たった一人の私の味方 第43,44話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「たった一人の私の味方」43,44あらすじ

ドランが突然別れを言い出したのが母ウンヨンのせいだと分かったデリュク。
”私が最後までドランさんと進む、手を離さないって言ったのを忘れたのか?””もう知ったから、私に任せて”とドランを抱きしめるデリュク。
クムビョンが療養院に居ることを聞き、驚くドラン。
ドランと一緒にクムビョンを迎えに行くデリュク。

妹ミョンヒを探して暴れるクムビョンだが、ドランの顔を見ると落ち着きを取り戻す。
その姿を見て、苦々しい思いのウンヨン。
ドランに付き添われ、家に戻るクムビョン。

酔って、”そっちをいくら好きでも、無職だから好きにもなれない”とゴレに言ってしまったことを思い出し、後悔するミラン。
それとなくゴレがそれを覚えているか探りを入れる。
”友達になろう”と言っていたと話すゴレ。

友達になった記念にと、ゴレを飲みに誘うミラン。
ゴレが無職だと思い込んでいるミランは、自分が奢ると決めている。
酔っ払い、”ハンサムで優しく、仕事さえあれば良いのに・・・”とゴレを見つめるミラン。キスをする二人。我に返り、逃げ出すミラン。

ドランに安心し、自宅で眠りにつくクムビョン。
ジングクやウンヨンたち家族の前で、ドランと結婚すると宣言するデリュク。
大反対するウンヨン。
ドランと結婚しても長男としての役割をやり遂げる自信があると話し、”もし反対するなら、祖母クムビョンと一緒に出て行って暮らす”と言うデリュク。
”親子の関係まで壊すなと言ったでしょう!!”とウンヨンから責められ、謝って出て行くドラン。

弱気になって身を引こうと考えるドランに、”ドランさんを捕まえるのがお祖母さんのためだと思っているのか?私が、ドランさんが居なければダメなんだ”と説得するデリュク。

ドランとの結婚の覚悟をデリュクに尋ねるジングク。
以前は、良家の女性と結婚して会社を大きくする野望を持っていたデリュクだったが、今は自分自身でそれをやり遂げようと考えているデリュク。
”絶対に失望させない”と話すデリュクに、”お前の気持ちは分かったから、考えてみる”と話すジングク。

”会社には出てこないのか?まだ退職届は受理してない”とジングクから電話を受け、出社することにするドラン。
会社でもデリュクとの仲は噂になっていて、驚くドラン。
自分がばらしたんじゃないとドランに話し、”一人で退職届を出して消えるんじゃなくて、本部長を信じて言うとおりにして”と励ますホン秘書。

会長室に呼び、ドランと話すジングク。
二人の仲を認めることにしたと、ドランに話すジングク。
デリュクの覚悟を知り、母クムビョンのためにも許したと話し、今までのドランの姿を見て自身も気に入ったことを話すジングク。驚くドラン。
これから困ったことがあったら、デリュクや自身に相談するように言うジングク。

ドランから”会長から許しを貰った。家族として受け入れると”と聞き、喜んでドランを抱きしめるデリュク。

デリュクとドランの結婚を許したと、クムビョンに報告するジングク。それを聞いて怒るウンヨン。
母ウンヨンにも許しを貰ってから結婚したいが、最後まで反対するならクムビョンを連れて家を出る覚悟のデリュク。
”デリュク、俺も付いていく。お前(ウンヨン)はイリュクとダヤと一緒にここに住め”と言い出すジングクに、驚くウンヨン。

怒って家を出て行こうとするウンヨンを宥めて説得するジングク。

酔ってゴレとキスしてしまったことを後悔するミラン。
”私たち友達じゃない?友達同士ならキスしたら駄目でしょう?お互いに気を付けよう”とゴレに話すミラン。
”私たちが良い友人になるために、反省の意味で”とまたゴレを飲みに誘うミランw
だが、また酔っ払ってゴレにキスをするミラン。そんなミランにキスをするゴレ。
”本当に無職の事を好きになってしまったようだ・・どうしよう”と自身に戸惑うミラン。

家を出て連絡がない妹ホンジュの事を心配するホンシル。
舅ジングクがデリュクとドランの結婚を許してしまい家が大騒動になっていると、ホンシルに電話で話すダヤ。

家政婦から、デリュクとドランの結婚をジングクが許したと聞き、感無量のスイル。

スポンサーリンク

第44話あらすじ。

デリュクとの結婚を許されたドランに、お祝いの花束などを持って行くスイル。
二人の仲をずっと応援してくれたスイルにお礼を言うドラン。

ヤンジャに、デリュクとの結婚をデリュクの家から許してもらったことを話すドラン。
ドランがポムアンドフードの嫁になると分かり、今までドランを育ててきたその対価を当然貰えると考えるヤンジャ。

ホンジュの行方が分からず、スイルに会いに行くホンシル。
もしホンジュから連絡が来たら教えて欲しいと話し、この間誤解してスイルの気分を害してしまったことを謝罪するホンシル。
”言い過ぎたかな・・俺のせいで家出したのかな・・”とホンジュの事を心配するスイル。

いつものパンのボランティアのために教会に行くと、すでにホンジュが来ていて準備をしていた。
ホンジュに、ホンシルが会いに来て謝罪したことを話すスイル。
”お姉さんがすごく心配しているから連絡をして”と話すスイルに、”カン先生に失礼なことをした事、カン先生は許したかもしれないけど、私はしてない。連絡しない”と頑固なホンジュ。

ドランの親に会って”結婚の準備はこちらで全てする”と、気分を害さないように話すようにウンヨンに言うクムビョン。
デリュクたちの結婚に納得できずに気分を害したままのウンヨンに気を遣う家族たち。

貧しいドランの家と親戚になるかと、足取りの重いウンヨンはホンシルの家に行って愚痴る。

ヤンジャと一緒にいるドランの姿を見かけ、孫娘ユジンの友人ドランがあの赤ちゃんだったドランだと分かるクムオク。

ウンヨンと対面するヤンジャ。
結婚の日付だけ決めて準備は全てこちらですると伝え、席を立とうとするウンヨンに、今までドランを育ててきた対価を求めるヤンジャ。驚くウンヨン。
ヤンジャの話から、ドランがヤンジャの実の娘ではなく、ドランの実の親は誰か分からないと知り、衝撃を受けるウンヨン。

デリュクと一緒に父ドンチョルの納骨堂に行き、結婚を報告するドラン。
そこで、そのドンチョルは実父ではなく、実の親について知っているのは自分が赤ちゃんの頃に亡くなったことだけだとデリュクに話すドラン。

スイルから連絡を受け、ホンジュを連れに来るホンシル。
意地として帰ろうとしないホンジュに、ホンシルと一緒に帰る様に話すスイル。

自宅に戻ったウンヨンは、ドランが実の親も誰か分からない貰った子供だったと話し、ドランの養母から育てた対価を渡さないなら結婚をさせないと言われたと話すウンヨンに、驚くクムビョンたち。

そのウンヨンの話を聞き、養母でも母親なのにどうしてドランの道を邪魔するのかと激怒するスイル。

幸せいっぱいにデート中のデリュクとドラン。
デリュクに電話をかけ、すぐに家に戻ってくるように言うウンヨン。

怒るスイルはヤンジャに会いに行き、育てた対価を要求してドランの立場を困るものにしたことを責める。
そんなスイルに逆切れし、”運転手の癖に!私が対価を要求しようと、あなたに関係ないでしょ?あなたが何だと言うの??言ってみろ”と言うヤンジャに、”私?私が・・・”と言い返そうとするスイル。

第45話につづく。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント