オーマイグムビ 第8話あらすじ オ・ジホ  

スポンサーリンク

「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「オーマイクムビ」8話予告動画

「オーマイクムビ」 8話あらすじ

地下鉄の駅も途中で思い出せず、不安になったクムビはキム医師を訪ねる。
これからどういう症状が出て行くか、説明するキム医師。
”何もかも忘れてしまう?パパやお姉さんも分からなくなるの?”と尋ねるクムビに、”鏡に映る自身の顔もわからなくなるだろう。。。”と答えるキム医師。

クムビに付いて病院に来たジェハ。
”病気なの?”と尋ねるジェハ。”病気だけど・・・まだ時間が少しあるんだって”と答えるクムビ。
クムビのためにバイオリンを弾くジェハ。

お金のためにクムビを手に入れようとするジュヨンを止めたいフィチョル。
実の母親であるジュヨンが親権を主張すると、クムビを手放さなけなければならないフィチョル。
ジュヨンに親権者として資格がないと証明すれば道はあると話す弁護士。

下校するクムビに会いに行くジュヨン。
クムビに意地悪をするシルラに、反撃するジュヨン。

一緒にデパートに行き、クムビに洋服などを買い与えるジュヨン。
食事をしながら、”私達には誤解が多いから・・・”と話すジュヨンに、”死んだって聞いた。法事もした。来年も法事する”と言うクムビ。

ジュヨンのファッションを見て、”洋服やアクセサリーは全部高いんでしょう?何歳からそうやって着たの?”と言うクムビ。
クムビをネイルサロンや美容院に連れて行き、大人ごっこをさせるジュヨン。

クムビを家に送って行くジュヨン。
化粧をしてお洒落をしているクムビの姿に驚くカンヒ。
カンヒを”お姉さん”と呼ぶクムビに、”何がお姉さんだ?年取ったおばさんに対して!”と怒るジュヨン。
”おばさんの方がずっと老けて見える!不細工なくせして”とジュヨンに言うクムビ。怒ってクムビに手を出そうとするジュヨンから守るカンヒ。

”さっき、おばさんの方がもっと老けて見える”と言ったのは本当?とクムビに尋ねるカンヒ。それを思い出せないクムビ。

ジュヨンがスペインで麻薬の運び屋をしていて、韓国に逃げ帰って来た事実を掴むフィチョル。
警察に通報するとジュヨンを脅し、クムビに手を出さないようにくぎを刺すフィチョル。

これからもクムビと一緒に居られると分かり、喜ぶカンヒ。
フィチョルとクムビが言い合いをする姿を見て、妹ジュニが生きていた頃の事を思い出すカンヒ。
ジュニが生きていた頃は家族と騒がしく言い合いすることもあり、賑やかで幸せだった。
ジュニが遊びに行こうと誘っても、忙しいと相手にしなかった当時のカンヒ。一人で外に出たジュニは事故に遭って亡くなってしまう。
それ以来、会話の無くなったカンヒ家族。
そのことをフィチョルに打ち明けるカンヒ。
”兄は、私がクムビをジュニだと錯覚していると言う・・最初はそうだった。今はただクムビ、誰の代わりじゃなくクムビ。。”と言うカンヒ。
クムビが記憶も無くなり体が不自由になっても、自身がクムビをずっと世話して守っていけるのか・・と不安に思って泣くカンヒ。”俺も怖い。今は今の事だけを考えよう”と言うフィチョル。

チェギョンたちに騙されたことに気付くジュンピル。
訴えられ、詐欺の共犯容疑で検察から事情を聞かれるフィチョル。関係ないと主張するフィチョル。
慌ててキロやチェギョンに電話をするが、電話を取らない二人。

DNA検査をすることを思いつき、クムビが着ていた服から髪の毛を取るジュヨン。
無理やりフィチョルから髪の毛を抜くジュヨン。

”これで終わりだ”と、DNA検査の結果をフィチョルに投げつけるジュヨン。
”クムビとお前は何の関係は無い!お前は昔のように暮らせ!”と言うジュヨンに、”もう昔のようには暮らせない。遺産なんて要らない。このままクムビの父親として生きたらダメか?何でも望むことはするからクムビだけは。。”と頼むフィチョル。驚くジュヨン。
”週末に迎えに来るからきっぱり終わらせろ”と言って帰って行くジュヨン。
クムビと血縁関係が無いと示すDNA検査の結果を見るフィチョル。

カンヒとフィチョルと一緒に旅行に行くクムビ。
記念に3人の名前の書いたベルを木に付け、鍵をかける。その鍵をフィチョルにねだるクムビ。
人形劇を見ていたクムビは、途中で出て行ってしまう。

スポンサーリンク

一緒にホテルに泊まり、”真実ゲーム”をするクムビたち。
”家にある自転車は誰の?”と尋ねるクムビに、妹のジュニのものだったと亡くなった事情なども話すカンヒ。
カンヒは、”両親の事を教えて”とフィチョルに尋ねる。両親の事を話し、”父親の多い小言が嫌だったけど、今になったら聞きたい・・録音しておけばよかった”と話すフィチョル。
”どうして人形劇を途中で出たんだ?”と尋ねるフィチョルに、人形が可哀想だった。自分自身で動くことも出来ずに・・私もいつかああなると思って。。”と話すクムビ。
”クムビはあんな風にならない”と抱きしめるカンヒ。
”お前が何をしても、パパを呼んだら1時間以内に駆けつける。心配するな”と約束するフィチョル。
”いつかパパやお姉さんを忘れたら・・・”と言い出すクムビに、泣くカンヒ。そんな二人を抱きしめるフィチョル。

朝、昨日木に付けたベルを外すクムビ。

仕事の成績が良くなく、ボスから殴られるチス。
仕事を辞め、お金に困るジュヨンはチスにお金を貸してくれと頼む。

クムビの元に行き、”フィチョルはお前のパパじゃない”と言うチス。

第9話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント