オーマイグムビ キャスト・登場人物紹介 オ・ジホ 

スポンサーリンク

KBSドラマ「オーマイクムビ」のキャスト・登場人物紹介です。
00

「オーマイグムビ」あらすじ一覧はこちら→

ユ・クムビ(グムビ) ホ・ジョンウン
0
10歳。大人から面倒を見てもらうこと無く育った子供。
そんなクムビにある日、フィチョルという父親ができた。
それも平凡なパパでなく詐欺師。フィチョルとの初対面は法廷だった。
漠然と恋しかったパパは、クムビの想像の正反対のような人間だ。
誰かに捨てられることに慣れ、フィチョルが自身を捨てることだと予想した。 フィチョルが捨てようとするたびに捨てられなくさせた。
その上カンヒの前で変わるフィチョルの態度を見て、もしかしたらきちんとした人間、本当に私のパパにすることができないだろうかと考えてみる。
だがフィチョルは簡単に変わらず、いつか病症が現れれば、結局捨てられないだろうかと心配だ。
”ニーマンピック病”、痴呆と類似の症状を見せるという、名前さえなじみが薄い病気が10才のクムビが耐えられなければならない未来だ。

モ・フィチョル オ・ジホ
1
37歳。贋物詐欺師。
高校時代、警察官だった父親の死以後、夢が崩れてなるがまま生き続けた。
その後、父親の死にかかわった詐欺師キロに会って詐欺師の道に入る。
詐欺を働いて借金を返して、再び借金をしてまた詐欺を働き、いつのまにか詐欺と借金の呪縛から抜け出せなくなっていた。
こういうフィチョルの人生に突然クムビが割り込んできた。
刑務所行きを免れるためにクムビを引き受けたフィチョルは、クムビのせいでカンヒと知り合う。
一度も心より誰かを愛したことなかったが、カンヒには度々心が傾く。
カンヒがクムビを好きで、カンヒのためにもクムビを捨てることはできない状況に置かれることになる。

コ・カンヒ パク・ジニ
2
35歳。樹木科学院研究家。
人と関係を結ぶよりことより、木を育てて見守る時に安らかさを感じる。
古美術品が沢山ある美術館のような家に一人で暮らしている。
両親の自慢だった妹が生きていた頃は、両親もガンヒも幸せだった。幼い妹の死は人も家も荒廃させた。
父親の死で最後の未練も残っていなかった。
家も美術品も売り、あらゆる事を忘れて韓国を離れるつもりだった。
クムビとフィチョルが現れる前までは。

ユ・ジュヨン オ・ユナ
3
36歳。クムビの実母。昼間はデパートで働く。
幼い時、厳しい母親の下で育ち、母親の強要で常に静かにおとなしく生きた。
母親が死んでからはどうしようもない程、夜を飛び回った。
夜、クラブとバーを転々としてあらゆる男たちと熱く遊んだ。常にその瞬間を楽しもうというマインドでお金をふんだんに使いまくった。
そうするうちに突然の妊娠。堕胎することも考えたが手術が恐ろしく、計画なくクムビを産むことになった。
人生を楽しむ主義の彼女には、クムビは足かせに違わなかった。
微塵も無い母性愛で、知り合いの姉さんにクムビを簡単に捨てた。

スポンサーリンク

コン・キロ ソ・ヒョンチョル
4
49歳。フィチョルに詐欺を教えた師匠。
不遇な家庭環境により青少年の時から詐欺を働いて暮らしてきた。

ホ・チェギョン イ・イネ
5
30歳。フィチョル一団のの紅一点詐欺師。キロとフィチョルから詐欺を習った。
時々はフィチョル、キロより状況判断が早く猪突的だ。
どこか足りなく見えるフィチョルに好感を持っている。

チャ・チス イ・ジフン
6
37歳。悪徳債務業者。
一度でも借金をした債務者は地球最後まで追いかけて行って受け取る。
借金を受けるために使う方法に良心や道徳的限界がない。
チスの顧客リストのうち最高の優良顧客がフィチョルだ。
かつて、フィチョルとチスは債務関係ではない友人だった。
かつて前途有望な高校野球選手だったチス。
フィチョルと暴力事件にまきこまれて野球を止めることになり、そのことでフィチョルに恨みが深い。

チェ・チェジン キム・ドヒョン
8
37歳。大きな個人病院の医師。
金持ちの家で生まれ、簡単に医者になった金持ち息子。
医師の仕事に熱中せず、女と遊ぶことに熱中する遊び人。
簡単にものに出来なカンヒの心を得るために努めるが、突然カンヒのそばに現れたフィチョルと対立する。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント