韓国ドラマ ハイバイ、ママ! 第12話あらすじ 

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ハイバイ、ママ!」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

韓国ドラマ「ハイバイママ」第12話あらすじ

2013年、辛いトッポッキが大好きなユリ。
辛い物が苦手なガンファは”それを食べたら俺はすぐトイレ行きだ”と手を出さなかった。
ーー
ミンジョンと暮らすようになって、辛いもの好きなミンジョンに合せて辛い物も食べられるようになったガンファ。
そんなガンファの変化を見ていた幽霊のユリ。
ーー
普段は、ユリを”可愛いおばさん”と呼んでいるソウ。
ユリの名前を”チャ・ユリ”と知っているソウに驚くガンファ。

ガンファから”ソウがユリの名前を知っている”と聞き、”そんなわけない”と信じられないユリ。
ガンファたちの家族写真の横に貼った女の子のキャラクターのシールを、ユリだと言っていたと話すガンファ。
それを聞き、”ずっと見ていたのね・・・”と泣き出すユリ。
ソウにはずっと幽霊の自分が見えていたのが分かったユリ。

ガンファには”ヒョンジョン姉さんが私の名前を呼んだのを聞いたみたい”と誤魔化し、謝るユリ。
”ミンジョンさんの前で私の名前を呼んだらダメなのに・・”と言うユリに、”どうしてそこまでするんだ?””ママとして会え””ミンジョンにも話す”と言うガンファ。
だが、”ダメよ!”とずっと正体を隠したままにしようとするユリが理解できないガンファ。
”お前が全てをかけて守ったソウじゃないか・・””お前がソウのママじゃないか。どうして隠れるんだ??”と言うガンファに、”ダメなの・・”と泣くしかないユリ。

ミンジョンはガンファを愛していて、離婚する気が無いと分かったヒョンジョン。
ユリの今後を考えて余計に悩むヒョンジョン。

黒服の退魔師に突然捕まえられるユリ。
”お前は誰なの??”と驚くユリに、”お前の娘を連れに来た”と言う黒服。
そこに現れユリを助けるミドンテクに、”しっかりしろ、それは友達じゃない。仕事の客だ”と言う黒服。
”次は娘と一緒に会おう。チャ・ユリ”と言って去っていく黒服。

その黒服の発言に不安になるユリ。
”お前の娘がこれからも幽霊を見ると、私やさっきの退魔師のように生きなければならない”と言うミドンテクに、”絶対にダメ!”と焦るユリ。
やはり人間になる気の無いユリに、”どうしてだ??””生きられるじゃないの!”と理解できないミドンテク。
”ソウが一番好きなの何か知ってる?・・・・ママよ””一番笑顔になるのは、ママに会って走って行く時””ソウはママが居ないとダメなのに、どうして私が奪う??””私はどっちみち死んだじゃない。未練ないわ”と話すユリ。
ユリの気持ちを理解するミドンテク。
”だったら49日になる日まで娘の傍にずっとくっついて守れ””退魔師がまた来るだろう。娘を連れて行って私たちの様に生きるようにするだろう”と話すミドンテク。
退魔師からソウを守ると決めるユリ。

”俺たち、お迎えのバイトを変えよう”とミンジョンに話すガンファ。

スポンサーリンク

ソウを守るため、朝からソウに会いに行くユリ。
散歩している犬を怖がるソウ。
”最近は大丈夫だけど、いつもなぜか犬がソウに吠えて・・”と話すミンジョン。
幽霊のユリはいつも犬に吠えられ、ずっとその傍に居たソウは犬を怖がるようになっていたのだった。

”うちの犬のポッポは天才じゃないか?”とムプンに言うヨンジ。
家族以外には全て吠えまくるポッポが、ユリには全く吠えないのだった。
ユリが死んでからこの家に来たポッポなのに、”お姉ちゃんを家族だと分かっているんだ”と話すヨンジ。

ユリにソウを会わせた方が良いんじゃないかと話すムプン。
”もうお姉ちゃんが帰ってきたんだからソウを連れてきたら・・”と言うヨンジに、”子供が物か??””欲を出したらキリがない”と反対するウンスク。

意地悪なママたちもこの間のトーク部屋の事件以来、ヒョンジョンやミンジョンたちを怖がって避けるようになっていたw

ヒョンジョンがソウの前でユリの名前を呼んだことが無いことを確認するガンファ。
ソウがユリの名前を知っているとヒョンジョンに話すガンファ。
何も話してなくてもユリはミンジョンの事もよく知っているし、ユリが何か隠しているんじゃないかと考えるガンファ。
”ユリと初めて会った時も驚いてなかった。隠れていて見つかった人みたいに・・”と話すガンファ。
ユリが幽霊になってずっと傍に居たとは言えず、ユリのためにこれからどうしていいか分からず泣くヒョンジョン。

法律事務所で作成した離婚書類を破るミンジョン。
カバンの中にある、ユリから突然渡された護身用グッズを見るミンジョン。

”ずっと前から私を見ていたでしょう?””そうとも知らずにずっと傍に居て、怖かったでしょう・・。ごめんね”とソウに謝るユリ。
泣くユリを、撫でて慰めるソウ。

家の前まで来ているガンファに気付き、声をかけるムプン。
うつむいて申し訳なさそうなガンファに、”背筋を伸ばして顔をあげろ””君は君は今のまま暮らせ。うちはうちで暮らすから””君がそうしたら、ユリが帰ってきたことが申し訳なく感じるじゃないか””だから図々しく生きるんだ”と話すムプン。
”ソウを可愛くちゃんと育ててくれて有難い。君の妻にも”と礼を言うムプン。

”お迎えのバイト辞めたらダメか?””ソウはお前に似て可愛いだろう””だけど何も知らない人を騙しながらそうするのは良くない””ガンファの奥さんに言ってたまに会わせてくれるように頼もう”と話すウンスクに、”ダメなの・・”と泣くユリ。

編集者幽霊ヘジンは、社内いじめを苦にして自殺したが、自殺したことを後悔していた。
生前は、雑誌編集者になるのが夢で人生の全てだと思っていたヘジン。
死んでからその夢以外にも大切なものがあったと気づいたヘジンだった。

突然、”急用ができて。ちょっとソウを預かってほしい”とユリの家にソウを連れて来るガンファ。
ソウが家にやって来て、大喜びのムプン達。そんな家族の姿を見て喜ぶユリ。

ユリが戻ってきたからソウにも会うだろうと、本当はソウに会いたいウンスクたちと会わせたかったガンファだった。
ハジュンたちと遊びに行くとミンジョンと嘘を言って、家からソウを連れ出したガンファ。

だが、道でハジュンを連れたヒョンジョンと出くわし、ガンファが嘘を付いた事が分かるミンジョン。

ソウを迎えに行くガンファ。
”今どこ?”というミンジョンからのメールに返信しようと、ソウとつないだ手を離すガンファ。
その隙に、ソウの名前を呼ぶ黒服の退魔師。その黒服の元に走って行くソウ。

ソウの頭に手をかざすその黒服に、”お前は誰だ??”と掴みかかるガンファ。
”チャ・ユリの友達だ””チャ・ユリを知らないか?子供の傍にずっと付いていた幽霊。5年も”と言う黒服に驚くガンファ。

グンサンに、ユリが幽霊でずっとガンファたちの傍に居たことを話すヒョンジョン。

ユリに会いに行き、”ずっと俺の傍に居たの?それを見たのか?・・どうやって・・”と泣くガンファ。
ガンファがミンジョンを好きになり、交際して再婚したこともずっと見ていた幽霊のユリ。
そのユリの心情を考えて泣くガンファ。

第13話に続く。

韓国ドラマ「ハイバイ、ママ!」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました