韓国ドラマ「赤い靴」第7話,第8話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「赤い靴」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「赤い靴」7,8話あらすじ

昔、行方不明にさせてしまった養子の息子ミョンジュンを、人を使って長年探しているチェ女史。
いままでにミョンジュンと思われる人間に数名会ったが、どれもミンジュンではなくお金を浪費しただけだった。

腎臓が悪く、透析が必須のチェ女史は、ある日道で倒れてしまう。
そこで偶然通りがかったジェンマは、チェ女史が運ばれた病院まで付き添うことにする。

チェ女史が倒れたと連絡を受けて病院に駆けつけたギソクは、一緒に居るジェンマを見て驚く。

治療を受けるが、入院を拒否して家に戻ったチェ女史。
昔、夫が捨ててしまった養子ミンジュン(ギソクの伯父にあたる)の事をギソクに話し、写真を見せるチェ女史。
若い時、子供が居なかったチェ女史と夫は養子としてミンジュンを迎えたが、実の子(ギソク父)が出来て産まれるなり夫(ギソク祖父)がミンジュンを捨ててしまったのだった。
後になって大事な息子夫婦(ギソクの両親)を突然失い、天からの罰を受けたんだと考えるチェ女史を慰めるギソク。
優しく良い息子だったミンジュンを、死ぬまでにはなんとかしてでも見つけたいチェ女史。

銀行だけではなく、高利貸しに借金のあるジェンマ。
家にまで押しかけてきて暴れる借金取りをゴヌクが殴ってしまい、警察沙汰となってしまう。

車の修理代として、お金を包んでギソクに渡すジェンマ。
そんなジェンマに”修理はしなかった””擦ったら傷は消えた”と嘘を付いてそのお金を受け取らないギソク。
祖母チェ女史がジェンマを食事に招待したいと言っていることを話すギソク。

ギソクの弟ヒョンソクの事が大好きなヘビン。
そのヘビンを連れて、チェ女史を見舞いに行くヒギョン。
”大事な客が来るから”とヒギョン達を早々に家から帰らせるチェ女史。

チェ女史邸に行き、ギソク同席して一緒に食事をするジェンマ。
ジェンマに対して失礼な発言をするチェ女史。
”どの大学を出たの??””勉強が出来なかったのね。大学を行かなかったところを見ると””今はお金が無くても勉強が出来たら奨学金などで心配ないのに・・”などというチェ女史の発言に傷つくジェンマ。
それを聞いて慌てるギソク。
高給で雇うからこの家に来いと提案するチェ女史に、プライドが傷つくジェンマ。
ジェンマが病院にまで付いて来たのは、自分が金持ちだと知って下心があってのことじゃないかと考えるチェ女史。
そんなチェ女史に怒って帰って行くジェンマ。慌てるギソク。

チェ女史邸からの帰り道、待ち伏せしていた借金取りに拉致されてしまうジェンマ。
監禁され、借金が返せないなら臓器摘出するかと脅されるジェンマ。

夜中になってもジェンマが帰って来ず、携帯も繋がらずに心配するオクギョンたち。
ゴヌクから連絡を受けたユギョンは、ギソクに連絡する。
ギソクも行方不明のジェンマの事を心配する。

やっと解放されたジェンマだったが、帰宅するなり倒れてしまう。

スポンサーリンク

第8話あらすじ

翌日出勤したジェンマに、”何があったんだ?”と尋ねるギソクに、”私生活まで話す必要は・・”と何も話さないジェンマ。
”昨日、祖母が言った言葉は気にしないで。気分を損ねたなら代わりに私が謝る”と話すギソク。

自宅でまた具合が悪くなり、病院に運ばれるチェ女史。
年齢のことや糖尿もあり、チェ女史を助けるには腎臓移植しかないと医師から言われるギソク。
ギソクは血液型が合わず、弟ヒョンソクも同じく血液型が合わず、二人からの移植は無理だった。

職場にも借金取りがやって来て困るジェンマ。
ジェンマに乱暴しようとする借金取りを止め、退散させるギソク。
そのせいで額に怪我をしたギソクの手当てをしようとするジェンマ。意識する二人。

アメリカ留学の途中のヘビンは、留学を中止して母ヒギョンの会社に入ろうと考える。
ヘビンを会社に置いて経営を学ばせ、のちに会社を譲ろうと考えるヒギョン。
長男である前妻の子ジュヨンがいるが、そのジュヨンに会社を譲ろうとは全く考えていないヒギョンだった。

具合が悪いが、入院を拒絶して自宅に戻るチェ女史。
入院して治療を受けないと時間が無いと医師から言われ、チェ女史の身体を心配するギソク。

ギソクの店に食事に来ていたオクギョンは、その店のVIPルームに入って行くヒギョンを目撃して驚く。
食事もそこそこに、慌てて店から出るオクギョン。
ジェンマも店に来たヒギョンに気付いていた。

夫ヒョクサンを政界入りさせるために、国会議員のソン議員に近づくヒギョン。
賄賂を渡す約束をし、ヒョクサンの推薦後押しをソン議員に頼むヒギョン。
そのヒギョン達の会話を、こっそりと録音することに成功するジェンマ。

夢だった国会議員への望みが出来て、ヒギョンに感謝するヒョクサン。

仕事が終わった後、店でユギョンと酒を飲むジェンマ。
昔のようにユギョンから”ジナ”と呼ばれ、”ジナじゃないって言ったでしょ!ジナという名前はとっくの昔に捨てたわ!!”と怒るジェンマ。
昔の事を懐かしく幸せなことを思い出すユギョンだったが、ジェンマの今までの人生は”幸せ”には程遠かった。

酔ったジェンマは、借金取りから臓器を売ることを持ちかけられていることをユギョンに話す。
”ドラマだけだと思っていた「身体放棄契約書」って本当にあるのね・・”と話すジェンマの話を偶然聞き、驚くギソク。

一人で帰っていたジェンマを呼び止め、車で送ることにするギソク。
”借金はいくらだ?俺が返してやる”というギソクの話にプライドが傷つき、怒るジェンマ。

”臓器を売るわ!私の体だから心配しないで!!”と怒鳴るジェンマに、”俺が買うよ!!お前の腎臓を”と言うギソク。驚くジェンマ。

第9話に続く。

韓国ドラマ「赤い靴」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました