韓国ドラマ 紳士とお嬢さん 第4話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「紳士とお嬢さん」キャスト・登場人物紹介はこちら→ 全話あらすじ一覧はこちら→


韓国ドラマ「紳士とお嬢さん」第4話あらすじ

ヨングク邸の住み込み運転手”パク運転手”が父スチョルで、その上母ヨンシルまで一緒に住んでいることが分かり驚くダンダン。
ダンダンがヨングク邸で住み込み家庭教師をしているのが分かり、驚くスチョル。

実は親子だったと知られると、ヨングクたちに計画的にやって来たんじゃないかと疑われてしまうと考えるダンダン達。
スチョルと一緒に隠れて暮らしているヨンシルに呆れ、怒るダンダン。

いつまでもセリョンに世話になるわけにはいかないと、セリョンのマンションから出て行こうとするテボム。
納得せず、”私が全て解決する” とテボムを引き留めるセリョン。

テボムの事を、財閥”ミソ鉄鋼”の息子だと嘘を付くセリョン。
それを聞き大喜びのデラン。

セリョンやデランがヨングクの再婚相手としてグッキが良いと考えていることが分かり、面白くないサラ。

昔、ヨングク邸にいた運転手と家政婦が実は家族だったということがあり、それ以来家族関係の人間を採用しないことになっているらしいとスチョルたちに話すダンダン。
家族だと知られると二人ともクビになってしまうからと、若いダンダンの方が辞めるべきだと言うヨンシル。納得できないダンダン。
自分の方が辞めると話すスチョルだったが、スチョルが辞めたら行くところが無いと納得しないヨンシル。
ヨンシルのせいで住む家を失ったのに、ヨンシルの言い分に納得しないダンダン。

自分とスチョルが不倫して実の母を追い出したせいで実の母が死んだとダンダンが思い込んでいて、そのせいで自分の事をダンダンが恨んでいると考えるヨンシル。
本当のことをダンダンに話そうとスチョルに提案するヨンシルだったが、ダンダンには母親に捨てられたことは隠しておきたいスチョル。
”もしまたこの話を持ち出したら、お前とは暮らせない。終わりだ”ときっぱり言うスチョル。

”自分が辞めるから、父さんはここに居て”とスチョルに話すダンダン。
”いや。俺が辞めると言っただろう””だから何の心配なくここに居ろ”と話すスチョル。

頼んだ山菜キムチをギジャが美味しく漬けてくれて喜び、急いでデランの元にそのキムチを持って行くミスク。

ヨングクとの結婚を夢見るサラのために、山菜キムチを好きだと言っていたデランにキムチを持って行くことにするギジャ。
山菜キムチを持ってヨングク邸に行ったギジャは、ミスクも山菜キムチを持ってきたことを知る。
ミスクがデランの機嫌を取るために、自身に山菜キムチを作るように頼んだことに気付くギジャ。

ギジャから、サラがヨングクの事を好きだと初めて聞いて驚くミスク。
自分は今まで何でもギジャに話していたのに、今までその事を黙っていたギジャに腹を立てるミスク。
ミスクから、サラとヨングクが上手くいっているらしいと聞き、焦るグッキ。

サラに”個人的な事情があって・・・”と退職届を出すスチョル。
その様子を見て胸が痛むダンダン。

もうすぐヨングク妻の命日があり、デランが言う通りに今年から簡素化するかどうかヨングクに尋ねるサラ。
今まで通りに段取りするように言うヨングク。

スポンサーリンク

ジェニが怪我をして帰宅したことに気付くダンダン。
ダンダンに問い詰められ、学校でいじめを受けていることを告白するジェニ。

ジェニと一緒にいじめグループに会いに行くダンダン。
”私はジェニのお姉さんだ”と、今までジェニから巻きあげたお金を返すように言い、ジェニへの謝罪を要求するダンダン。
応じないいじめグループを懲らしめ、ジェニに謝罪させて二度と虐めないと約束させるダンダン。

今までヨングクへの想いを封じていたグッキだったが、後悔しないように思い切って告白することにする。
”お前の事が好きだ。お前が良いなら私が一緒に居てやる”と告白するグッキに、”お前は俺にとって良い友達だ。今までもこれからも・・”と答えるヨングク。
亡くなった妻ヨンエが今でも忘れられないヨングク。

一人酒を飲んで酔っ払っていたサラは、ヨングクがグッキを送って来たのを目撃してグッキに憤慨する。
そんなサラに、”お前はヨングクを好きなんだって?だからそうするの??””お前もしっかりしろ。ヨングクはどんな女も目に入らない。まだヨンエさんを忘れられない””目を覚ませ”と言うグッキ。ショックを受けるサラ。

姉ミスクに、ヨングクに告白して振られたことを泣きながら話すグッキ。
子供が3人もいるくせにグッキを振ったヨングクに怒るミスク。

ミスクとグッキの会話を盗み聞きし、喜んでサラに報告するギジャ。
グッキよりもヨンエの方が問題だと落ち込むサラに、”死んだ人間は生きてる人間にかなわない”と話すギジャ。

ヨンエが亡くなる前に、”私が死んだら・・ただ2年だけ恋しがって。そして全部忘れて、以前みたいに生き生きと楽しく生きて。新しい女性にも出会って・・・そうしたら私が安心して死ねる”と言っていたことを思い出すヨングク。
一人で山に登り、亡きヨンエに自分たちの心配はもう止めて安らかに眠るように言うヨングク。

ヨンエの2周忌法事の支度を手伝うダンダン。
家政婦ヨジュテクから、ヨングクが孤児だったヨンエに一目惚れして結婚したことを聞くダンダン。

家から母ヨンエの写真などが消えたことに気付き、ヨンエの物を全て片付けるように指示したヨングクに怒るジェニ。
”まだ2年しかたってないのに??パパは女が出来たの??””パパを絶対に許さない!!”と怒るジェニ。
まだ母ヨンエが恋しいセチャンとセジョンも同じようにヨングクに反発する。
泣くセジョンをなだめるダンダン。

ジェニが家を飛び出して行ったと分かり、慌てるヨングクたち。
ジェニは携帯も家に置いたままにして出ており、行方が分からなかった。
ヨングクと手分けをして色んな場所を探し回るダンダン。

ジェニが行きそうな場所も、ジェニの親しい友人を一人も知らないヨングクに驚き、”ジェニに関して知っているのは何ですか?ジェニへ関心あるんですか?””本当にお父さんなんですか??””子供にも痛みがあって感情もある””それなのにどうして会長は思うままにするんですか??”と怒るダンダン。

”最近、子供たちが苦しんでいることを知ってますか?セジョンが毎晩ママが恋しくて泣いているのを知ってますか?ジェニがどうなのか。ジェニの体に痣がどれだけ多いのか知ってるんですか??”と泣きながら訴えるダンダン。
”痣??どういうことなんだ??”と問い詰められるが、ジェニと言わないと約束したため言えないダンダン。

ジェニの体中に痣があるのを目の当たりにし、問い詰めるヨングク。
いじめられていたことを告白し、今まで家族だれにも気づかれなかったが、唯一ダンダンだけが気付いて助けてくれたことを話すジェニ。
”どうして俺に言わなかったんだ?”と言うヨングクに、泣くジェニ。
”パパが悪かった。。お前の気持ちを分からずに。そんなに辛いとも知らずに””もうママを、俺たちの心配なく気楽に旅立てるようにママの物を片付けたんだ。前もって言わなくて済まない・・”と謝るヨングク。

ヨンエの2周忌法事を行うヨングク家族。泣く子供たち。

翌朝、目が覚めたダンダンは、昨晩ヨングクに失礼なことを言ってしまった事に気付く。
ヨングクから”話がある”と言われ、戦々恐々とするダンダン。

第5話につづく。

韓国ドラマ「紳士とお嬢さん」キャスト・登場人物紹介はこちら→ 全話あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました