もう一度始めよう 第62話あらすじ キム・ジョンフン

スポンサーリンク

「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「もう一度始めよう」62話あらすじ

ジウクに、”ジェイファッションに入れて欲しい”と頼むヨンジャ。
驚くジウクとソンジェ。
”ジェイファッション”はテソンやジウク達が進めている銀河グループの新規事業だ。
自分がテソンの傍に居なければならないと考えるヨンジャ。
テソンが人を使ってヨンジャを追ったり、義兄セユンがそのせいで交通事故に遭った事もジウクが知っていることに驚くヨンジャ。ジウクの話に驚くソンジェ。
ヨンジャの気持ちは分かるが、”ヨンジャが傷つく”と断るジウク。ソンジェも”どんな理由があってもそうやって会社に入るのはあり得ないことだ”と冷たく反対する。
ソンジェの冷たい言葉にショックを受けるヨンジャ。
急にヨンジャに対して態度を変えたソンジェの理由が知りたいジウク。

ソンジェの態度が気になり、”昨晩、どうして私の電話を取らなかったんですか?家の近くで待っていた・・・”とソンジェに言うヨンジャ。
”ジェイファッションに入りたいと先にソンジェに相談したかったんだ。私と特別な関係じゃないのは分かっているけど、急にどうしてなのか知りたい。どうして私に怒っているんですか?”と尋ねるヨンジャ。
ヨンジャに何も言えないソンジェ。
”ヨンジャが何を言っても会社に入るのには同意できない”と答えるソンジェ。

”ヨンジャがジェイファッションに入りたいと言った””それをジウクが断った”と報告を受けるテソン。

テソンに会いに来るジウク。
”どうしてカン会長に嘘を付いたんですか?全てキム秘書がやって自身は収拾しただけと?こうやって今までやって来たんですか?”と言う言葉に驚くテソン。
”カン会長が信頼しているから我慢していたが、だがこれからは見逃せない。弱い人々を利用したり苦しめたりすることを止めればいい”とヨンジャやヨンジャ家族を苦しめるのを止めるように言うジウク。

家の電話の電話線もミランに切られ、ヨンインに連絡できないソンホ。

セユンは無事退院する。
ヨンジャの事を気にするセユンを怪しむヨンジンw

”イ・テソン社長!どうして電話を取らないんですか!!”と会社のロビーでテソンに怒鳴る男に気付くヨンジャ。
”やれということはぜんぶやったのに!!”と怒る男性。それは銀河百貨店に土地を譲ったヨンジョンドの男性だった、

カン会長の家のジスクに会いに行き、”ジウクに自分との結婚を急ぐように言って欲しい”と頼むイェラ。呆れるジスク。
”ジウクに良い人と結婚して欲しいでしょう?ジウクとカン会長の幸せのために”と話すイェラ。
カン会長とジウクのために自分も何かしようと考えるジスク。

”結婚の日取りなども本人たちに任せよう”と言うカン会長に、苦い顔のテソン。

再度ジウクに会いに行き、”ジェイファッションに入りたい”と頼むヨンジャ。
テソンの傍にヨンジャが居るのには反対のジウク。
テソンの傍に居ても勝つことや止めることは出来ないかもしれないが、自分がテソンの傍に居なければと考えるヨンジャ。
”自分がヨンジャやヨンジャ家族に手を出さないように出来ることは全てする”と言うジウク。

顔色の悪いソンジェを心配するヒョンスンは、もう牛乳配達に行かないようにクギを刺す。

一人でテソンに近づかないようにヨンジャに言い聞かせるセユン。
ジウクにテソンの事を言ったから、ジウクもそのままにしておかないだろうと考えるセユン。

スポンサーリンク

ポンイルたちに、テソンのせいでヨンインが病院をクビになったことを言ってしまうヨンジン。

大嫌いなヨンジャをクビにして、せいせいしたとミランに話すイェラ。

”ヨンインがクビになったのはお前のせいじゃない・・”と沈むヨンジャを慰めるポンイル。

”ジェイファッション”の商品企画チームの会議中、ヨンジャを連れて来るテソン。
新しいメンバーだと言ってヨンジャを紹介するテソン。驚くイェラ、ジウク、ソンジェ。

第63話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました