また、オ・ヘヨン 第18回(最終回)あらすじ

スポンサーリンク

「また、オヘヨン」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「またオヘヨン」18話(最終回)あらすじ

ドギョンに起こっていたことを信じてから、安心して気持ちが楽になったヘヨン。
テレビで歌手イビョンジュンの姿を見るヘヨンとドギョン。

6月が過ぎ、外に出たドギョンとヘヨン。
二人一緒にドギョンの主治医に会いに行き、話を聞くヘヨン。
もう一人の医師に、”もう未来の事は見えなくなった”と話すドギョン。
”もう死ぬことなどを心配しなくていいんでしょうか?”と言うヘヨンに、”いつかはみんな死ぬでしょう?”と答える医師。

ドギョンを一人にして置けないと、”一緒に暮らそう”と言うヘヨン。
”そんな言葉を先に言うな。俺がプロポーズする”と言うドギョン。

ドギョンの会社の事務所の引越しが終わりそうになった時、仮差押えが取り消されたと連絡を受け、喜ぶフンやスタッフたち。
”お前は悪くない。楽に生きろ。チャン会長の周りには現れるな”とテジンからメッセージを受けるドギョン。

事実を知ったドギョン母は、チャン会長の家に乗り込み、”うちのドギョンで遊んだ”と、怒鳴ってチャン会長に掴み掛る。
”あんな女と結婚したら1週間も持たない”と、ボヤくチャン会長w

会社帰りのバスの中、ハイヒールから低い靴に履き替えるスギョン。
バス停でスギョンを待っていたジンサン。ぎこちなく歩いて帰る二人。
スギョンにキスをしようとしたジンサンだったが、やっぱり出来なかった。
どうしてスギョンにキスをするのが難しいのか・・・?と悩むジンサン。

”母さん・・結婚する。ドギョンの家で一緒に住む”と言い出すヘヨンに驚く両親。
”住め、出て行け”と言うヘヨン母。泣きながら荷物をまとめるヘヨン。
両親から許しを得たらドギョンに受け入れてもらえると思うヘヨンは、両親からドギョンに”許す”と言って欲しい。

両親と一緒にタクシーでドギョンの家に向かうヘヨン。

スギョンに対して自身が”尊敬”していることに気付き、どう接していいかわからないジンサン。
ずっとヘヨンと一緒に居たいが、自分から言わずにヘヨンから一緒に住もうと言わせてしまった自分自身に怒るドギョンは、ヘヨンの元に向かう。

一方通行の道で、ヘヨンたちが乗ったタクシーはドギョンの車と出くわす。
車から降りて来たヘヨン両親に膝を付き、”ヘヨンと結婚したい。結婚を許してください”と頼むドギョン。
”先に来てくれてありがとう。俺たちはもう許した”と言うヘヨン父。
”ただ今日から一緒に暮らせ。本心だ。”と言うヘヨン母。
ドギョンを抱きしめ、”良く暮らせ”と声をかけるヘヨン母。

ジンサンが部屋にいる事にも気付かず、部屋に入っていちゃつく二人。
部屋からも出られず困るジンサンw
スギョンがジンサンを探しに来て、慌てて帰る振りをしようとするヘヨン。ずっとジンサンが部屋に居た事が分かり、驚くドギョンとヘヨンw

アンナのバイトするカフェに、常連客のスター俳優”オ・マンソク”が現れる。急いでフンに連絡するアンナ。
フンはそのオ・マンソクに自身のシナリオを説明する。映画出演を快諾するオ・マンソク。腰を抜かすフンw

アンナにぎこちなく、”愛している”と言うフン。”私も愛してる!”と答えるアンナ。

”俺たち結婚する。明日、母親同士が会うことになった。結婚前から一緒に暮らそうと思う”とスギョンとジンサンに話すドギョン。
スギョンが妊娠したと聞き、驚いてビールを吹き出すヘヨンw
”フンが愛していると言った”と喜んでドギョンたちに報告するアンナ。
フンたちから言われて”愛している”と言おうとするジンサンに、”愛しているという言葉は本当に感じた時に言うものだ”と脅すスギョンw

”ヘヨンを捨てた”と冷たく言って家から出したヘヨン母だったが、ヘヨンたちのためにおかずを用意して玄関前に届けていた。
2度のドギョンとした食事で、ドギョンが何を良く食べるか見ていたヘヨン母。ヘヨン母の手紙に感動するドギョン。

ヘヨンとドギョン、両方の母親と会って食事をする。
結婚前からドギョンの家に暮らすヘヨンを非難するドヒョン母。
”ものには順序がある・・”と文句を言うドギョン母に、”姉さんが妊娠した”と話すドギョン。何も言えなくなるドギョン母w

家のトイレを詰まらせ、困るスギョン。
スギョンやフンも手が出せず、フンはジンサンに連絡する。
ジンサンはスギョンが詰まらせたトイレに、男らしく立ち向かうw
恥かしがるスギョンw

映画監督たちの食事会に出たドギョン。
”サムギョプサルが食べたい’と言うヘヨンのために、早めに切り上げて帰るドギョン。
初めてドギョンに、サムギョプサルを包んで食べさせるヘヨン。

スギョンに妊娠を祝って電話をかけるドギョン母。
”ロマンティックなことも無く、愛しているという言葉もお互いに言ってないのに、まともに手も握ってないのに・・・どうして先にうんこを。。。”と母親に気持ちを話すスギョンw

テジンと会うヘヨン。
”次に女性に会ったら、どこまで正直に話せばいい?”と尋ねるテジンに、”女性に言ってはいけない言葉は一つだけだ”と答えるヘヨン。
”わかった。ごめん。。そんな言葉が出たのは、お前がもっと良い男に会うための運命だったようだ。幸せになれよ”と言うテジン。

スポンサーリンク

ジンサンとスギョンの話を聞き、”子供を作って→トイレのつまりを取って→最後に愛”なんて、かっこいい!それは本当の愛だ!と言い出すアンナ。
そうかしら?と照れる単純なスギョン。
それはジンサンに頼まれて演技したフンとアンナだった。

可愛いヘヨンと飲みに行くヘヨン。
”二人の結婚式には礼儀として出席しない。会社ももっと良い会社に移る。時々同窓会で会おう。末永く幸せになって。”とヘヨンに言う可愛いヘヨン。
帰り際、可愛いヘヨンに、”絶対幸せにならないといけないわよ!”と声をかけるヘヨン。

ヘヨンへのプロポーズの準備をするドギョン。
約束の場所の前でヘヨンを待つドギョン。上から突然白い花びらが落ちてきて驚くドギョン。
何かの撮影をしていて、屋上から花びらが落ちてきていた。あの死ぬ時の光景を思い出すドギョン。
街頭モニターに、”歌手イビョンジュン死亡”とニュースが流れていた。
その時、ドギョンは警察に追われて暴走するチャンスの車に轢かれて道路に倒れた。
以前の光景とは違い、笑うヘヨンの姿が思い浮かぶドギョン。ヘヨンの手を繋ぎたいドギョン。

救急車の音に驚き、イビョンジュンのニュースを見て、ドギョンの元に急いで駆けつけるヘヨン。ドギョンの手を握るヘヨン。

ドギョンが運ばれた手術室の前で、心配しながら待つドギョン家族や知人たち。
突然、”結婚式の日取りは9月3日にしよう”と言い出すヘヨン母。高価な婚礼品の話をし出すドギョン母と言い合いになるヘヨン母。
ドギョンがヘヨンと生きると既成事実化にして話をしだしたヘヨン母や、一緒に騒ぐ他の人達から元気を貰うヘヨン。
その時、”歌手イビョンジュンは心肺蘇生で蘇生し、回復中”だとニュースが流れていた。

ドギョンは回復し、ドギョンとヘヨンの結婚式が行われる。

みんなから祝福を受ける二人。

「またオヘヨン」おわり

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

「また、オヘヨン」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント