もう一度始めよう 第65話あらすじ キム・ジョンフン

スポンサーリンク

「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「もう一度始めよう」65話あらすじ

銀河グループビルのロビーで倒れ、救急車で運ばれたヨンジョンドのキム氏。
キム氏が落とした携帯をソンジェに渡し、”何度も社長に会いにやって来ていた。何か事情があるようだ・・”と話すヨンジャ。

”医大を卒業したのに、どうして病院じゃなくてこの会社にいるのか?”とヨンジャに直接尋ねるカン会長。
”この会社に自分がすることがあると考える。私には病院よりももっと重要なことだ”と話すヨンジャ。

ヨンジャが医大卒業を隠していたことも気に入らないイェラ。

ヨンジョンドのキム氏とテソンの関係が気になるジウクとソンジェ。

ヨンジャはキム氏の容態が気になり、運ばれた病院に行ってみるが、病院を移ったと言われる。
病院にやって来たソンジェに、キム氏が”やれといわれたことは全部やったのに!!”とロビーで叫んでいたことを話すヨンジャ。

ジスクを呼び出し、ジウクとイェラの結婚を後押しするように言うテソン。
”上手くやってカン会長の家を出たら、今までした事を許してやる。お前の存在自体が間違いだ”と言うテソン。
”私が何をしたの?二人の結婚を何としてでも阻止する。私を馬鹿にしないで”と言うジスク。
カン会長に信頼されるジスクにうかつに手を出せないテソン。

イェラが結婚のためにジスクを訪ねて行った事を知ったジウクは、”ジスクを訪ねて行くんじゃなくて、直接自分に言ってくれ”と話す。

病院には就職できず、ファーストフードでアルバイトをするヨンイン。
ソンホとの思い出を思い出す。
整形外科院長の娘との両家の顔合わせの日が近づくが、どうやってそこから脱出してヨンインに会いに行こうかと考えるソンホ。
だが、ミランたちの前では素直な息子を演じる。

”ヨンジョンドのキム氏のことを知っているか?テソン社長と親しいのか?”とイェラに尋ねるヨンジャ。
何の事なのか分からず、怒るイェラ。

テソンに会いに行き、キム氏は病院から居なくなったことを話すソンジェ。
”キム氏は社長に何度か会いに来ていたようだがどうして会わなかったのか?”と話しても、知らないととぼけるテソン。

テソンに”死ね!子供と一緒に死ね!”と昔言われた事を思い出し、泣くジスク。
仕舞っていた母子手帳や超音波写真などを出して見ながら、泣くジスク。
泣くジスクの姿を見て驚くジウク。

スポンサーリンク

”給料日だから一緒に外食しよう”と、ハナに連絡するポンイル。
喜び、お洒落してポンイルに会いに行くハナ。

ポンイル産婦人科があったビルに行くが、病院が無くなって銀河パモスのビルになっていることに気付くジスク。
そのジスクの姿に気付き、顔をこわばらせるハナ。
ハナに気付き、”奥様・・・”と声をかけるジスク。
”ソン看護士?どうしてここにいるの??声をかけずに早く行け!”と怒鳴るハナ。”すみません・・・”と言うジスク。
そこにやって来て、”二人は知り合いなの??お母さんはどうしてソン看護士を知っているの??”と言うヨンジャ。
ヨンジャがジスクと知り合いなことに驚くハナ。
”私が道を尋ねていただけだ・・”と誤魔化すジスク。初対面の振りをするジスクとハナ。

機嫌の悪いハナを心配するヨンジャ。
ヨンジャを家に帰し、ポンイルと一緒に外食することにするハナ。

一人になり、涙を流すジスク。

第66話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました