スポンサーリンク

王(ワン)家の家族たち 第6話あらすじ 

スポンサーリンク

「ワン家の家族たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「ワン家の家族たち」あらすじ6話

サンナムが自分の載った雑誌を見た事を知ったクァンバク。
言い訳をするが、怒っているサンナムは聞く耳を持たない。
サンナムに自分の書いた本当の原稿を見せると宣言し、自宅へ帰ってみると、、
テバクがクァンバクのパソコンを使っていて、誤って机から落下させて壊してしまった。

セダルは勤務先のホテルでの騒音騒ぎの解決を任される。
女が泣き叫ぶ声が廊下に響き渡り、他の客から苦情が来ている。
おとなしくしてもらうように女と話をするセダル。

差し押さえの紙が貼ってある家具に囲まれて座るスバク。
シンデレラのように豪華な暮らしが一瞬のうちに無くなったことがショックだと泣く。
そんなスバクを見たミンジュンは田舎に帰ることを諦め、
「ソウルに残ろう。」と言う。

原稿のデータが無くなった事をサンナムに伝えるが、怒ってまともに相手にしてくれない。
クァンバクはサンナムの誤解を解きたいがどうしようもできない。
そんな時、最初にサンナムに出会ったことを思い出した。
依然、偶然通りかかったサンナムが、
なかなか止められなくて困っていた縦列駐車を手伝ってくれたという事があったのだ。

スポンサーリンク

ミンジュンとスバクは新しく借りるアパートを探して回るが、
金銭的に古いアパートしか借りられない状況だ。
偶然、マンションを買おうと見て回るホバクとばったり会う。
一緒に昼食を食べることになるが、ホバクはマンションを買おうとしていることはスバクには言えない。

豪華なマンションから古くて汚いアパートに引っ越したスバクとミンジュン。
ネズミも出るアパートで、スバクは住むのが嫌で仕方ない。
引越しパーティーを家族でするが、そこではセダルが空気を読まずに自分が就職したことを自慢する。
お父さんは退職金を元にスバクに住むところを用意することも考えるが、おばあさんに止められる。

就職していい気になったセダルはスポーツカーを購入してホバクに怒られる。

アパートの共同トイレでは用を足せないスバクにおまるを買ってくるミンジュン。
ミスコリアにまで出たスパクにはプライドが許せない。

サンナムから連絡の無いクァンバクは自暴自棄になって酒を飲む。
そんな時にテバクがサンナムにクァンバクが書いた雑誌の元原稿を渡す。
プリントアウトしていたものをテバクがこっそりと持ち出していたのだ。
その内容を見てクァンバクに連絡するサンナム。

公園で会った二人はすっかり酔っ払っているクァンバクにキスをするサンナム。

7話に続く

「ワン家の家族たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

ワン家の家族たち
シェアする
mini1をフォローする
韓国ソウルから。
タイトルとURLをコピーしました