スポンサーリンク

最高のチキン 第12話 最終回あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高のチキン」12話 最終回予告動画

「最高のチキン」12話 最終回あらすじ

付近一帯を巨大なショッピングモールやマンションに再開発しようと近隣住民をけしかけるボア父。それを知り、怒るボア。
この再開発は国や自治体が推進するものではなく、今回のような住民が進めるものは大儲けするか借金を抱えるか博打のような事業だった。
この再開発案に大反対のボア、

チェゴ母のチキン屋に対抗し、大きなエビフライをトッピングしたチキンを開発するアンドリュー。
インスタ映えもして美味しいこの新メニューに、満足のチェゴ。
ふとしたボアの発言で、その再開発案に対抗するために、この近所に美味しい店を増やして商圏を作ればいいと思いつくチェゴ。

ソダムに会いたくて、ソダムの行きつけの店に現れるジュニョク。
付き合ったら結婚も考えると、長く付き合ったチェゴの兄と付き合うのには抵抗のあるソダム。ジュニョクの考えを尋ねるソダム。

また周辺住人を集め、”土地使用承諾書”にサインさせようと企むボア父。
住民の一人として、その集まりに参加するボア。
住人たちに上手い事ばかり言って説明する父親に、質問を浴びせてデメリットも住人たちに分からせるボア。
”美味しい店を作りたい人はアンドリューが無料アドバイスをする”と話し、肉や食料品はギュマンたちが安く提供すると話すボア。
”ショッピングモールが良いのは知ってるが、ショッピングモールは他にもある。この街はここにしかない””私たちの街を守りたい。そのサインをする前にもう一度考えて欲しい”と住民たちを説得するボア。

再開発に反対するのは、銭湯で引きこもっていた頃のように間違いなんだろうかと不安になるボア。
そんなボアに、”ボアさんは今隠れようとしているんじゃなく、勇気を出しているんじゃないか””ボアさんは十分に上手くやっている”と応援するチェゴ。

アンドリューのコンサルを受けたいと申し出た冷麺の店に、アンドリューを連れて行くボアたち。
専門店なのに出来合いのスープや麺を使う店主に腹を立て、アドバイスを始めるアンドリューw

新メニューのおかげで、チェゴの店も大繁盛する。
冷麺店の店主から噂を聞いたのか、アンドリューのコンサルの申し込みも相次ぐ。

久しぶりにチェゴの店に顔を出すソダム。
チェゴの店の周りに美味しい店が出来ていることに気付いたソダムは、コンサルしたアンドリューに会いに来たのだった。

再開発に同意してくれる住人がだんだん少なくなり、頭を抱えるボア父。
父親の事を”悪い人”とは思わないが、”知らない人”と話すボア。自分が正しいと思う道を突き進むと決めているボア。

行きつけのバーにまた居るジュニョクに怒るソダム。
”俺も好きだ”と告白し、ソダムの気持ちを尋ねるジュニョク。
”その次の事じゃなくて、好きか嫌いか考えろ。その次の事は一緒に考えればいいから”と話すジュニョク。

チキン屋の仕事で疲れてジュニョクの部屋に戻るオスク。
”お金のためじゃない・・”と話したチェゴの気持ちを理解するようになるオスク。

スポンサーリンク

春になり、競合作家は居るが、有名作家の作品の絵に採用されるようにチャレンジすることにするボア。

アンドリューは”この店でもう俺がすることは無い”とチェゴの店を辞め、近くに自身のレストランをオープンすることにする。
アンドリューのお弁当は美味しかったが、見た目はイマイチだと話すミナ。
そんなアンドリューが出そうと考える店は、暗闇の中で美味しい料理を味わうブラインドレストランというものだった。

チェゴの店に現れ、チェゴが作ったチキンを味わうオスク。
店を売りに出したとチェゴに話すオスク。
今まで飲食店で雇われていたことはあったが、チキン屋をしているうちに商売の面白さが分かってきたオスク。
チェゴがチキン屋をすることに今でも賛成ではないが、激しく反対することは止めたと話すオスクに、驚くチェゴ。

仲良くデートするジュニョクとソダム。

競合漫画家に敗れ、有名作家の作品の絵を描くチャンスを失うボア。
ショックを受けるが、ウェブ漫画家として大成功すると意気込むボア。
何度つまずいても、もう一度立ち上がる方法を知っているボアだった。

「最高のチキン」おわり。

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました