トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 10話あらすじ コン・ユ 鬼

スポンサーリンク

「トッケビ‐鬼‐」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「トッケビ-鬼-」10話あらすじ

どうして私の本名を知っているの??と問い詰められ、逃げようとする死神の手を掴むソニ。
死神は突然、宮中で矢に打たれ、倒れる女性の姿が見える。それはシンが持っていた絵の女性だった。

二人の様子をずっと見ているシン。
シンが美人のソニに見とれていると勘違いし、嫉妬するウンタクw

”電話番号も無いと言って、本名も教えてくれないし・・・もしかして妻帯者?国家情報員??”と怒るソニに否定する死神。
”だったら死神なのかしら?”と冗談を言うソニに、固まる死神。

本名が妹と同じキム・ソンだというソニが気になるシン。
なぜかシンの事を”お兄様”と呼ぶソニ。
”この間も、どうしてお兄様と呼ぶんだ?”と言うシンに、”だったら’おい’’ちょっと’って呼べばいいの?”と答えるソニw

・シンの掛け軸の絵とソニの前世は同じ顔だ。
・掛け軸の絵の女性はシンの妹
・掛け軸の絵を見た時、涙が出た
・ソニを初めて見た時、涙が出た
事実を書き出し、ソニはシンの妹の生まれ変わりなのか?自分の感情は何だろう?消えた記憶と関連があるのか?と疑問が深まる死神。

嫉妬してシンと言い合いになるウンタク。
アルバイトするウンタクを今日初めて見たシン。ウンタクの頭を撫でる。

ソニから一旦指輪を返してもらい、調べることにする死神。
調査が終わったら結果を共有してくれと言うソニ。

”俺の妹もキム・ソンだった・・・”と死神に話すシン。
どうやって生きて、どう死んだのか話せと言う死神に、将軍だった時の事を話すシン。
幼い王子を育てて操った腹黒い家臣パクチュンホンの話をするシン。
パク・チュンホンは邪魔になる者を全て毒殺し、幼い王子を王にした。
先王の要望を受け、シンの妹ソンがその王妃になることとなる。

お互いに一目で気に入った若き王とソン。
婚礼のために輿に乗って宮殿に向かうソンに付き添うシン。
”私はどう?可愛いですか?”と尋ねるソンに、”不細工だ”と答えるシン。

腹黒いパク・チュンホンにとっては邪魔なシンとソンの存在。
パク・チュンホンに操られている王はシンを警戒して遠くの辺境に送った。
ソンはパク・チュンホンを遠ざけてシンを近くに置けと助言したが、民衆が崇めるシンを王は反逆者とした。

矢に打たれた姿が、妹ソンを見た最後の姿だったと死神に話すシン。
”この指輪を見たことがあるか?”と例の指輪を見せる死神。その指輪には反応しないシン。

シンの話を立ち聞きしていたウンタクは、”おじさんは花が何でも似合う。おじさんは理想のタイプだ。性格もすごく良い”と言って慰めるウンタク。

”花を持って来て”と言っていた女子高生の幽霊、ジョンヒョンの納骨堂に行ったウンタクは、ジョンヒョンの隣に写る、ウンタク母の姿に気付く。
急いで高校に戻り、ジョンヒョンに”うちのお母さんと友達だったの??”と尋ねるウンタク。
ウンタク母とは親友だったジョンヒョン。
天国にも行かず、ウンタク母の保険金の入った通帳を守っていたジョンヒョンだった。

久しぶりにシンと顔を合わせるキム秘書。
ウンタク母が残した通帳は、現在は後見人の叔母の同意無しでは引き出せない。
ちゃんとウンタクのものになるように、キム秘書に処理を頼むシン。
”ちゃんと育ってくれてありがとう”とキム秘書に声をかけるシンに、”感謝しています”と礼を言うキム秘書。
叔母の弱みを掴み、綺麗に処理するキム秘書。

スポンサーリンク

ユ会長の指示で、売り場で新入社員として働くこととなるドクファ。

大晦日、ソニと会うことにする死神。
キム・ウビン(死神)の正体を知りたいソニだが、また黙ってしまう死神。
”わかったわ・・・もう終わらせようか。私達””これ以上ダメだわ。私がフラれるわ。これからは連絡しないで。偶然会っても挨拶しないで”と言って帰って行くソニ。ショックを受ける死神。

日付が新年になり、”大人になった”と言って”お酒を奢ってくれ”と、シンにねだるウンタク。

例のひったくり男が屋台で飲んでいるシンを見つけ、仲間と絡んでくる。
その男たちをやっつけるシン。

屋台で焼酎を飲み、ご機嫌なウンタク。
”もう一つ、初キスがあったら完璧だ”と言い、シンにキスようとするウンタク。
戸惑ったシンは時間を止める。だがトッケビ花嫁のウンタクには通じなかった。
ウンタクにキスするシン。”完璧だ”と喜ぶウンタク。

ウンタクがトックを作るが、ネギを買い忘れた。
ネギを買いに行くシンと死神ww

落ち込む死神に、偶然を装ってソニに会わせようとしたウンタクとシン。

だが、上手くは行かなかった。

29歳のウンタクを見た時、ウンタクの付けていたネックレスは自分が買ったものだと気付いたシン。

久しぶりにユ会長と囲碁をするシン。
ユ会長の死期が近づいていることがわかり、ショックを受けるシン。

”ソニの前世はシンの妹のようだ・・ソニの前世の顔はシンの持っている絵の女性と一緒だ”とシンに話す死神。

”その女性は白い服を着て王宮で矢を受け、血を流しながら倒れた・・・””輿の小さな窓から誰かに、私、可愛い?と尋ねた”と話す死神。
”それに答える声があった・・・”と話す死神に、”不細工だ・・”と呟くシン。
”お前の妹に間違いないのか?”と尋ねる死神に、”合っている”と答えるシン。

第11話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「トッケビ‐鬼‐」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント