク。

心の病気にかかり、薬を飲んでいることをシンに話すウンタク。
”休暇で外国に旅行に行く。初めてだから緊張する”と話すウンタクに、”初めてでも緊張しないよ。すごく自然に住んでいる人みたいに馴染むから安心して”と話すシン。

カナダに何かあるんじゃないかと考え、行くことにしたウンタク。
カナダに降り立ち、手紙が投函されたホテルに向かうウンタク。
”ポストに何通か手紙が引っかかっているのが発見されて送った。だけど10年前の手紙は初めてだ”と話し、送るのが遅れたことを謝るホテル従業員。

ケベックの街を歩くウンタクは、ある扉の前で立ち止まる。
それはシンと出入りをしたあの扉だった。だが、記憶の無いウンタク。
その時、突然その扉から出て来たシンに驚くウンタク。シンも驚くw
”どうしてここで出会うの??”と疑うウンタクに、”出張で・・・”と誤魔化すシンw
”スポンサー契約して、ご飯を奢ってくれると言ったのに・・”と言うシンを、ご飯に連れて行くウンタク。

第15話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「トッケビ‐鬼‐」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント