最高のチキン 第11話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高のチキン」11話予告動画

「最高のチキン」11話あらすじ

ただ一人の家族である祖父を亡くし、一人になってしまったボア。そんなボアを支えるチェゴ。

ボア祖父が亡くなったことを、ミナ達に連絡したチェゴ。
ボアと友達を止めると怒っていたミナだったが、ヤンホたちと一緒に葬儀に駆けつける。
”こんなことがあったなら私たちに一番に言わないと!”とボアを抱きしめるミナ。泣くボア。

葬儀に一人の男性が現れる。それはボアの父親だった。
父親の記憶がなく、驚くボア。

ジュニョクに、チェゴ母のチキン屋が他の番組に出るようだと話すソダム。
チェゴとももう会わず、ジュニョクとももう会わないと話すソダム。

”母さんが死んだのを知ってますか?””それならどうして来なかったのですか?”と尋ねるボアに、”すごく後で知った・・”と答えるボア父。

逃げてしまい、父親の役割をしてやれなかったことをボアに謝るボア父。
父親は居なくても、母親と祖父の愛情に包まれて育ったボアだった。

思ったより香典が少なく、不満のボア父。
ボア祖父がボアに全財産を譲るという遺言状があると聞き、イラつくボア父。

スポンサーリンク

祖父が望んだとおり、これから前を向いて生きることにしたボアは、また漫画を描きだす。
ボアがプレゼントしたペンタブレットを使っているのを見て、喜ぶチェゴ。
漫画を描く時間を作るために、チキン屋のバイトは午後からにして欲しいと頼むボア。

テレビ放映予定のチェゴ母のチキン屋に対抗するために、新メニューを開発するアンドリュー。
相変わらず手は震えるが、自身で調理してみるアンドリュー。

チェゴのチキン屋に現れるボア父。
建物の新しいオーナーとして、チェゴと話をするボア父。
父親が市場価格よりだいぶ安く貸しているとチェゴに契約を新しくやり直そうと言い出すボア父に、驚くチェゴ。
挙句の果てには建物から出て行けと言われるチェゴ。

ボア父が刑務所に入っていた過去や、詐欺をしていたという話も知っているヤンホやミナ達。
ミナにアンドリューが手作りのお弁当を作って持って来たと聞き、怪しむヤンホたち。
”韓医者が料理をしろと言ったから・・量の調整が出来なくて”と言いながら、ミナにちょくちょくお弁当を差し入れしているアンドリュー。

チェゴから、ボア父が来てした話を聞いて驚くボア。
本来なら、祖父が死んだら父親の財産になるが、ボア祖父が遺言状を残したためボアにも権利が出来たのだった。
ボアに全財産を譲るとした祖父の遺言だったが、法律上、遺産の半分はボア父の物になるのだった。
半分はボアに権利があり、ボアの同意無しではどうにもできないから、しっかりするように話すミナ。

目の前に現れた父親に嬉しかったボアだったが、お金のために現れたと分かり、大きく失望する。

バーで一人で飲みながらソダムが来るのを待っているジュニョク。
見かねたマスターがソダムに連絡する。

父親に電話をし、チキン屋の家賃を上げるのも、追い出すのも同意できないと話すボア。
”俺たち家族じゃないか。信じるのは俺だろう。あの社長じゃなくて”と話す父親に、”家族とは私が必要な時に傍に居てくれる人だ””チキン屋もお祖父さんの建物も私が守るから、変な考えはしないで”と話すボア。

”大変なことになった”とボアの家に駆け込んで来るミナ。
ボア父は、近所の商店の人々などを集め、ショッピングモールやマンションなどを建てる再開発を”土地価格が最低でも2倍になる”とけしかける。
ボアの同意無しでも、地域の人がみんな再開発に同意したらチキン屋も何もかも全部無くなると話すミナ。驚くボア。

第12話(最終回)に続く。

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました