韓国ドラマ 女神降臨 第8話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「女神降臨」あらすじ一覧はこちら。登場人物・キャスト紹介はこちら


韓国ドラマ「女神降臨」第8話あらすじ

わくわくしながら修学旅行キャンプに行く準備をするジュギョン。
みんなに素顔を見られたくないジュギョンは一番遅くに寝るつもりだ。

修学旅行の朝、ジュギョンを学校前まで送って行くヒギョン。
校門前でジュヌに出くわし、抱きしめようとするが、ジュギョンが戻って来て慌てて離れる二人。

あの日、一夜を共にしたヒギョンとジュヌ。
ジュヌは正直に、奨学金の返済が終わっていない事と、貯金額が少ないことをヒギョンに告白する。
そんな状況で自信が無く、当分恋愛する気が無かったジュヌ。
今までずっと努力してきたのに、自身を卑下するジュヌを肯定するヒギョン。
ジュヌに新しい靴をプレゼントし、”これを履いて私の方に来て。私がよくしてやるわ”と話したヒギョン。

偶然ソジュンと服が被り、みんなにカップルだとはやし立てられるジュギョンとソジュン。
そんな二人を見て嫉妬するスホ。
スホに話しかけられても、避けるジュギョン。

昔からスホと親しいスジン。
他クラスの子がスホに告白したけど、”好きな人がいる”と言って振られたことを話し、”それはスジンの事じゃない??”と言うスア。
1年生の頃からスホとスジンが付き合っている噂があったと話し、”スホの事を男として見たこと1秒も無いの?”と尋ねるスア。
その答えが気になるジュギョン。だが、誤魔化して答えないスジン。

ゲームでジュギョンとソジュンが同じチームになり、その二人の様子が気になるスホ。

キャンプ場の管理人から、”こっちの方角に行ったらいけない”と注意されるチョロンたち。
”これ以上人を失うわけにはいかない・・”と意味深に呟く管理人。

どうしてそこに行ったらいけないのか興味津々のチョロンたちに、昔からの言い伝えの幽霊の話をする管理人。
その井戸の幽霊が、出会った美しい人の顔を奪うという怪談だった。

ムーブエンターテイメントで働くヒギョンは、セヨンの追悼アルバムプロジェクトを進めていた。
セヨンの未発表曲をたくさん作っているレオの正体はソジュンだと思っているヒギョンは、ソジュンに協力を求める。
だが、自身は”レオ”ではないと否定し、セヨンを見殺しにした事務所がセヨンの追悼アルバムを作ることに反発する。

実は、セヨンの追悼アルバム制作に反対の事務所代表イ・ジュホン。
1人でセヨンの追悼アルバムを進めているヒギョンを別部署に異動させることにする。

この旅行中、ジュギョンに告白する決心のスホ。
”どうして俺を避けたんだ?”と尋ねるスホに、”避けてない”と慌てて否定するジュギョン。
近くにベンチは無いが池に浮かんでいるボートを見つけ、二人で乗るジュギョンとスホ。
BGMとしてセヨンが歌う未発表曲を流すスホ。
写真を撮られるのが嫌な理由を尋ねるジュギョンに、”幼いころにパパラッチに苦しめられて・・”と話すスホ。
メイクをし出してから写真を撮るのが好きになったと話すジュギョンに、”俺と一緒に撮る?”と言うスホ。
一緒に写真を撮った二人だったが、虫に驚いたジュギョンが船から落ちてしまう。
ジュギョンはスホに助けられるが、ずぶ濡れの二人。

メイクが全部取れてしまって困るジュギョンに、”メイク道具を取りに行こうか?”と言うスホ。
だが、メイク道具があるカバンには下着なども入っていて、頼めないジュギョン。

幽霊を撮ってSNSでバズろうと、管理人が言っていた場所に行ってみることにするチョロンたち。

帰り道、スジンに出くわしそうになり、慌ててスホを突き飛ばしてスジンの前に出すジュギョン。

カメラを持って幽霊の出る井戸に近づくチョロンたち。
わざと顔を汚し、井戸の後ろから飛び出すジュギョン。幽霊が出たと驚いて逃げていくチョロンたちw

再びジュギョンを探しに行くスホ。
心配するスホのメッセージに、”さっき戻った”と嘘の返信するジュギョン。
ジュギョンに告白するために買ったが、濡れてしまったネックレスを見つめるスホ。

翌朝、一番先に起きてメイクを済ませるジュギョン。

突然、広報チームに配属され、憤慨するヒギョン。

スポンサーリンク

宝探しゲームが始まり、1等の景品を当てようと必死に探す生徒たち。
体調が悪く、バスの中で休むジュギョン。
ジュギョンに熱があることが分かり、解熱剤を飲ませるソジュン。

バスの中で、ジュギョンがソジュンにもたれて寝ているのを見つけるスホ。
ソジュンに外に出るように言うスホ。

ジュギョンを奪おうとするソジュンに、怒るスホ。喧嘩になる二人。
ジュギョンを諦めるように言うスホに、反発するソジュン。

ゴウンの事が気になっていたジュヨンは、いつもの漫画喫茶にゴウンが居て喜ぶ。
漫画喫茶で週末のアルバイトを始めたゴウン。
自意識過剰のジュヨンは、ゴウンが自分の事を追ってここでアルバイトを始めたのかと考える。
だが、ゴウンは全く相手にしてなかったw

みんながのど自慢する舞台で、”元練習生”のソジュンは舞台に呼ばれる。
最初は嫌がっていたが、ジュギョンもソジュンの歌を聞きたがり、舞台に上がることにするソジュン。
ジュギョンのために歌を歌うソジュン。
スホがスジンと一緒に居るのを見るのが辛く、その場を離れるジュギョン。

スホがジュギョンになかなか告白できないことを心配するテフンは、ジュギョンにスホの服を手渡し、スホに渡してくれと頼む。
スホに服を持って行こうとしたジュギョンだったが、途中でスホを探すスジンに出くわす。
スホはスジンの事が好きだと思っているジュギョンは、そのスジンにスホの服を渡す。

”俺の歌どうだった??”とジュギョンに尋ねるソジュン。
突然泣き出すジュギョンに驚くソジュン。
”どうして・・スホに、私じゃないんだろう・・”と話し出すジュギョンに、”言うな!”と止めるソジュン。
”私は・・・スホが好きなの””大丈夫だと思ってたけど、ここが痛い・・”と胸を押さえて号泣するジュギョン。

泣くジュギョンとソジュンが一緒に居るのを目撃するスホ。

泣いてメイクが取れたジュギョンの前に現れるスホ。
”どうして泣いてる””ソジュンのせいか?””もしかしてあいつが好きなのか?”と尋ねるスホに、”何の関係があるの??””お前こそどうして?私が泣いても、誰を好きでも、どうしてお前が気にするの?””好きな人がいるくせに混乱させて・・””お前はスジンが好きじゃないの!それなのに私に良くしてくれて、ときめくようにさせて・・”と言うジュギョン。
ジュギョンが誤解していることが分かるスホ。

みんながテントに戻って来たことに気付き、慌てるすっぴんのジュギョン。
急いでシーツをかぶり、幽霊に変身するw

転げてシーツが取れてしまったジュギョンをとっさに隠して助けるスホ。
”俺はスジンを好きじゃない。俺が好きなのはお前だ”と告白し、ジュギョンにキスするスホ。

第9話に続く。

韓国ドラマ「女神降臨」あらすじ一覧はこちら。登場人物・キャスト紹介はこちら

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました