オーマイグムビ 第7話あらすじ オ・ジホ  

スポンサーリンク

「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「オーマイクムビ」7話予告

「オーマイクムビ」7話あらすじ

母親の遺産を娘クムビが相続すると聞いたジュヨンは、クムビの小学校に行く。
それが娘クムビと知らないまま、クムビに話しかけるジュヨン。
途中で思い直し、教室を後にするジュヨン。まだお互いに親子だと分からない二人。

保険を適用しても高額なクムビの薬。
クムビの薬を買いに行き、100万w超える高額な薬の代金を支払うフィチョル。

病気のクムビのために、家にある美術品を担保にお金を都合してくれるようにチェジンに頼むカンヒ。
そんなカンヒに驚き、納得できないチェジン。

”子供用のすごい栄養剤だ”と嘘を付き、クムビに薬を飲ませるフィチョル。学校にも携帯させる。

チスは、高校時代争いに巻き込まれ、処分を受けそうになった時の事を思い出す。
自分はしてないと証言してくれとフィチョルに頼んだチスだったが、それを無視したフィチョル。
貧しい家で育ったチスは、その事件のせいでプロ球団にも入れずに現在の境遇となった。

クムビに母親が生きていると話し、ジュヨンの居場所を教えるチス。
デパートで働くジュヨンの姿を見て、教室で会った女性が母親だと気付くクムビ。
そんなクムビの姿に気付くジュヨン。

家に帰り、美術品が無くなっていて驚くカンヒ。
お金に困るジュンピルがすでに処分してしまっていたのだった。カンヒの取り分は後で渡すと話すジュンピル。

クローゼットの奥からクムビを産んだ時の写真を取り出すジュヨン。
そのジュヨンの手首には傷がある。

学校で給食を食べた後、薬を飲もうとして忘れるクムビ。
クムビが落とした薬の瓶を拾うシルラ。

学校で高額な薬を無くしたクムビに、”あれには10錠は入っていたのに・・!”とクムビを叱るフィチョル。
フィチョルの怒る様子を見て、”クムビの高級栄養剤”を確認するカンヒ。
その薬を見て、フィチョルがクムビの病気を知っていることが分かるカンヒ。

工事現場で働くフィチョルは、仕事中に足を怪我してしまう。
足を怪我している姿を見て、フィチョルが夜中仕事をしていることが分かるクムビ。

以前行った占いの店の前で、タロット占いをして稼ごうとするクムビ。
その占いのお姉さんに見つかり、叱られるクムビ。
病気で薬代を稼がないといけないことを話し、週に3回タロットをさせて欲しいとそのお姉さんに頼むクムビ。

クムビの居る占いの場所をジュヨンに教えるチス。
ジュヨンは占いに行き、クムビにタロットで占ってもらう。
クムビが生まれた時の写真を見せ、”探さなければいけない。今からでも一緒に暮らそうと・・”と話すジュヨン。
”その子が嫌だと言ったら?”と尋ねるクムビに、”ちゃんと話をする。どうしようもない事情があったと・・”と答えるジュヨン。
”すごく遠ざかってしまった。振り返らず、考えず、そのまま来た道を行って、通り過ぎるのが良い”と占いの結果を言うクムビ。

本当は、”真心が分かれば取り戻せる。だけど心を隠して偽りで向かえば永遠に離別してしまう”と出ていたタロットの答え。嘘の答えをジュヨンに伝えたクムビ。

仕事中も上の空になるジュヨン。顧客から怒られ、上司からも注意されるジュヨン。
憂さ晴らしにまた飲みに行くジュヨン。
飲み代が足りなくなり、ソンガプを呼び出すジュヨン。
クムビから遺産を取り上げることに葛藤し、決心するジュヨン。

翌朝、カンヒの家にやって来たジュヨンに驚くフィチョル。
”クムビは私が連れて行く”と言うジュヨンに怒るフィチョル。

ジュヨンからクムビが占いをして稼いでいると聞き、急いで連れに行くフィチョル。
夜中働いていることをクムビが知っていて、驚くフィチョル。

スポンサーリンク

クムビの病気をカンヒが知っていることがわかるフィチョル。
クムビの母親が来て、連れて行くと言った事を話すフィチョル。母親に渡さず、フィチョルと二人でクムビを守りたいカンヒ。
”母親の顔の記憶も無くなってしまうクムビに、後から母親を連れて行ってもわからないだろう・・”と母親と一緒に暮らすことも出来なかったクムビを哀れに思い、母親に渡すことを考えるフィチョル。

母親の話をし出すフィチョルに、”どうしてその話をするの?”怒り出すクムビ。
母親が生きていることを話すフィチョル。

カンヒの家の美術品を、ジュンピルを騙して巻き上げるチェギョンたち。

弁護士から連絡を受け、クムビの遺産の事を聞くフィチョル。
ジュヨンが遺産を目当てにクムビに近づいていることが分かるフィチョル。
そんなジュヨンに怒り、デパートに乗り込むフィチョル。
遺産を持って行ってクムビを育てるならいいが、ジュヨンはお金を取り上げたらクムビを捨てると考えるフィチョル。
そんなジュヨンにクムビを渡せないフィチョル。
”クムビは今・・・・”と病気のことを話しそうになるフィチョル。そこに現れ、”話さないで”と止めるクムビ。

”パパと一緒に暮らそう。最後までパパと暮らそう!”と言うフィチョルと、泣きながら指切りをするクムビ。

”これからは私抜きで二人で出かけたらダメよ”とフィチョルとクムビに言うカンヒ。これからは何でも3人一緒にすることにする。

算数の授業中、覚えていたはずの答えが思い出せないクムビ。
不安になるクムビは、いつもの地下鉄の駅を暗唱してみる。なかなか次の駅名が出てこないクムビ。

第8話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント